【フォトニュース】エボラ熱、感染患者がドイツで死亡

2014年10月15日 13時12分
【大紀元日本10月15日】ドイツ東部ライプチヒの聖ゲオルク病院は14日、エボラ出血熱に感染し、この病院で治療を受けていたスーダン人男性が死亡したと明かした。

 死亡した男性は、56歳の国連職員。リベリアで活動中にエボラ熱に感染し、9日にドイツに搬送されていた。

(翻訳編集・森 豪太)


関連キーワード
^