‐‐縁に関する話‐‐

2015年02月12日 07時00分
【大紀元日本2月12日】古来の言い伝えによれば、人には魂が宿っているという。魂は輪廻しているので、今世の行いが来世にも影響を及ぼす。来世に影響を与える要素は、つまり縁である。縁には良縁と悪縁があり、夫婦の縁もその一つである。

 縁に関する話は西洋にも伝わっている。ギリシャ神話では、ゼウスの妻ヘラが婚姻をつかさどる女神である。夫婦の縁は神により定められたという考え方が、世界中に見られる。

 「縁」という字は糸と彖が組み合わさったもので、左側の糸は2本の糸で編んだ縄を意味している。右側の彖は鼻の突き出た猪を表している。甲骨文字を見ると、猪の鼻は上へ反り、意志の強さを意味する。小篆になって糸と彖を合わせて縁の字ができた。つまり、丈夫な縄で暴れる猪を結び、その動きを制御する意味を表している。

 昔の人は、人と人は見えない糸で繋がっていると信じていた。夫婦が赤い糸で繋がっているように、家族、友人、同僚も糸によって結ばれている。縁という糸によって結ばれている人は、互いに関わり合う中、前世で完了していない願いを遂げるのである。

 縁の中には今世の恩を来世に返す場合もあれば、今生の罪を来世で償うこともある。他人に対して悪を働き生じた悪縁は、結局自分に跳ね返ってくる。そのため、善悪に応報ありと言われている。

(翻訳編集・浄縁)
関連キーワード
^