【写真で見る中国】届かぬ郵便小包、路上で叩き売り=河北省

2015年03月05日 16時13分
【大紀元日本3月5日】受取人不明の郵便小包が、商品となり路上で販売されていることが明らかになった。目撃者に撮影された「叩き売り小包」の画像がネットに出回り、話題になった。

 2月27日付けの新京報によると、受取人不明などの事情で返還された国際郵便小包が、1つ10元(約190円)の値が付けられ、河北省覇州市の路上で売られていた。

 多くは北京から米国、ロシア、ウクライナ宛てで、宛名と受取人の記載された送り状がまだ添付されている。昨年11月から12月発送分で、クリスマス包装のものもある。

 伝えられるところによると、写真は現在、郵便行政当局が確認し「未配達小包や封書の販売は違反」として、調査しているという。中国の郵便物に関する法案では、郵便事業者は受取人不明などで返還された郵便物は6カ月間保管しなければならない。

米国宛の国際小包 (ネット写真)

叩き売られている小包に注目する通行人 (ネット写真)

叩き売られている小包に注目する通行人 (ネット写真)

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^