大富豪の国外移住 中国人が最多の10年間7万6000人

2015年03月06日 17時02分
【大紀元日本3月6日】英不動産大手のナイトフランク社の調査によると、2013年までの10年間に、中国人大富豪の15%に当たる約7万6000人が外国の永住権または国籍を取得したという。5日付米通信社ブルームバーグが報じた。

 同調査はナイトフランク社が世界最大の移民法専門・フラゴメン法律事務所の集計データに基づいて行ったものである。今年1月末までの2年間の、豪州の投資移民プロジェクトでは、中国人申請者が9割以上を占める1384人に達したという。裕福な中国人にとっては豪州が最も人気が高い移住先。英国と米国でも富裕層向けビザ申請者のうち、中国人が最大の割合を占める。

 富豪の国外移住が多い国のうち、中国に次ぐ世界2位となるインドは、2013年までの10年間に4万3400人の富豪が海外移住した。3位以降はフランス、イタリア、ロシアと続く。

 また、この10年間に、世界で11万4000人の富豪移民が英国に流入した。その次は、シンガポールと米国がそれぞれ、4万5000人と4万2400人の富豪移民を集めた。

 これまで人気だったスイスは銀行の透明性および情報開示を強化したため、一部の移民済み富豪が資産をシンガポール、イギリスやアラブ首長国連邦に移転するようになった。しかし、政府間で納税に関する情報共有が進むと、今後、富豪の海外移住がより難しくなると、ナイト•フランクが調査報告で示唆している。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^