台北市長夫妻が神韻鑑賞「素晴らしいの一言に尽きる」

2015年04月09日 18時30分
【大紀元日本4月9日】今年もアジアツアーを展開する神韻芸術団は、12日まで台湾の主要都市で公演し、チケット完売続出の盛況が続く。そんな中、台湾の柯文哲台北市長が4日夜、夫人とともに同市国父記念館を訪れ、鑑賞した公演について「素晴らしいの一言に尽きる」と称賛した。

 公演終了後、大紀元の取材に対して柯市長は「公演の舞踊や映像の風景、衣裳、色彩、振付など様々な面には精巧で意匠が凝らされている。最初から最後まで非常にインパクトがあり、世界最高水準の舞台芸術に達している」と感想を語った。

 ダンサーのパフォーマンスや舞台演出について、柯市長は「非常によく演じられている。きっと長期にわたる厳しい訓練を積み重ねてきたのだろう。ダンサーたちの技術力は世界一流だ。この程度まで高度な技術を身につけるのは決して簡単なことではない」と述べた。

 神韻を見るのは今年で2度目だという柯市長夫人の陳佩_qi_氏は、神韻衣裳の華やかさについて「中国伝統的美学の風格を表している」とし、「演目ごとに特色があり、音楽や舞踊、ボーカリストの歌声や二胡の演奏、いずれも心に深い印象を与えてくれた」と称えた。

 神韻芸術団は中国5千年の文明の復興を目的とし、2006年にニューヨークで結成した。舞踊団とオーケストラに規模を拡大しつつ、毎年斬新な演目をもって北米をはじめ、ヨーロッパ、オセアニア、アジアなど主要都市をめぐる世界ツアーを行う。

 台湾公演の後、神韻芸術団は来日する。15日・16日に兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センターで、18日から21日にかけて東京文化会館で計8公演を予定している。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード

関連特集

^