■【特集】神韻芸術団 世界ツアー

最初へ | 前へ | 次へ | 最後へ  (2/16) 合計件数:457

【大紀元日本1月3日】本稿の趣旨は、今の日本人がもっている中国人観のなかで、「中共以前から中国人は素質が悪かっ・・・<全文>
【大紀元日本1月2日】夏目漱石の大陸旅行は、明治42年(1909)の9月2日から10月17日にかけてである。『・・・<全文>
【大紀元日本1月1日】狭い海を隔てて、日本は中国の隣にある。  それを喜ばしく思うか、不運に感じるかは、ここ・・・<全文>
【大紀元日本12月31日】地球の歴史は46億年だという。  その末端に、人類が、微生物のようにくっついている。・・・<全文>
【大紀元日本5月2日】4月25日のニューヨークのリンカ—ン・センター、デビッド H.コッチ劇場での神韻公演・・・<全文>
【大紀元日本4月27日】神韻を他のものに譬えるのが適切でないことは承知している。誤解を恐れずに言うならば、神韻の・・・<全文>
【大紀元日本4月26日】神韻国際芸術団は19日夜、米ミズーリ州セントルイス市で初回公演を行った。流行雑誌の編集者・・・<全文>
【大紀元日本4月24日】中国共産党政権による神韻公演に対する世界的な妨害。なぜ、わざわざこのような素晴らしい公演・・・<全文>
【大紀元日本4月24日】ニューヨークのマンハッタン音楽学校で25年にわたり入学準備部門を司っていたダイアン・フラ・・・<全文>
【大紀元日本4月21日】人々の心に届く神韻芸術。天女が舞う天上世界の演出、古代中国皇帝の振る舞い、小僧たちのユー・・・<全文>
【大紀元日本4月20日】春風と花の香りを連れて、神韻はやってきた。19日、初回の東京文化会館(台東区上野)は、古・・・<全文>
【大紀元日本4月20日】19日に始まった、2013年の神韻世界巡回公演日本ツアー。初回は東京都台東区上野の東京文・・・<全文>
【大紀元日本4月19日】朝早く起きることが好きな人なんてどのくらいいるんだろう? 目覚ましをスヌーズにして放って・・・<全文>
【大紀元日本4月19日】「失われた文化の復興」を掲げ、中国古典芸術を世界各都市で披露している神韻芸術団。明日19・・・<全文>
【大紀元日本4月18日】4月17日午後1時ごろ、韓国公演を終えたばかりの神韻巡回芸術団が、成田空港に到着した。一・・・<全文>
【大紀元日本4月17日】4月5日から始まった韓国公演は、大邱(ダイク) 、光州 (クァンジュ)、仁川 (インチョン・・・<全文>
【大紀元日本4月16日】台北での9回公演が終わった。最後は午後の公演だったため、舞台が終了した後、自由時間があっ・・・<全文>
【大紀元日本4月17日】現在、世界ツアー公演を行っている神韻芸術団の米国ニューヨーク本部オフィスは9日、神韻公演の各主催団体とともに共同・・・<全文>
【大紀元日本4月15日】神韻芸術団が本格的に世界ツアー公演を開始して、今年で7年目になる。  今年の神韻会場・・・<全文>
【大紀元日本4月12日】各都市の巡演では、地元の劇場が第一の目的地だ。スケジュールが過密なとき、公演するだけで終・・・<全文>
【大紀元日本4月10日】4月5日から始まった神韻韓国公演は7日、最初の開催地・大邱(テグ)市での最終日を迎えた。・・・<全文>
【大紀元日本4月9日】神韻芸術団に所属する3団(神韻巡回芸術団・神韻ニューヨーク芸術団・神韻国際芸術団)による・・・<全文>
【大紀元日本4月8日】モンゴルの「箸の踊り」のメロディを聞きながら、この文章を書いている。この楽曲はリハーサル・・・<全文>
【大紀元日本4月8日】4月2日午後、台湾の彰化県員林での神韻公演第2場が行われた。この日の公演には、ライオンズ・・・<全文>
【大紀元日本4月7日】神韻巡回芸術団による神韻台湾公演は、その舞台を台湾中西部にある彰化県員林へ移した。4月1・・・<全文>
【大紀元日本4月5日】台湾各地で42日間、46回に及ぶ長期公演を終えた神韻巡回芸術団の一行が4月3日午後、韓国・・・<全文>
【大紀元日本4月7日】多くの人は、中国語がとても学びにくい言葉だと思っています。この地上で最古の言語について掘り下げることは、冒険的で・・・<全文>
【大紀元日本4月5日】ロンドンにある美術骨董オークション、ボンハムズ・オークショネアの前会長・代表取締役のニコ・・・<全文>
【大紀元日本4月5日】3月29日夜、台湾桃園市で行われた神韻巡回芸術団の第4場公演に、香港の著名な舞踏教師・熊・・・<全文>
【大紀元日本4月4日】3月24日午後、台湾の基隆市で行われた神韻巡回芸術団の公演に訪れたのは、台北地方裁判所の・・・<全文>
最初へ | 前へ | 次へ | 最後へ  (2/16) 合計件数:457