THE EPOCH TIMES
トップ 九評
九評
2000年11月9日に中国共産党の警官と普段着は天安門広場でつかんで横物を挙げる法輪功の民衆を殴って、約10人はつかまれた。(Getty Images)
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第三評】中国共産党の暴政
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第四評】共産党は宇宙に反する
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第五評】法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第六評】中国共産党による民族文化の破壊
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第七評】中国共産党の殺人の歴史
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第八評】中国共産党の邪教的本質
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第九評】中国共産党の無頼の本性
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第二評】中国共産党はどのようになり上がったのか
2018.01.09
2000年3月24日に北京軍事博物館の毛沢東像の後ろ姿。(AFP)
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第一評】共産党とは一体何ものか
2018.01.08
曽錚コラム   曽錚:母からのメール「トランプと付き合うな」
2017.10.23
欧州の政治家2人は、習近平氏が共産党を解体させることで、本当の改革になるとの望みを述べた(TIMOTHY A. CLARY/AFP)
中国民主化への期待   中国共産党の解体に望み 「習近平はゴルバチョフになれる可能性あり」=欧州政治家
2015.12.25
【公告】大紀元が『九評』(共産党についての九つの論評) と題する一連の社説を発表
2015.08.03
数千人の法輪功学習者が2013年7月18日、米キャピトル・ヒル前で中国共産党から脱党を声援する集会とパレートを行った(大紀元)
中国共産党、脱党者が続出 2億人突破
2015.04.16
「宝鶏2012年両会(人民大会会議と市政治協商会議)特集報道」のサイトには翌日午前11時まで、書き込まれたスローガンがまだ残っている(ネット写真)
またもサイバー攻撃 陜西省政府サイトに反党スローガン
2012.05.22
海外中国語週刊誌「新紀元」230期。「退党偉業」(中共のプロパガンダ映画・建党偉業を風刺)と題する特集を掲載
離脱者、ついに1億人突破 中国共産党と関連組織から
2011.08.09
中国共産党関連組織脱退者8300万人突破応援のお知らせ
2010.11.04
11月14日、サンフランシスコのチャイナタウンで行われた脱中共支援集会。
『九評共産党』5周年、6300万人中共脱退 世界が応援
2009.11.24
「九評」発表5周年 崩壊しつつある中共「ベルリンの壁」
2009.11.17
秋葉原で注目を集める脱党パレード(大紀元)
秋晴れの空に響く雄渾のマーチ:秋葉原で脱党パレード
2009.09.21
                                    孫延軍氏
中共の暴政に憤り、心理学者が脱党し非協力表明
2009.03.13
「九評」、民主中国の礎石
2008.11.29
「九評」は、中共を解体する書=同書が発表されて4年が過ぎ、4500万人が「脱党」した(大紀元)
「九評」と法輪功がもたらした奇跡
2008.11.23
開かれた緊急討論会(大紀元)
「中国の少数民族には人権がない」=東京でチベット虐殺緊急討論会
2008.03.31
台湾の在留期間延長を許可された呉亜林氏(中央)=台北の民主記念堂広場で(大紀元)
台湾、大陸の亡命活動家の在留期間延長許可
2008.01.06
「未来中国論壇」、中国暫定政府設立準備の呼びかけ
2007.12.08
11月23日、東京・文京区で開かれた『九評共産党』3周年記念シンポジウム(大紀元)
『九評共産党』3周年記念シンポ、中国大陸への影響力を検証=東京
2007.11.24
『九評』3周年記念集会、2900万人脱党支援を訴える=東京
2007.11.18
11月23日午後7時~『九評』3周年記念シンポジウム
2007.11.18
11月18日『九評共産党』発表三周年記念、中共脱退運動・脱党(団、隊)応援に関する集会とパレード
2007.11.08
中共脱党の波:迫害機関や政府職員など、脱党声明を続々と発表
2007.09.14
^