THE EPOCH TIMES
トップ 共産党についての九つの論評
共産党についての九つの論評
2000年11月9日に中国共産党の警官と普段着は天安門広場でつかんで横物を挙げる法輪功の民衆を殴って、約10人はつかまれた。(Getty Images)
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第三評】中国共産党の暴政
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第四評】共産党は宇宙に反する
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第五評】法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第六評】中国共産党による民族文化の破壊
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第七評】中国共産党の殺人の歴史
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第八評】中国共産党の邪教的本質
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第九評】中国共産党の無頼の本性
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第二評】中国共産党はどのようになり上がったのか
2018.01.09
数千人の法輪功学習者が2013年7月18日、米キャピトル・ヒル前で中国共産党から脱党を声援する集会とパレートを行った(大紀元)
中国共産党、脱党者が続出 2億人突破
2015.04.16
「九評」は、中共を解体する書=同書が発表されて4年が過ぎ、4500万人が「脱党」した(大紀元)
「九評」と法輪功がもたらした奇跡
2008.11.23
サンフランシスコで行われた「九評」発表1周年パレード(大紀元)
「九評」発表1周年にあたり、580万人が脱党、世界各地で祝賀イベント
2005.11.26
15億の人民と6千万の党、どちらが大切なのか
2005.11.24
「花革命」に警戒、中共当局は外国新聞の発行を禁止へ
2005.11.22
中国塩城:女性が禁書所持で逮捕され、生後8ヶ月の幼児が餓死
2005.11.15
写真:李登輝・台湾前総統が「九評共産党」を署名推薦した手紙
李登輝・台湾前総統が『九評共産党』を署名推薦
2005.11.08
^