THE EPOCH TIMES
トップ 監視
監視
(Goran Hoglund,Kartlasarn,Flickr)
スウェーデン当局、チベット人情報を売った中国スパイに有罪判決
2018.06.18
ウイグル族家族の家に中国共産党政府職員がホームステイしている(Human Rights Watch)
監視目的か   「自宅刑務所」新疆の家庭に政府職員がホームステイ 100万人規模
2018.05.29
中国財政部の統計によると、17年中国の社会安定維持費は同年国防費を約20%上回った。(Cancan Chu/Getty Images)
中国社会安定維持費、昨年の国防費を約20%上回る
2018.03.08
中国河北省邯鄲市の大学入試前、職員は顔認証システムを使用し受験生の確認を行っている(STR/AFP/Getty Images)
「顔認証」が中国で急速に普及、国民監視に悪用の恐れ
2017.09.15
日本でも販売中のHuawei製の格安スマホにも、上海広昇信息技術が開発したソフトウェアが採用されている。(Photo credit should read LLUIS GENE/AFP/Getty Images)
中国製格安スマートフォンが危険? 個人情報を盗むスパイウェアを装着 
2017.08.06
中国人留学生は共産党イデオロギーを持ち込んでいる、と豪有識者が警鐘ならす。シドニーのカンガルーのモチーフ。参考写真(Mark Kolbe/Getty Images)
言論統制   中国人留学生、共産党イデオロギーを持ち込む 豪有識者が警鐘ならす
2017.08.05
中国大手交流アプリWeChatは、中国の携帯電話番号で登録したユーザは、たとえ国外へ出ても、引き続き検閲されていることが、調査で明らかになった。写真は、WeChatのロゴが表示された小型パソコン(PETER PARKS/AFP/Getty Images)
情報検閲   人気アプリ「WeChat」中国番号で登録後、国外でも引き続き検閲=研究
2016.12.07
12日北京での大規模なデモに参加した元軍人の雷さんはこのほど「微信」において、警察当局から受けた「訓戒書」を掲載した。(ネット写真)
元軍人デモ   中国当局 元軍人に「訓戒書」の署名を要求、監視を強化
2016.10.19
ネパールの首都にいるチベット人(PRAKASH MATHEMA / AFP)
国境地帯に新監視システム 少数民族の国外脱出防ぐためか
2016.10.07
左:地下鉄車両内、厳重な警戒模様 右:火使用禁止の通達(ネット写真)
杭州G20首脳会議   「サミット中は調理禁止」 珍規制にあきれ果てる杭州市民
2016.09.02
中国の情報封鎖を体験できるネットカフェが時期限定オープン(庄翊晨/大紀元)
中国ネット検閲を体験   情報封鎖体験ネットカフェ、時期限定でオープン=米ニューヨーク
2016.03.16
中国共産党文化部の微博(スクリーンショット)
中国文化部がブログを設立 コメントは30万件の政府不満で埋まる
2015.11.02
9月3日、北京で抗日戦勝記念70周年に軍事パレードが行われた(Eugene Kaspersky/Flickr)
中国軍事パレード   北朝鮮、中国軍事パレードをテレビで見た市民を逮捕
2015.09.14
情報員として「活躍」する大媽たち (北京青年報ウェブ版7月12日のスクリーンショット)
市民監視役「おばちゃん」密告者として活躍
2015.07.30
 (大紀元)
中国政府、香港民主派へのスパイ活動=ロイター
2014.12.17
 (NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
香港に中国軍の秘密拠点、全域の携帯通信等を監視=カナダ軍事専門誌
2014.11.19
21日、英国オックスフォード大学で演説した陳光誠氏(大紀元)
「中国市民は目覚め、共産党は針の筵に座っている」陳光誠氏、英国で演説
2013.05.25
通行人が北京のアップルストア前を横切る(Ed Jones/AFP/Getty Images)
アップル社製品、共産党の検閲ソフト搭載か 敏感サイト閲覧できず
2013.04.05
中国国内版Skypeがユーザーを監視(Photo/Justin Sullivan/ Getty Images)
中国国内版Skype、ユーザーを監視 マイクロソフト黙認か
2013.03.14
中国の精密で容赦のない電子監視ネットワークの前に、中国に滞在する海外ビジネスマンは、ますます油断できなくなっている(Getty Images)
中国滞在中、ネットスパイに警戒せよ=米ワシントン・ポスト紙
2011.10.01
ネット監視ソフト導入義務化 違反なら営業権剥奪も=北京中心部
2011.08.02
北京市では、携帯電話を通じて市民の外出情報を監視するシステムの導入を進めている(Getty Images)
携帯電話で市民の行動を監視 抗議活動を絶つためか
2011.03.05
「見通しのきく北京に」 撮影監視体制全市内へ 集団事件抑制の強化
2010.07.05
ドイツ政府は最近、スパイ活動に従事する中国人外交官に対してドイツから追放する対策を講じている。写真は、中国大使館のスタッフが窓越しに、外にいる抗議者の写真を密かに取っているところ(ANTONIO SCORZA/AFP/Getty Images)
中国が海外で「間諜戦」:外交官二人、ドイツ裁判所にスパイ容疑で取調べ 法輪功監視で
2010.06.30
ネット監視の裏側を明かす関連報道
「通報者に秘密の謝礼」 大手ポータル編集長、中国ネット監視の裏側を漏らす
2010.06.21
中国のネット利用者数は3億3800万人に達し、米国総人口を超え、世界最大規模となった。写真は北京のあるネットカフェ(AFP社)
中国インターネット利用者、世界最多3億3800万人
2009.07.26
「国境なき記者団」報告書、中国のネットワーク制御の内部情報明かす
2007.11.08
高智晟弁護士(AFP)
高智晟弁護士:強制連行後、初めての音信
2007.11.01
2006年10月26日、江西省の私立専門学校で抗議運動が発生、大量の武装警察が警察犬を連れ警戒に当たった
北京市主要大学10校に警察が常駐、監視体制の強化
2007.08.18
英国=口蹄疫感染区以外も、擬似症例発見
2007.08.16
^