THE EPOCH TIMES
トップ > 新着記事
新着記事
2月10日、旧正月を祝う飾りが売られている上海の市場(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
春晩   中国版・紅白歌合戦、検索ブロックされたキーワード「口パク」「滑稽」
中国
2018.02.19
日米豪印、「一帯一路」代替案を検討 米豪首脳会談で協議へ=豪紙
国際
2018.02.19
 2月18日、トランプ米大統領は週末、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を調査している連邦捜査局(FBI)と議員らを批判するツイートを投稿した。写真は昨年8月、ホワイトハウスで会見する同大統領(2018年 ロイター/Carlos Barria)
トランプ米大統領がFBI批判、「ロシア疑惑に時間使い過ぎ」
国際
2018.02.19
サイバー攻撃による米経済コスト、2016年は最大1090億ドル=CEA
国際
2018.02.19
 2月15日、液化天然ガス(LNG)はこの数年供給がだぶついていたが、アジアの需要増加で一転して需給が引き締まり、東アフリカや北米で新規開発が進む可能性が高まっている。写真は2017年11月、千葉県富津沖を航行するLNGタンカー(2018年 ロイター/Issei Kato)
アングル:LNG市場、アジアの需要増で一転タイト化
国際
2018.02.19
 2月16日、フランスのフィリップ首相は、海外企業による買収を禁止する法律の適用範囲を人工知能(AI)やマイクロチップ、航空宇宙、データストレージなどの分野に拡げる拡げると述べた。写真はミュンヘンで会見する同首相。17日撮影(2018年 ロイター/Michaela Rehle)
フランス、海外企業による買収禁止分野を拡大=首相
国際
2018.02.19
平昌オリンピック10日目となる18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、小平奈緒(31、相沢病院)が五輪新36秒94で金メダルを獲得した。(Maddie Meyer/Getty Images)
平昌オリンピック   【写真】スピードスケート500M 小平奈緒が金メダル 五輪新記録
エンタメ
2018.02.18
ジャーナリストで実業家のジョシュア・クーパー・ラモ氏は自身のSNSで、五輪開幕式での発言を謝罪した(スクリーンショット)
平昌オリンピック   ソウルで男を一時拘束 日本大使館に爆破予告電話 NBC放送解説に憤怒
国際
2018.02.18
(スクリーンショット)
医学古今   名医 華佗が考案したお屠蘇 疫病の予防に効果
ライフ
2018.02.18
 2月15日、「すべての約束は借金です。よく考えて」──。ローマやミラノの主要駅を訪れると、巨大な「債務時計」の下にこうしたメッセージが掲げられている。写真はローマのテルミニ駅(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)
アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時限爆弾」
国際
2018.02.18
右足首靭帯損傷というケガから4カ月、満身創痍で臨んだ羽生結弦。平昌オリンピック8日目フィギュアスケート17日目、フリープログラムを終え、前日のショートプログラムと合わせて合計300点以上を獲得し、金メダルが決まった。日の丸をまとい氷上を滑る羽生結弦選手(ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)
平昌オリンピック   【写真】羽生結弦「皆さんに幸せを」晴明神社の絵馬に願掛け
エンタメ
2018.02.18
藤井聡太五段は2月17日、朝日杯本戦に臨み、見事最年少優勝を果たした。写真は2017年6月撮影(STR/AFP/Getty Images)
将棋   藤井五段、羽生竜王・広瀬八段を破り最年少棋戦優勝、六段に昇段
エンタメ
2018.02.17
面接の時間がきて、山さんがそっとドアを開けると、面接官がいっせいに山さんのほうを注目した。彼は何歩か前に進んだところで、何かを蹴ってしまった。あれ?どうして箒が床にあるんだろう(写真AC)
箒のお話
ライフ
2018.02.17
06年、ニューヨークで開催された全世界華人新年祝賀祭で歌う関貴敏氏(新唐人テレビ)
元「中国歌王」 共産党賛美の歌はもう歌わない
文化・歴史
2018.02.17
17日、平昌オリンピックのフィギュアスケート男子フリープログラムで演技した羽生結弦選手、ショートプログラムと合わせて311以上の点をつけ、金メダルが決まった(Jamie Squire/Getty Images)
平昌オリンピック   フィギュアスケート男子 羽生結弦が金 66年ぶり連覇の偉業 宇野昌磨は銀
エンタメ
2018.02.17
北京郊外にある秦城監獄。(PEd Jones/AFP/Getty Images)
中国元汚職高官ら 投獄後も豪華食事、「ふかひれ」「ナマコ」も
中国
2018.02.17
中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させ、諜報活動を展開している。2017年10月、第19回中国共産党全国代表大会が開催された北京の人民大会堂に集まるメディア(VCG/VCG via Getty Images)
中国のソフトパワー輸出   日本語ニュースサービスを開始する新華社、報道機関、それとも諜報機関?
中国
2018.02.17
 2月13日、原油先物価格はこの3週間で15%近く下落したが、現物市場が発するシグナルを見ると、底打ちにはまだほど遠いのかもしれない。写真はウィーンで2017年9月撮影(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)
焦点:足元の原油安、底打ちはいつか
国際
2018.02.17
 2月16日、オーストラリアのジョイス副首相は、元スタッフ女性との不倫問題を巡るターンブル首相の言動は「不適切だ」と批判した。写真は国会で記者会見に応じる同副首相。キャンベラで撮影(2018年 ロイター)
豪連立政権内の亀裂あらわ、副首相が不倫問題巡る首相の発言を批判
国際
2018.02.17
2月16日、ロシアの米大統領選干渉疑惑などを捜査するモラー連邦特別検察官(右)の事務所は、大陪審がロシア国籍の13人と、ロシア関連の3団体を起訴したと発表した。写真は2017年6月、ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
米大陪審、ロシア人13人・3団体を起訴 大統領選干渉疑惑で
国際
2018.02.17
 2月12日、コモディティー市場はコンピューターを駆使したアルゴリズム取引や超高速取引(FHT)が急速に広がり、人手を介する従来型ヘッジファンドは大量のデータ処理で不利な立場に立たされ、次々と閉鎖に追い込まれている。コートジボワールで昨年4月撮影(2018年 ロイター/Luc Gnago)
アングル:コモディティー市場、コンピューターが「主役」に
国際
2018.02.17
旧正月、誕生日、入園入学入社、引っ越しなど、あらゆる祝い事に好んで作られる餃子。幸せを包み込む(China Photos/Getty Images)
伝統文化   旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?
文化・歴史
2018.02.17
ライトアップされ昼とは違う艶やかな美しさを見せる桜もまた趣がある(京都府)
艶やかに照らされる250本の夜桜 京都府立植物園
エンタメ
2018.02.16
 2月16日、ロシア中銀は、ロシアで昨年、ハッカーが国際銀行間通信協会(SWIFT)のメッセージングシステムを攻撃し、3億3950万ルーブル(約600万ドル)が不正に送金されたことを明らかにした。写真はトロントで昨年10月撮影(2018年 ロイター/CHRIS HELGREN)
ハッカーがSWIFT攻撃、600万ドル不正送金=ロシア中銀
国際
2018.02.16
中国上海にある滴滴ステーションで配車を予約した乗客を待っているタクシー運転手。(Chinatopix via AP)
日本進出の滴滴出行 台湾で利用者データを中国に転送
中国
2018.02.16
2月16日、平昌オリンピック・フィギュアスケート男子ショートプログラムの演技で完ぺきな演技を見せた羽生結弦(Robert Cianflone/Getty Images)
平昌オリンピック   【写真】フィギュアスケート男子SP 完璧な演技 羽生結弦選手は111.68点
エンタメ
2018.02.16
大連万達集団などの中国企業は13日と14日、相次いで海外資産の売却を発表した。写真は、大連万達集団傘下ショッピングモールの万達広場。(AFP/Getty Images)
中国万達・安邦など、サッカークラブ株や高級ホテル続々と売却
経済
2018.02.16
 2月16日、アジア時間の原油先物は、ドル安を受け小幅上昇。アジアは多くの市場が旧正月休みで休場で、薄商いが予想されている。写真は上海で昨年11月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)
原油先物は小幅上昇、アジア時間は旧正月で薄商いに
国際
2018.02.16
 2月15日、米上院は、4つの異なる移民制度改革法案について採決したが、いずれも必要とされる60票の支持が集まらず否決した。ワシントンの連邦議会議事堂で昨年12月撮影(2018年 ロイターS/Joshua Roberts)
米上院、移民関連法案の採決で超党派案も政権案も否決
国際
2018.02.16
 2月15日、東アジア・太平洋担当の国務次官補に指名されたスーザン・ソーントン国務次官補代行は議会の承認公聴会で、北朝鮮を限定的に攻撃する「ブラッディー・ノーズ(鼻血)作戦」は存在しないとの見方を示した。2017年11月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)
対北朝鮮「鼻血作戦」は存在せず=米国務次官補代行
国際
2018.02.16
^