トップ 大紀元の独占インタビュー
大紀元の独占インタビュー
21日、フロリダ州のパルム・ビーチにある自身の別荘に姿を見せたドナルド・トランプ氏。25日には、同地でメディア関係者を招いたオフレコのセッションを開く予定(JIM WATSON/AFP/GettyImages)
評論:トランプ氏の利益相反 どう解決するか(2)
2016.12.23
11月、大統領選で演説中のドナルド・トランプ氏と、支える家族たち(MANDEL NGAN/Getty Images)
評論:トランプ氏の利益相反 どう解決するか(1)
2016.12.22
中国移植医は日本で技術を学んだという(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
待機時間2日、ドナー身元不明、どうして闇の臓器移植は続くのか ある医療従事者の告白
2016.09.08
2016年6月、ナショナルプレスクラブで臓器狩り新報告書を伝えるデービッド・キルガー元カナダ政府高官(大紀元)
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・キルガー氏 独占インタビュー
2016.08.27
米ワシントンのナショナル・プレス・クラブで6月、中国の臓器強制的出問題についての最新報告書発表記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大紀元)
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(2)
2016.07.05
中国での法輪功修煉者からの臓器摘出問題に関する調査報告の共著者、人権擁護弁護士デービッド・マタス氏。2007年5月29日、カナダ議会での公聴会で。(大紀元)
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(1)
2016.07.04
イーサン・ガットマン氏を手にもつ著書『殺処分(仮題)』(原題:The Slaughter)。原書は2014年8月12日に 米カリフォルニア州サンフランシスコで出版された。(Steve Ispas/Epoch Times)
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(2)
2016.06.26
イーサン・ガットマン氏と著書『殺処分』表紙(EndOrganPillaging.org)
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(1)
2016.06.25
中国共産党機関紙の元スタッフが5月9日までに大紀元の取材に応じ、自身の辞職表を公開した。そこには「もう(政府や役人を)賞賛したくない、もう(国民を)脅したくない」といった内容を記していた。(呉君梅さん提供)
共産党機関紙の元スタッフ、当局の世論操作や思想コントロールを暴露
2016.05.21
湖南省の病院で、移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)
【独占インタビュー】元老の次男、江沢民告訴を支持 臓器狩りを調査し公開すべき
2016.03.18
大紀元のインタビューに応じた羅宇氏(大紀元)
中国軍元大将の次男、習氏へ「江沢民逮捕」を呼びかける
2016.02.24
元中国軍部病院実習生が暗幕の中の「臓器狩り」を証言(大紀元)
【独占報道】元中国軍部病院実習生が証言 暗幕の中の臓器収奪
2015.03.09
中国語メディアとしては世界最大の発行範囲をもつ「大紀元時報」。重慶事件以来、世界中の注目を集めている(大紀元)
【独占インタビュー】米民主活動家・唐柏橋 世界メディア「いま大紀元に注目」
2012.05.05
『アイスランドでの法輪功と中共の対峙』著者へのインタビュー(二)
2010.12.24
2010年末にようやく出版された『Arctic Host, Icy Visit – China and Falun Gong Face Off in Iceland』(冷淡な受け入れ国、凍りついた訪問 アイスランドで対峙する中国と法輪功)。2002年の江沢民アイスランド訪問の事件を詳細に記録・分析した意義深い一冊(スクリーンショット)
『アイスランドでの法輪功と中共の対峙』著者へのインタビュー(一)
2010.12.23
【独占インタビュー】安徽省政治協商常務委員・汪兆鈞氏、もっと沢山の人が立ち上がる
2007.11.07
【独占インタビュー】焦国標 日本は人権と民主化を重視することを中国民衆に伝える
2006.08.22
数々の真相を暴露したR氏(大紀元)
【独占インタビュー】日本領事館員の自殺を独占スクープした中国人ジャーナリスト、真相語る
2006.03.11
人権弁護士高智晟氏(大紀元)
【独占インタビュー】高智晟弁護士 ハンスト・リレー、全国民が迫害に反対する基礎作りに
2006.02.13
【独占インタビュー】焦国標助教授 中央政府が趙紫陽が重大な過ちを犯したと固執するのは
2005.01.29
^