THE EPOCH TIMES
トップ 九評共産党
九評共産党
2000年11月9日に中国共産党の警官と普段着は天安門広場でつかんで横物を挙げる法輪功の民衆を殴って、約10人はつかまれた。(Getty Images)
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第三評】中国共産党の暴政
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第四評】共産党は宇宙に反する
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第五評】法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第六評】中国共産党による民族文化の破壊
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第七評】中国共産党の殺人の歴史
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第八評】中国共産党の邪教的本質
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第九評】中国共産党の無頼の本性
2018.01.10
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第二評】中国共産党はどのようになり上がったのか
2018.01.09
2000年3月24日に北京軍事博物館の毛沢東像の後ろ姿。(AFP)
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』   【第一評】共産党とは一体何ものか
2018.01.08
フランス在住の中国人ベテランジャーナリスト・呉葆璋氏は、日本の報道機関に向けて中国報道の観察の視点をアドバイス。新聞を広げる日本人男性(Yuya Shino/Getty Images)
インタビュー   「見抜けなければプロパガンダの餌食」日本マスコミへ助言 中国人ジャーナリスト
2017.05.02
記者歴40年の中国人のベテランジャーナリスト、呉葆璋氏は「法輪功問題は中国の政治問題の核心」と語った。(大紀元)
インタビュー   共産党の終焉は遠くない 中国社会で兆し=新華社元ベテラン記者が語る(1)
2017.04.30
習近平氏の訪米時、トランプ氏の別荘に向かう車両は、法輪功の迫害停止を求める横断幕を目にしたはず(minhui.org)
中国で初、法輪功愛好者が公安局を提訴 地裁が立件受理
2017.04.19
四川省に建てられた毛沢東の巨像。2008年撮影(China Photos/Getty Images)
大紀元評論・謝天奇   日本に感謝していた毛沢東「侵略で共産党が強大に」公開文献で少なくとも6回
2017.01.18
(WANGZHAO/AFP/GettyImages)
脱党   「党費の不払いでも除名させない」離党ブーム広がり恐れる中国共産党
2016.12.18
出版イベント   著者来日! 12月2日 『かつてなき邪悪な迫害』日本語版出版発表会のお知らせ
2016.11.14
法輪功学習者はソウルの清渓川で迫害の犠牲者への追悼と迫害停止を訴えるキャンドルナイト・イベントを行った。(金国煥/大紀元)
17年の迫害   弾圧政策から「脱却」、中国当局が機密文書で指示か
2016.09.09
「江沢民を告訴」のバナーを掲げる法輪功学習者(潘在殊/大紀元)
迫害停止   法輪功、香港で「十一」集会とパレード 共産党の解体と江沢民告訴もとめる
2015.10.07
【公告】大紀元が『九評』(共産党についての九つの論評) と題する一連の社説を発表
2015.08.03
数千人の法輪功学習者が2013年7月18日、米キャピトル・ヒル前で中国共産党から脱党を声援する集会とパレートを行った(大紀元)
中国共産党、脱党者が続出 2億人突破
2015.04.16
中共「窃国」60年の惨禍、そして再生への希望
2009.09.25
秋葉原で注目を集める脱党パレード(大紀元)
秋晴れの空に響く雄渾のマーチ:秋葉原で脱党パレード
2009.09.21
記者会見で質問に答えるブゼク議長(大紀元)
欧州議会議長、中国民衆の共産党離脱ブームを評価
2009.07.31
中国首都師範大学心理学の元助教授・孫延軍博士は、米国ナショナル・記者クラブで記者会見を開き、中共が宗教の科学研究を利用し、民間の宗教団体を迫害することを暴露した(撮影・亦平=大紀元)
心理学者暴露、中共当局の民間弾圧への心理学濫用
2009.05.18
1999年4月25日、平和的に、静かに直訴活動に集まった学習者たち(明慧網)
10年前の真実、「4・25」中南海で何が起きたか=大紀元時報講演会(下)
2009.04.19
50年代「大躍進運動」、餓死者5千万人=中国食糧専門第一人者
2009.04.15
砂に埋まった家屋=地元住民でさえも予測がつかないほど急速に砂漠化は進んでいる(星野教授のスライドより)
モンゴル三千年の遊牧生活:中国当局、わずか十数年で破壊=大紀元時報講演会(上)
2009.04.12
脱党声援パレード隊列の一角(大紀元)
中共離脱5200万人声援、神戸で集会パレード
2009.04.08
中国共産党から5000万人が離脱したことを記念する集会でスピーチする夏さん
=今年3月、東京で(大紀元))
在日・中国人民主活動家、難民認定される
2009.04.08
【大紀元時報講演会】2009年中国を見抜く:中共による「破壊」と「迫害」の真相
2009.03.29
高田純教授は「核を持ち、核実験を実施した国はいくつかあったが、人の密度ある居住区で大規模な核実験を実施するのは中国だけだ、周辺環境への影響をまったく考えず、まさに悪魔の仕業と言っても過言ではない」と述べた(大紀元)
中国核実験、32年間で46回も
2009.03.28
^