THE EPOCH TIMES
トップ 中国の臓器狩り
中国の臓器狩り
薄煕来「臓器狩りを命じたのは江沢民」証言音声入手
2013.08.30
百度、「薄煕来 臓器摘出」の検索結果(スクリーンショット)
薄煕来裁判 百度、臓器狩り検索を解禁 支持勢力をけん制か
2013.08.22
手術中の医師たち(参考写真、本文内容とは関係がありません)
中国、死刑囚の臓器利用を廃止へ 国内外の圧力で態度変化
2013.08.21
新書発刊イベントでスピーチする人権弁護士デイビッド・マタス氏。オーストラリアにて昨年6月(大紀元)
臓器狩りに立ち向かう一冊 世界各地で発刊記念イベント
2013.06.03
ミドルブルック氏の発明の製図の一部。石炭を燃焼して生じる汚染を減らすことができる可能性が見いだされた。(スキャン書類/ジェフリー・ヴァン・ミドルブルック)
米国研究者、中国共産党の投資60億円受け取り拒否「血塗られた金は要らない」(2)
2013.05.25
「臓器狩り」を知り、6000万ドルもの契約を断った技術開発者ジェフリー・ヴァン・ミドルブルック氏(大紀元)
米国研究者、中国共産党の投資60億円受け取り拒否「血塗られた金は要らない」(1)
2013.05.24
2013年4月29日、英国議会で報告会を行った臓器狩り調査団メンバー。(左から)カナダ政府元大臣デビッド・キルガー、フイグ・リー医師、アニー・ヤング氏、ジャーナリストのイーサン・ガットマン、イングリッド・クランフィールド市議会議員、ゼック・ハル氏。 (Simon Gross/大紀元)
臓器狩り調査団、英国で報告会 現地メディアが注目
2013.05.03
死刑囚の臓器摘出について証言する、中国出身の外科医エンバー・トーティ氏(大紀元)
中国の元外科医、スコットランド議会で臓器狩りを証言
2013.04.15
阿鼻叫喚の暗部を覆い隠す立派な外見。馬三家労働教養所(ネット写真)
「彼らは人間ではなく、獣だ」 中国誌、労働教養所の闇を暴く 制度をめぐる攻防戦
2013.04.12
    (仮想臓器移植のイラスト)
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(三)
2013.04.02
     (仮想イラスト)
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(二)
2013.03.29
    仮想臓器移植のイラスト
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(一)
2013.03.26
米議会報告書、法輪功弾圧と臓器狩り問題を取り上げる(李莎・大紀元)
米議会報告書、法輪功弾圧と臓器狩り問題を取り上げる
2012.10.16
9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元)
中国の臓器狩り 106名米議員、米政府に情報公開を要請
2012.10.06
北京解放軍304病院(ネット写真)
中国で最大規模の生体臓器売買が発覚 解放軍病院が関与
2012.09.18
米著名医学者 「臓器の需要のために処刑している」中国を強く批判
2012.04.03
米下院外交委員長が国務省に注文、「王立軍事件の回答待っている」
2012.04.02
2010年、米国コロンビア大学で開かれたイベントにて、著書『戦慄の臓器狩り』にサインするデイビッド・マタス弁護士(Jan Jekielek/The Epoch Times)
法輪功の指導書、中国「臓器狩り」調査書がロシアで出版禁止に
2012.01.09
国際医師会 中国衛生部に「臓器狩り」データ開示を要請 
2011.10.13
デービッド・マタス氏とデービッド・キルガー氏の著書『Bloody Harvest, The killing of Falun Gong for their organs』(血まみれの臓器摘出)
大連 臓器ビジネスの実態 姉妹都市グラスゴーで医師会発表 
2011.09.08
6月28日、台湾立法院で開かれた『血まみれの臓器狩り』中国語版の新書発表会(大紀元)
中国臓器移植の内幕を描く『戦慄の臓器狩り』、台湾で出版
2011.07.04
シンポジウムで発言する専門家。左より、デーモン・ノート医師、ガブリエル・ダノビッチ医師、張而平氏、アーサー・キャプラン博士、エリック・ゴールドバーグ医師、デービット・マタス弁護士(大紀元)
中国の臓器収奪「無視・無関心は同罪」=米専門家シンポジウム
2011.05.07
腎臓を取られた胡傑さん(ネット写真)
「腎臓移植の仲介で荒稼ぎ」 中国の生体臓器売買の闇
2011.04.20
2007年5月、サンフランシスコで開かれた世界臓器移植大会で、法輪功愛好者を被害者とする「臓器狩り」について訴える人々(明慧ネット)
中国臓器移植の闇 「法輪功の人がターゲット」 日本人ブローカーの証言
2011.01.21
『アイスランドでの法輪功と中共の対峙』著者へのインタビュー(二)
2010.12.24
2010年末にようやく出版された『Arctic Host, Icy Visit – China and Falun Gong Face Off in Iceland』(冷淡な受け入れ国、凍りついた訪問 アイスランドで対峙する中国と法輪功)。2002年の江沢民アイスランド訪問の事件を詳細に記録・分析した意義深い一冊(スクリーンショット)
『アイスランドでの法輪功と中共の対峙』著者へのインタビュー(一)
2010.12.23
ウィニペグ・ベストセラーにランクインした「血まみれの臓器狩り」(大紀元)
新書「血まみれの臓器狩り」 カナダでベストセラーに
2009.12.05
新書発表会で読者にサインするデービット・キルガー氏(右)とデービット・マタス氏(中)(Samira Bouaou/The Epoch Times)
新書 「血まみれの臓器狩り」、法輪功学習者から臓器摘出調査報告 カナダで出版
2009.11.21
「臓器はどこから」と報じる雑誌「財経」の表紙(ネット写真)
臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国
2009.09.23
臓器移植手術(Getty Images)
臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国
2009.08.30
^