「早く眼球を一つ取れ」と命令された…元医師語る 「臓器狩り」撲滅法案制定へ 台湾で会見

台湾の立法委員(国会議員に相当)や民間団体が15日、「臓器強制摘出撲滅法案制定、台日連携およびグローバル連携」をテーマとした記者会見を台北市で開いた。中国国内では無実の囚人が臓器を強制的に摘出され移植用臓器に利用されているといった問題が続いているとして、議員らは世界各国での法整備を呼びかけた。
NEW
トップニュース
地域別トピック

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その三)」

孫思邈は数え切れないほどの患者の病気を治癒させただけでなく、しっかりと修煉をして医者としての道徳水準も高かったため、竜を治療し、虎を救い、人間だけではなく異なる種類の動物までも助け、その影響力を広く及ぼしたという、神話伝説も数多く残っています。それでは、その一部をご紹介しましょう。

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その二)」

唐の貞観年間(627年~649年)、太宗李世民の長孫皇后(ちょうそんこうごう)は、妊娠してすでに10カ月以上になりましたが生まれる兆候がなく、かえって重病を患い、伏して起きられなくなりました。多くの侍医に治療してもらいましたが、病状が一向に好転せず、太宗はこの事で毎日憂うつな顔をして、居ても立っても居られませんでした。大臣の徐茂功の推薦により、民間の医者である孫思邈が皇宮に召されたのです。彼はどうしたのでしょうか?

伝統色の奥妙(五)

紫は伝統文化で「尊貴」を象徴しています。古代ヨーロッパでは、紫色は信仰、神秘、帝国の将軍と密接な関係があり、君主や貴族が好んで着る服の色でもあった。

重金属への暴露は認知症のリスクと関連している

鉛、カドミウム、マンガンなどの有毒金属は私たちの環境中に広く存在し、認知機能の低下や認知機能低下と関連しています。

英雄犬ブルー、飼い主の救助を求めて約6.5キロを走破

車の事故で孤立した飼い主を救うために、ブルーという犬は4マイルを走破
ライフスタイル