大紀元時報
世界法輪大法デー

法輪功の万人大パレード マンハッタンを埋め尽くす

2016年05月17日 16時13分
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。(马有志/大纪元)
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。(马有志/大纪元)

 パレードの生中継が中国人視聴者に感銘を与えた

 今回のマンハッタン大パレードの様子は新唐人テレビによって生中継されていたため、その中継を見た多くの人がフェイスブックや、電話、電子メールなどで法輪功に対する称賛の言葉を残した。

 中国からやってきた広州の元教師、余春光氏は「法輪功は前世紀末に李洪志先生が公開された。これは中華民族にとってまさに天の恵みであり、中国共産党による暗黒の独裁政権下に置かれている人々に、生きることの意味や奮起に値する目標を与えてくれた。法輪功が提唱しているのは、健康な体を作ることだけではない。真・善・忍の理念は、中華民族の優れた伝統文化を継承させ、その力を発揮させるのだ。これは苦難の道を歩んでいる中華民族の精神を全面的に昇華させるものであり、中国人にとって自己を救済する千載一遇のチャンスだ。」

 台湾大学政治学教授の明居正氏は「このように(法輪功の)規模が次第に大きくなってきていることは、目覚めた人が増え、法輪功問題の深刻さに気づいた人がますます増えていることを意味している。だからこそ、今年のニューヨークマンハッタンに1万人もの人々が集まってパレードを行った。これは簡単にできることではない。人類史上、特に中国の歴史において、時代の節目の一つであると言えるだろう。」

2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。写真は「法輪大法は正法である」の横断幕(馬有志撮影
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。写真は民族衣装をまとう中国苗族学習者の隊列(馬有志撮影)
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。写真は民族衣装をまとう韓国学習者の隊列(馬有志撮影
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。写真は民族衣装をまとうイラン学習者の隊列(Mark Zou撮影)
2016年5月13日、第17回「世界法輪大法デー」を祝うため、世界各地から集まってきた法輪功学習者がマンハッタンで盛大な万人パレードを行った。写真は民族衣装をまとうロシア学習者の隊列(季媛撮影)

(翻訳編集・桜井信一/単馨)

大紀元ニュースレター登録無料
関連キーワード
^