THE EPOCH TIMES
臓器の強制摘出

移植学会に中国出席「殺人犯の招へいと同じ」=共産党元高官

2016年08月22日 17時16分

 一方、TTSは10年間、この調査報告を受け入れたことはない。会長のチャップマン教授は、「世界の手術数からこの数字はありえない」と調査を疑問視。また、法輪功は、香港行政議会を通じて窮境を訴えているとオーストラリアのSBSのインタビューに答えた。

 TTSは、移植大会開幕前の7月31日、中国出席の批判を受けてか、公式サイトで「中国とのつながりを保つ」と文書で関係継続を示唆する文章を発表した。

 中国共産党と民主主義の国 TTSは肩を持つのは…

 羅宇氏は、中国医師チームを招いたTTSについて「民主主義理念を持ち合わせてはいない。いずれ臓器狩りに加担した責任を追及される日が来るだろう」と、TTSが中国共産党の肩を持っていると批判。

 米国連邦議会や欧州議会では、中国臓器の強制摘出を批判する議案が可決している。羅宇氏はこれを「民主主義のあるべき姿」と称賛した。自身が身を置いていた中国共産党は「ヒトラーのナチスをはるかに凌ぐ、世界中を見渡してもほかにないというほどの想像を絶する悪」として糾弾した。

 米下院、法輪功の臓器摘出を非難する決議案を満場一致で通過​

 政治家一人、医師一人ではない 国家ぐるみの犯罪

 また羅宇氏は、TTSに参加した黄医師の臓器の強制摘出に「誰かの指示に従って移植手術を行っているはず、周永康がよく知っている。しかし周が一人で行ったわけでもない。これは国を挙げての犯罪行為であり、中国共産党の犯罪だ」と分析する。


 元衛生部次官、死刑囚の臓器移植に「周永康氏が深く関与」

 臓器の強制摘出については、その移植手術数が爆発的に伸びた2000年から、各地で大量に連行・拘束・行方不明になった法輪功弾圧と時期がかさなるため、「臓器の強制摘出は、法輪功迫害政策の一環」と国際調査チームは指摘している。当時の江沢民主席が法輪功弾圧を決定した。

 習近平主席の動向が注目されている。「江沢民や曽慶紅らが犯してきた人道に反する罪に対し、その責任を追及されないのであれば、習近平国家主席も彼らと同じ穴のムジナ。習主席がこの件を解決させることができれば、主席は自らの活路を見出すことができるだろう」と述べた。

(翻訳編集・島津彰浩)

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^