チベット高原に人が定住したのは7400年~13000年前からか=米研究

2017/01/27 07:00
チベット高原 (reurinkjan/Flickr)
 チベット高原には、少なくとも7400年前、古ければ13000年前から人が定住していた可能性があるという論文が、1月7日付米科学ジャーナル『サイエンス』に掲載された。これは、1998年にチベット平野中央のチュサン(Chusan)という村で見つかった人の手形と足跡の年代を推定した結果によるもの。これまで考えられていた年代より数千年はさかのぼると指摘している。...
続きを読む
^