大紀元評論・川人

天安門の毛沢東肖像画から見る「中国最大カルト」とは?

2017/02/05 06:00
2016年9月、天安門広場に掲げられていた、毛沢東肖像画が新しいものに取り換えられる様子(STR/AFP/Getty Images)
 中国最高人民法院(最高裁)と最高人民検察院(最高検)は1月25日、「邪教(カルト)組織」を定義する『刑法』第300条の新司法解釈を共同で公布した。いっぽう、中国共産党政権が定めたカルト組織の定義から見ると、実に中国共産党こそが国内最大なカルト組織だと見て取れる。これは中国5千年「敬天(お天道様を敬う)思想」が凝縮された600年の歴史を持つ天安門に、毛沢東の肖像画を掛けるという個人崇拝の行為も証明している。...
続きを読む
^