故事

どんな環境でも学ぶことを忘れない

2017/05/03 07:00
(t.kunikuni/Flickr)
 西漢の時代、コウハ(130 BC–51 BC)という男性のお話です。コウハは政治犯として捕らえられ、獄中に繋がれながらも、決して学ぶことを忘れませんでした。「朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」。コウハの言葉を聞いた男は、彼に書経を教えることにしたのです。...
続きを読む
^