大紀元時報

サウジ皇太子、記者殺害犯に「法の裁き」 公の場で初のコメント

2018年10月25日 10時59分

[リヤド/イスタンブール 24日 ロイター] - サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は24日、同国のの反体制記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件について、犯人らに法の裁きが下されると述べた。皇太子が事件について公の場で語るのは初めて。

ムハンマド皇太子は首都リヤドで開催中の年次投資フォーラム「未来投資イニシアチブ」のパネルに出席し、サウジとトルコが事件解明に向け協力すると語った。

「事件が起きたことは、全サウジ国民にとって極めて悲痛だ。正当化されない」とし、「最終的に法の裁きが下される」と指摘した。

カショギ氏の殺害を巡っては、トルコ大統領補佐官が「ムハンマド皇太子の手は血塗られている」と発言。

また、トランプ米大統領は、実権を実質的に握っているムハンマド皇太子が最終的な責任を負っているとの認識を示している。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^