大紀元時報

【最新版】東京のおすすめ展望台ベスト5!大都会の絶景が目の前に広がる!

2020年03月10日 15時38分
misaki
misaki

今回は、大都会の絶景が眺められる今話題の展望台スポットを5つご紹介します。無料で観覧できる展望台や、日本のシンボル「富士山」が眺められる展望台など、耳より情報盛りだくさん!

目次

    1. 渋谷スクランブルスクエア「SHIBUYA SKY」
    2. 渋谷ヒカリエ「スカイロビー」
    3. サンシャインシティ「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」
    4. 渋谷パルコ「ガーデンステージ」
    5. 東京都庁展望室

1. 渋谷スクランブルスクエア「SHIBUYA SKY」

2019年11月にオープンした複合施設「渋谷スクランブルスクエア」。14階から屋上には、オープン前から注目を集めていた展望台「SHIBUYA SKY」があります。最上階へ向かう期待感をかき立て、非日常空間を提供する「SKY GATE(14階から45階)」、映像とのコラボレーションが楽しめる屋内展望回廊「SKY GALLERY(46階)」、そして開放感あふれる屋外展望空間「SKY STAGE(屋上)」の3つのゾーンからなります。

〇アクセス
渋谷駅直結
※詳しくは公式ホームページをご覧ください

〇料金
大人2,000円/中学生・高校生1,600円/小学生1,000円
※WEB予約ならさらにお得


2. 渋谷ヒカリエ「スカイロビー」

「渋谷ヒカリエ」は、オフィス、商業施設、シアターなどの文化施設などが入居し、今や渋谷を代表する情報発信地としての役割を果たしています。11階には、展望スペース「スカイロビー」があり、無料で観覧が可能。ほどよい高さに位置しているため、東京の風景が間近で楽しめますよ。

〇アクセス
渋谷駅直結
※詳しくは公式ホームページをご覧ください

〇料金
無料


3. サンシャインシティ「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」

ショッピングもグルメもレジャーも楽しめる大型商業施設「サンシャインシティ」。こちらには「体感する展望台」をコンセプトにした「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」があります。最新テクノロジーを駆使したおもしろVR体験があなたを待っていますよ!また、1年に数日だけ姿を現す「ダイヤモンド富士(日の出や夕日が富士山頂と重なり、まるでダイヤモンドのように見える現象)」が見られることでも有名です。

〇アクセス
JR・東京メトロ・西武線・東武線、東池袋駅・池袋駅から徒歩約3分から8分
※詳しくは公式ホームページをご覧ください

〇料金
大人1,200/学生900円/子ども600円
※WEB予約ならさらにお得
※VR体験は別料金


4. 渋谷パルコ「ガーデンステージ」

2019年にリニューアルオープンした「渋谷パルコ」。全193のテナントが入居し、流行の発信地としてにぎわっています。屋上にはイベントスペースを完備した「ガーデンステージ」があります。美しい緑に囲まれた開放感ある屋上で、大都会の景色を眺めならゆっくりとお過ごしください。

〇アクセス
JR山手線渋谷駅ハチ公口から徒歩約5分
※他各線からもアクセス可能

〇料金
無料


5. 東京都庁展望室

東京の行政を担う「東京都庁」。こちらには地上202メートルの高さから望む2つの展望台「北展望室」と「南展望室」があります。まさに大都会の景色を象徴するかのような、高いビル群が織りなす景色を眺めることができますよ。東京随一の美しさを誇る夜景も必見です。

〇アクセス
JR新宿駅西口から徒歩約10分
※他各線からもアクセス可能

〇料金
無料

行ってみたい展望台はありましたか?ぜひ東京の絶景をお楽しみください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^