大紀元時報

【豊洲市場】ランチ徹底ガイド!鮮度抜群の寿司・海鮮丼などイチオシ店5選

2020年03月22日 08時12分
nomura
nomura

豊洲市場には一般客が利用できる飲食店も多数あります。今回は市場とその周辺のおすすめランチスポット5選をご紹介!

目次

1. 築地海鮮丼 大江戸
2. 銀座鮨正 THE IMPRESSION 豊洲市場店
3. うなぎ 福せん
最新グルメスポット「江戸前場下町」のランチもチェック
4. 炭火焼専門食処 白銀屋 豊洲分店
5. ねいろ屋 豊洲店

1. 築地海鮮丼 大江戸

 

新鮮素材を使った海鮮丼(※)を食べるなら「築地海鮮丼 大江戸」がおすすめ。常時30種類以上がそろうメニューの中でも天然まぐろを使った「まぐろ4点丼(2,600円(税込))」がイチオシ。脂がのった中トロや、旨みのある赤身、より濃厚な旨みが楽しめる中落ちなどを味わえます。英語・中国語(簡体字)メニューあり。英語・中国語を話せるスタッフがいます。
※どんぶりに盛ったご飯に生の魚介類をのせた料理

2. 銀座鮨正 THE IMPRESSION 豊洲市場店

市場にいったらやっぱりお寿司も味わいたいですよね。そこでおすすめしたいのが新鮮な旬のネタを豊富にそろえたこのお店。単品も8貫以上からオーダーできますが、よりお得なのは「おまかせ握り(4,500円(税込)〜7,000円(税込))」。お寿司10〜11貫と味噌汁がセットになっています。英語メニューあり。英語・中国語を話せるスタッフがいます。

3. うなぎ 福せん

「うなぎ 福せん」は、ボリュームたっぷりの「うな重(※)(3,200円(税込)〜4,200円(税込))」が人気のお店。丁寧に焼き上げたうなぎは、臭みもなくふっくらジューシー。開店当時から継ぎ足している秘伝のタレは、濃厚でコクがあるたまり醤油をベースにしたやわらかい味わいです。
※四角い器にご飯をつめ、うなぎの蒲焼き(串刺しにしてタレをつけながら焼いたもの)をのせた料理

最新グルメスポット「江戸前場下町」のランチもチェック

「江戸前場下町」は、ゆりかもめ「市場前駅」から徒歩1分の場所に2020年1月から3年間の期間限定でオープンした新たな商業施設。フードホール棟には日本の食文化が楽しめる飲食店が集まっているので、ランチスポットとしても最適。市場の新鮮食材やお土産を販売するお店もそろっています。営業時間は9:00 am〜6:00 pm。

4. 炭火焼専門食処 白銀屋 豊洲分店

江戸前場下町・フードホール棟でのおすすめは「炭火焼専門食処 白銀屋 豊洲分店」。炭火でじっくり焼き上げられ、旨みが凝縮した焼き魚が堪能できます。メニューには、厳選された魚や肉をメインとした定食(800円〜1,800円)がズラリ。さば、サーモン、ほっけが味わえる「三種盛り合わせ焼き定食(1,200円)」をはじめ、焼き魚の定食は7種類からセレクトできます。

5. ねいろ屋 豊洲店

同じくフードホール棟内にある「ねいろ屋 豊洲店」。素材の味を生かしたシンプルなラーメンが自慢のお店です。「特製醤油ラーメン(1,100円(税込))」や「特製濃厚鯛塩ラーメン(1,250円(税込))」、「特製背脂煮干しラーメン(1,200円(税込))」はいずれも魚介の旨みをきかせたスープを使用。全メニューテイクアウト可能(ラーメンの器は要返却)。券売機で食券を購入するシステムで、英語メニューもありますよ。

いかがでしたか?豊洲市場では、一般客でも見学できる「まぐろの競り」も人気。東京を旅するなら、ぜひ訪れてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^