大紀元時報

【大阪・京都】3〜5月の気温・天気に合う月別服装ガイド

2020年03月28日 11時26分
nomura
nomura

最高の旅にするために、訪れる都市の「天気」や「気温」それに適した「服装」は事前に知っておきたいもの。そこで今回は、大阪や京都を訪れる人のために3月から5月の平均的な気候や服選びのポイントをご紹介しちゃいます。

目次

    日本の春はいつから?
    京都の天気とおすすめの服装
    3月(月平均気温:8.4℃)
    4月(月平均気温:14.2℃)
    5月(月平均気温:19℃)

    大阪の天気とおすすめの服装
    3月(月平均気温:9.4℃)
    4月(月平均気温:15.1℃)
    5月(月平均気温:19.7℃)

日本の春はいつから?

日本では3月から5月の3カ月間を春とするのが一般的です。爽やかな気候で旅行にぴったりのシーズンですが、気温や天気の変化が大きく、服装を決めるのが難しい時期でもあります。
春の人気レジャーといえば、桜の花が咲き誇る美しい風景を愛でるお花見。関西では3月下旬から4月中旬にかけて見ごろを迎えます。大阪や京都にも名所がたくさんあるので、時期を合わせて訪れるのもおすすめです。

京都の天気とおすすめの服装

冬の寒さがやわらぎ、だんだんと過ごしやすい日も増えてくる春。日中は上着がいらないほど暖かい日もありますが、朝晩の冷え込みには要注意です。とくに人気観光スポットが集中している京都市内は、盆地(周りを山にかこまれている平地)になっているため底冷えするのが特徴。朝から夜までがっつり観光するなら、寒さ対策も万全にしておきましょう。

3月(月平均気温:8.4℃)

月平均の最高気温は13.4℃、最低気温は平均4℃と、冬の寒さが残る時期。日中は20℃を超える日もありますが、夜は一気に冷え込み、0℃前後になることも。3月中旬から4月にかけては雨が降り続くこともあります。
上旬はしっかり防寒できる厚手のコートが必須。中旬以降はセーターに軽めのコートをプラスした服装で過ごせることもありますが、夜はマフラーやストールなどの防寒具がほしくなる寒さに。下旬にはだんだんと春らしい陽気の日が多くなっていきます。日によって気温差があり、朝晩の冷え込みも厳しいため、着脱しやすいアウターを持っていくのがベストです。

4月(月平均気温:14.2℃)

月平均の最高気温は19.9℃、最低気温は平均9℃。ポカポカ暖かい日も増え、日中の気温が25℃以上になることも。ただし、朝晩の冷え込みは続くので、まだまだ寒さ対策も必要です。
日中は長袖シャツにパーカー、カーディガンなどを羽織ればOKですが、上旬は最低気温が0℃から2℃ほどになることも。朝晩に備えて薄手のコートやジャケットを用意しておくと便利です。中旬から下旬には気温がグッと上昇し、日中なら半袖で過ごせる日もあるほど。それでもやはり朝晩は5℃を下回ることもあるため、羽織れるものを用意しておくのがベターです。

5月(月平均気温:19℃)

月平均の最高気温は24.6℃、最低気温は平均14℃。30℃を超える日も少なくなく、年によっては35℃近くまで上がる日も。上旬だと日中は汗ばむ陽気でも、朝晩は10℃以下ということもあるので注意しましょう。下旬には、最低気温は14.4℃ほどまで上昇します。
日中は概ね長袖シャツやカットソー、ときには半袖Tシャツで過ごせます。その一方で、朝晩は日中と20℃近くの気温差があることもあるので、カーディガンやパーカー、ジャケットなどで重ね着ができるようにしておきましょう。

大阪の天気とおすすめの服装

京都に比べて1℃ほど、気温の高い大阪ですが、服装はいずれの月も京都と同様でOK。陽気のいい日には、日中は軽めの服装で過ごし、朝晩はアウターを重ねて寒さ対策を。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は海に近いため、夕方以降の冷え込みが厳しいので要注意。「梅田スカイビル」の空中庭園展望台は風が強く吹く日も多いので、日中でも肌寒さを感じることも。

3月(月平均気温:9.4℃)

月平均の最高気温は13.7℃、最低気温は平均5.6℃。まだまだ肌寒さを感じる日が多い時期ですが、日中は20℃近くになることも。日によって気温差がある不安定な天気が続きます。3月中旬から4月にかけては雨が降り続くこともあります。
冬の名残のある上旬には、厚手のコートが必要です。徐々に春らしさを感じはじめる中旬以降は、セーターと軽めのアウターで過ごせる日も。マフラーやストールなど、温度調整しやすい防寒具を用意しておくと便利です。

4月(月平均気温:15.1℃)

月平均の最高気温19.9℃と、陽気のいい日がグッと増える4月。最低気温は平均10.7℃と、朝晩の冷え込みは続くので寒さに備えた服装で訪れましょう。
4月に入ると、日中は長袖シャツにパーカー、カーディガンなどを羽織るだけで過ごせる日が多くなっていきます。ただし朝晩は冷えるので、軽めのコートやジャケットも必要。気温の高い日が増える中旬以降は、より軽やかな服装で過ごせるように。朝晩に備えてジャケットやパーカーなどの羽織りものがあると重宝します。

5月(月平均気温:19.7℃)

月平均の最高気温は24.5℃、最低気温は平均15.6℃。日によっては30℃を超えることもありますが、上旬から中旬は最低気温が10℃前後とまだまだ低く、とりわけ寒暖差に注意が必要な時期。下旬になると平均気温が23.8℃、最低気温は16.3℃まで上昇します。
基本的に日中は長袖シャツ1枚で過ごせる5月。汗ばむような陽気となることも多く、半袖の人も見かけるように。肌寒い朝晩に備えてカーディガン、パーカー、ジャケットなど、温度調整しやすい服も用意しておきましょう。

いかがでしたか?春は天気や気温が不安定になる季節。臨機応変に対応できるよう、事前にこの記事をチェックして旅支度の参考にしてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^