大紀元時報

【厳選】日本の最先端シャーペン&ボールペン5選!スタイリッシュで機能抜群!

2020年04月10日 15時16分
ADA
ADA

機能性が高く、高品質でデザインも豊富な日本の文房具は海外でも大人気。そこで今回は軽くて持ち運びにも便利なシャープペンシル・ボールペンをご紹介いたします。


1. OLEeNU+ (プラチナ)

元祖・折れないシャープペンシルとして人気を博している「オ・レーヌ」シリーズから誕生した最強モデル「オ・レーヌ プラス」。シャープペンシル内部の芯タンクの揺れを防ぎ衝撃を吸収する仕組みや、二重構造のペン先カバーなどの芯折れ防止構造を強化し、筆記時の過度の筆圧や落下の衝撃による芯折れを防ぎます。さらに残芯0.5ミリまで筆記が可能な「ゼロシン機能」がついているので、芯を無駄にすることなく使うことができますよ。
参考価格:450円(税抜)


2. オレンズ (ぺんてる)

老舗の文具メーカーぺんてるから販売されている「オレンズ」。通常シャープペンシルは、ペン先にあるパイプ部から芯が出ているため筆圧が強いと芯が折れがちですが、オレンズはパイプがスライドすることにより、パイプから芯を出さずに筆記することが可能です。芯が露出しないので、わずか0.2ミリという超極細芯を採用しながらも芯折れと芯の摩耗が少なく、1回のノックで長時間書き続けることができます。狭いスペースに文字を書き込んだり、細密なデザインのイラストを描いたりするのにぴったりですよ。
参考価格:500円(税抜)


3. ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 (三菱鉛筆)

4色(黒・赤・青・緑)のボールペンとシャープペンシルが一つになった多機能ペン。「クセになる、滑らかな書き味」というキャッチコピー通り、筆記抵抗が低く、筆記速度にかかわらず滑らかな書き心地を味わえます。新開発されたジェットストリームインクは紙に染み込みやすく、速乾性に優れ、書いた直後に手で擦っても手が汚れることがありません。また、インクがダマになりにくいので、最初から最後まできれいに書くことができます。スタイリッシュなデザインなので、ビジネスシーンでも活用できますよ。
参考価格:1,000円(税抜)


4. フリクションボール4 (PILOT)

書き直し可能な消えるボールペンとして大人気の「フリクション」シリーズは、世界100カ国以上で販売され、その累計販売本数はなんと20億本を突破するほどの人気商品。摩擦熱で消える特殊なインキを使用しているので、消しかすを出さずにきれいに消すことができ、何度でも書き直しが可能。ペン先は0.5ミリの極細タイプなので手帳や資料のメモ書きに適しています。一つのペンに黒・赤・青・緑の4色のインキが入っているので色を使い分けることでスケジュール管理もしやすくなりますよ。
参考価格:800円(税抜)


5. サラサクリップ (ZEBRA)

さらっとした滑らかな書きごこちとインクの発色の良さ、豊富なカラーバリエーションで大人気の「サラサクリップ」。耐水性に優れた水性顔料を使用しており、力を入れずに書くことができます。ボール径も0.3ミリから1.0ミリまでそろっているので用途に応じて使い分けができるのも魅力の一つ。56色ものカラーバリエーションがあるので自分の気持ちにぴったりのカラーが見つかりますよ。
参考価格:100円(税抜)

いかがでしたか?今回ご紹介した商品は手に入りやすいものばかり。大型の文具店では試し書きもできるので実際に使い心地を試してみてくださいね。きっとお気に入りの1本に出合えますよ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^