大紀元時報

東京の人気クレープ店5選!ジャパニーズスタイルから本格派まで!

2020年04月10日 18時06分
KAMIOKA
KAMIOKA

フランス発祥のクレープが日本オリジナルに進化!年齢問わず人気のジャパニーズスタイルのクレープ。一方で本場の味を楽しめるクレープリーも人気。そこで今回は可愛くておいしい東京の人気クレープ店5選をご紹介します。


日本のクレープとは

フルーツやチョコ、アイスクリームに生クリーム等、たっぷりの具材をクレープ生地にのせ巻き、手で持ってかぶりつく。日本では本場フランスのクレープが日本式に進化したものが一般的。デザート系はもちろん、食事系の甘くないクレープもあり、片手で持てる食べ歩きグルメといえます。その一方で、本場フランスに引けを取らないクレープ(ガレット)を提供するこだわりの店舗も増えています。こちらは、軽食というよりしっかり食事な本格派です。


1. MOMI&TOY’S 東京駅一番街店

とろけるような食感が人気のクレープ店。生地にアーモンドを細かく砕いた粉を混ぜているのが特徴。注文を受けてから作り始めるふんわりさくさくの生地に、フルーツやクリームが最高!こぼれそうなくらいたっぷりとのった写真のクレープはデコレーション(840円(税込)~860円(税込))。ハムチーズサラダ(430円(税込))や照り焼きチキンサラダ(430円(税込))等スイーツ以外のクレープも充実しています。
※東京都内16店舗


2. マリオンクレープ 原宿竹下通り店

日本で最初にクレープを販売したパイオニア。店前に並ぶクレープサンプルは、思わず足を止めてしまう迫力!常時約70種類のクレープを提供しており、価格も500円前後とリーズナブル。ふんわりサクサクのオリジナル生地が、ホイップやフルーツ、アイス、チーズ―ケーキなど様々なトッピングの味を引き立てます。見た目よりもあっさりしているので、最後までおいしく食べられますよ。
※都内25店舗(季節限定店舗含む)


3. サンタモニカクレープ

先に紹介したマリオンクレープ店からすぐ、クレープ激戦区原宿竹下通りにあります。原宿のポップカルチャーを連想するピンクの可愛い店構えが特徴。最高品質のクレープを提供するため、最高級のバターと小麦粉を使用し毎日少量ずつ丁寧に調理しているのがこだわり。この贅沢な生地にたっぷりのホイップとフルーツ、チョコシロップをトッピングしたクレープが人気です。価格は400円から600円ほど。和風な味を堪能したい方はぜひ、抹茶味の「抹茶チーズケーキスペシャル&抹茶ホイップ生クリーム2倍(640円(税込))」を試してくださいね!


4. コムクレープ自由が丘店

クレープブリュレを考案したクレープ店。クレープブリュレ(600円~)とは、生地に特製のバニラカスタードをたっぷりのせ、表面をキャラメリゼしたクレープのことです。モチモチの生地と濃厚なクリームの香ばしさは他では味わえないおいしさ。オリジナルの生地は、プレーンでも注文できるお店の自信作(ガレ(200円))。できたてあつあつ賞味期限10分の贅沢をどうぞ。


5. プレッツカフェ クレープリー 新宿タカシマヤ店

フランス・ブルターニュ地方の伝統料理、ガレット(そば粉のクレープ)の店。卵やベーコン、きのこなどの具材やチーズ、新鮮野菜を使用し本場さながらの味を楽しめます。なんとパリ店は、パリ一番のクレープと称されているほどの本格派。ガレットにはシードル(りんごの微発泡酒)を合わせるのが本場流。スープ、ガレット、クレープに飲み物が付いたお得なセットもありますよ。
※銀座店、表参道店あり

 

片手で手軽に食べられるクレープから、本格派まで。食事もデザートも楽しみたい欲張りなあなたの希望を叶えるクレープをぜひどうぞ!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^