大紀元時報

奈良に来たら外せないおすすめ観光スポット5選

2020年05月20日 08時08分
HITODE3
HITODE3

都が京都に移る前、都が置かれていた奈良には歴史を感じさせる文化遺産が数多く残されています。そこで今回は、奈良に来たらまずは押さえておきたい観光スポット5選をご紹介します。

1. 東大寺

「咲く花の匂ふがごとく」と謳われた奈良の都の繁栄ぶりを象徴する「東大寺」。本尊の「盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」を安置する大仏殿は、正面の幅57.5m、奥行き50.5m、棟までの高さ49.1mで、世界最大級の木造建築です。東大寺最古の建造物である「法華堂」は、東大寺に残る数少ない奈良時代建築の建築の1つです。堂内に安置されている10体の仏像も奈良時代(710年~784年)の物で、いずれも国宝に指定されています。このほか、境内には、奈良に春の訪れを告げる「修二会(お水取り)」の行事が行われる「二月堂」や、東大寺の秘宝を展示する「東大寺ミュージアム」など見所満載。1日たっぷり楽しめますよ。

cyawan/Flickr
Patrick Vierthaler/Flickr

修二会が行われる二月堂

2. 奈良公園

年間1,300万人もの観光客が訪れる奈良随一の観光名所。広大な敷地内には「東大寺」・「興福寺」・「春日大社」などの世界遺産を始め、貴重な文化遺産が点在しています。豊かな緑に恵まれた広大な敷地内には塀や柵などがなく、いつでも自由に散策できるのも嬉しいところです。夜になると興福寺、猿沢池、浮見堂、東大寺(夏季のみ)など、奈良公園一帯の建造物・施設などがライトアップされます。夜空に浮かび上がる興福寺五重塔や、水面に映る浮見堂の幻想的な姿は必見ですよ。 園内の至る所で見掛ける野生の鹿は、国の天然記念物に指定されています。園内で売っている鹿煎餅をあげるとお辞儀をすると言われているので、試してみてはいかがでしょうか?

※奈良公園の鹿は人に慣れていますが、野生なので餌をあげる時は注意してくださいね。

HITODE3
HITODE3

3. 平城宮跡

平城京の北部中央に、東西約1.3km、南北約1kmの地を占めていた「平城宮」には、天皇の住まいである「内裏(だいり)」や、国家的な儀式や政治の場である「大極殿(だいごくでん)」・「朝堂院(ちょうどういん)」を始め、多くの役所が立ち並んでいました。平城宮跡には、現在「大極殿」・「朱雀門」・「東院庭園」が復元されているほか、発掘調査で見つかった遺構をそのまま見ることができる「遺構展示館」、平城京のことをわかりやすく解説する「平城宮跡資料館」など様々な施設があり、歴史好きには是非訪れて欲しいスポットです。また、ここからの眺望は抜群で、奈良盆地を囲む山並みや、東大寺大仏殿や二月堂を望むことができます。

Tamago Moffle/Flickr

4. 薬師寺

7世紀末に藤原京に創建された寺院で、法相宗の大本山です。710年の平城京遷都に伴い、718年に現在の地に移転しました。「薬師寺」は、973年の火災と1528年の兵火で大半の建物を失い、400年余りも仮再建の堂宇のままでしたが、1976年「金堂」が再建されたのをはじめ、「西塔」、「中門」、「大講堂」などが次々と再建され、創建当時の色鮮やかな姿を取り戻しました。金堂には7~8世紀の仏像の最高傑作の一つとして名高い「薬師如来像」が安置されています。その台座にはギリシャの葡萄、ペルシャの蓮華、インドの力神、中国の四方四神などの模様が刻まれており、シルクロードを通してギリシアやペルシア等と国際交流があったことをうかがい知ることができます。 創建時の姿を今も保っている唯一の建造物「東塔」は、2009年から解体修理が行われていて、「凍れる音楽」とも称されたその美しい姿を見せてくれるのは2020年頃になります。

jpellgen/Flickr

5. 唐招提寺

唐から仏教の戒律を伝えるために来日した鑑真和上によって759年に建立された寺院です。入り口である「南大門」を潜るとすぐ正面に見える「金堂」は、8世紀後半の創建で、奈良時代に建立された金堂で唯一現存する建造物です。正面に立つ8本の柱は中央部がわずかに膨らむエンタシスの円柱で、柱間も中央部が一番広く、両端に向かって狭くなっており、建物にどっしりとした奥行きを与えています。金堂のすぐ後ろに建つ「講堂」は、平城宮の東朝集殿を移築・改造したもので、奈良時代宮廷建築の唯一の遺構として非常に貴重な建物です。その他にも唐招提寺は多くの文化財を所蔵しているので、見応えたっぷりですよ。

Saigen Jiro/Wikimedia Commons

金堂

HITODE3

講堂

いかがでしたか?奈良に都が置かれていたのはわずか70年ほどですが、今に遺る文化遺産は、その繁栄ぶりを伝えています。奈良にはまだまだ見所がたくさんあるので、何度でも足を運んでくださいね。きっと素晴らしい出会いがありますよ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^