大紀元時報

奈良の注目スポット!ならまちの魅力に迫る

2020年05月22日 18時03分
HITODE3
HITODE3

江戸時代に建てられた町屋が軒を連ねるならまちは、神社やお寺だけでなく、おしゃれなカフェやショップなどがたくさんある人気のスポットです。今回はならまちのおすすめスポットを紹介します。

1. ならまち格子の家

ノスタルジックな街並みのならまちの一角に佇む「ならまち格子の家」は、江戸時代末から明治時代にかけて、ならまちに点在した町家をモデルに建てられた施設です。「ウナギの寝床」といわれる間口が狭く奥行きの長い建物内に、「みせの間」「中の間」「奥の間」の三室が一列となった主屋や、主屋のツシ2階(中二階)、通り庭、中庭、離れ、蔵などが忠実に再現され、建物に施された様々な工夫を見学しながら、昔の奈良の人々の生活を体感することができます。施設内には休憩スペースや、ならまちの散策マップなどもあるので、ならまちを訪れた際にはぜひ寄ってくださいね。 

営業時間:9:00 am - 5:00 pm
見学料:無料
定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、祝日の翌平日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

Y.yoshiaki/Wikimedia Commons

2. 元興寺

ならまちのほぼ中心に位置する「元興寺」は「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。その前身は6世紀末、蘇我馬子によって開かれた法興寺(現在の飛鳥寺)で、平城遷都に伴い現在の場所に移り、名前も元興寺となりました。かつては東大寺や興福寺と並ぶ大寺院で、今のならまち地区の大部分が入ってしまうほど広大な敷地を有していました。通常寺院は南門が正門ですが、国宝に指定されている「極楽堂」は東門が正門となり、西方の極楽浄土へ向かう門となっている点が特徴的。また、屋根の形が台形でなく三角形に見える側を正面とする点や、正面中央に柱が来ないように通常奇数になる正面の柱間が偶数の六間となっている点なども珍しいです。極楽堂と禅室で使用されている屋根瓦の一部は7世紀のものと言われています。

拝観時間:9:00 am - 5:00 pm
拝観料:大人500円、高校生・中学生300円、小学生100円

663highland/Wikimedia Commons

3. 御霊神社

古くから「ごりょうさん」の名で親しまれている「御霊神社」は、1200年以上の長い歴史を持つ神社です。御霊神社とは、非業の死を遂げた古人の霊を鎮めるために造られた神社のことで、日本各地に多数あります。こちらには井上内親王・他戸親王・早良親王・藤原広嗣など8世紀から9世紀初頭に政争に巻き込まれ、無実の罪により非業の死を遂げた8座が祀られています。現在は縁結びや、書の上達にご利益があるとして知られるこちらの神社、毎年4月から5月にかけては枝垂桜や八重桜、牡丹などが艶やかに咲き乱れ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。謂れを聞いて畏まらずに、ぜひ足を運んでくださいね。 

拝観時間:9:00 am - 5:00 pm
拝観料:無料

4. 遊 中川本店

創業1716年の老舗の麻織物専門店「中川政七商店」が手がける「遊 中川」の路面店。落ち着いた雰囲気の店内に並ぶ、日本の伝統工芸や伝統素材を現代風にアレンジした商品はハイセンスなのにどこか懐かしいものばかり。おすすめは奈良の特産品の蚊帳生地(蚊帳は、蚊を防ぐために吊り下げて寝床を覆う布)を使用した「花ふきん(756円(税込))」。食器を拭いたり、料理に使ったりと使い方は様々。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいですね。そのほかに和風のパッケージが可愛らしいお茶やお菓子、奈良のシンボル大仏さまや鹿をモチーフにした商品なども数多く取り揃えているので、お土産に買って帰るのもいいですね。

5. カナカナ

築90年の古民家をリノベーションした古民家カフェ「カナカナ」はならまちで人気No.1のお店です。格子窓や磨りガラスがノスタルジックな雰囲気を醸し出す店内にはテーブル席と座敷席があり、ゆったりしたスペースの座敷席は観光で疲れた足を休めて一息つくのにピッタリです。カナカナの一番人気のメニューはメイン料理に数種類のお惣菜と、ご飯、味噌汁、飲み物がついた「カナカナごはん(1,300円(税込))」。和食のおかずと、一つ一つ小鉢に盛り付けられたお惣菜は素朴ながらも深い味わいで、お腹も心も満たしてくれますよ。

営業時間:11:00 am - 8:00 pm
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜が休み)

small-life.com/Flickr
raizo/Flickr


 

いかがでしたか?古き良き日本の面影を今なお残すならまちには魅力あふれるスポットが沢山あります。昔ながらの伝統と現在が共存するならまちにあなたもぜひ足を運んでくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

原文を読む

記事提供元
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^