大紀元時報

食べたらはまるかも?一風変わったインスタント麺5選

2020年05月26日 17時00分
o-dat
o-dat

日本のスーパーやコンビニエンスストアには色々な種類のインスタント麺があり、一風変わったインスタント麺も続々登場しています。今回は、食べたらはまっちゃうかもしれない驚きのインスタント麺5選をご紹介します。

1. 日清食品「カップヌードル トムヤムクンヌードル」

爆発的に売れすぎて一時販売を停止したこともあるインスタント麺。タイの名物グルメ「トムヤムクン」と「カップヌードル」のコラボが日本では斬新ということで人気になり、現在では定番のひとつとなっています。お手軽なのに本場指向の味が楽しめると大好評。辛いのが苦手な人のためにトムヤムペーストを別添していて、辛みを調整できる点もポイントですよ。一度食べると、その辛さがクセになって、リピート率が高いインスタント麺です。
メーカー希望小売価格180円(税抜)

2. 日清食品「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」

日本をテーマにしたインスタント麺。パッケージも日本をイメージしたデザインになっています。中身はといえば、茶そばをイメージした緑色の麺に緑色のスープが珍しく、インパクトが大。そもそも抹茶とラーメンという今までにない組み合わせに驚きです。実際は、シーフードをベースにしたクリーミーな濃厚感のあるスープに、抹茶の風味がほんのりと香る味わい。見た目よりもずっとマイルドで、なかなか美味との声も多いです。
メーカー希望小売価格180円(税抜)

3. まるか食品「ペヤング ソースやきそばプラス納豆」

日本のインスタント焼きそばを代表する商品といえば、まるか食品の「ぺヤング ソースやきそば」。その定番中の定番ブランドから発売された、奇抜すぎる!と話題の商品がこちら。大豆を発酵させてつくる納豆は日本食には欠かせない食材ですが、焼きそばとコラボさせるのは前代未聞。焼きそばのトッピングとしてフリーズドライ納豆が添付されています。納豆が強く香りますが、味自体は焼きそばソースと絶妙に調和されて意外にも美味しいですよ。納豆が苦手な人もチャレンジできるかも?セブンイレブンやイトーヨーカドーで買うことができます。
メーカー希望小売価格185円(税抜)

4. 明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば わさびマヨ醤油味」

明星食品の人気ブランド「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズから発売されたインスタント焼きそば。毎年期間限定で発売されていた人気の商品ですが、好評につきソースとふりかけのわさびの刺激を増強し、通年商品として販売されました。わさびがしっかり効いていて、マヨネーズとの相性もバッチリ!刺激的な味わいの焼きそばに仕上がっています。わさびが辛くてちょっと涙ぐんでしまうかもしれませんが、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
メーカー希望小売価格180円(税抜)、大盛205円(税抜)

5. 明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ショートケーキ味」

こちらも人気ブランド「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズから発売された「ショートケーキ味」。誰も予想がつかなかった驚きのコラボに賛否両論分かれた焼きそばです。ドライいちごの酸味とソースの甘じょっぱさがなかなか美味しくて楽しいとコアなファンがいるほど。ほのかな甘みを感じる不思議な焼きそば。冬季限定販売なので時季によっては見つけるのがなかなか難しいですが、もし見かけたらお土産に買いたいですね!
メーカー希望小売価格180円(税抜)

 

いかがでしたか?まだまだ日本には変わったインスタント麺があるので、ぜひ訪日観光のときにはチェックしてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

※WOW!JAPANから転載

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^