大紀元時報

【ほっこり池】木造の船

2021年03月24日 15時33分

 その船は今、江東区夢の島の展示館のなかで静かに眠っています。

 「はじめ近海のカツオ漁船として1947年に建造。後に、マグロを獲ったほうが収入になるということで1953年に改装され、第五福竜丸となりました」。そんな説明を、私は十数年前に、この展示船のスクリューのそばで聞きました。

 それにしても松の木材でつくった船です。これで遠洋まで出かけたこと自体、驚きであるとともに、今にのこる木造船の文化財的な価値を感じました。

 当時は船に冷凍設備がないため、獲ったマグロはパラフィン紙に包んで氷漬けにします。第五福竜丸で、その重労働をやっていたのが、当時20歳だった大石又七さんでした。

 その船を見上げながら、ビキニ環礁水爆実験の被爆体験を、大石さんからお聞きしました。3月7日、ご逝去されていたとのこと。合掌。

(慧)                                                            

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^