大紀元時報

【ほっこり池】お相撲さんの日本語

2021年04月01日 15時55分

 立派な「力士」である、ということを前提とすれば、外国人力士ではなく「外国出身の力士」と呼んだほうがよろしいでしょう。

 膝の故障のため、一時は序二段まで番付を下げたモンゴル出身の照ノ富士関が、春場所で3回目の優勝。来場所の大関復帰は確実といわれています。お見事でした。

 人数というより印象からなのですが、モンゴルを筆頭に外国出身の力士がずいぶん多いような気がします。もちろん土俵の上は、国籍に関係ない勝負の世界。壮絶な稽古をつんで関取となり、テレビに映る幕内上位まで上がってくることは、外国出身者にとっても並大抵ではありません。

 それにしても皆さん「いい日本語」を話しますねえ。質問の意味をきちんと理解して、礼儀正しく答える日本語は、外国出身力士のもう一つの魅力であると、相撲ファンの私は思っています。

(慧) 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^