大紀元時報

韓国ソウル・釜山の市長選、与党惨敗 大統領選の前哨戦

2021年04月08日 10時41分
韓国で7日、来年3月の大統領選の前哨戦と位置付けられる首都ソウルと第2の都市釜山の市長選挙が行われ、どちらも与党が惨敗した。写真は出口調査の結果を見守る与党「共に民主党」の党員ら、ソウルで代表撮影(2021年 ロイター/ Jung Yeon-je)
韓国で7日、来年3月の大統領選の前哨戦と位置付けられる首都ソウルと第2の都市釜山の市長選挙が行われ、どちらも与党が惨敗した。写真は出口調査の結果を見守る与党「共に民主党」の党員ら、ソウルで代表撮影(2021年 ロイター/ Jung Yeon-je)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国で7日、来年3月の大統領選の前哨戦と位置付けられる首都ソウルと第2の都市釜山の市長選挙が行われ、どちらも与党が惨敗した。

住宅価格高騰や格差の拡大、政治家の性暴力疑惑、北朝鮮との関係悪化などを巡り、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と与党の支持率はここ数カ月に過去最低に落ち込んでいる。

選挙管理委員会によると、ソウルでは保守系野党「国民の力」の呉世勲・元ソウル市長が57.5%の得票率で、革新系与党「共に民主党」の朴映宣候補(39.2%)に勝利した。

呉氏の勝利は出口調査で予想されていた。呉氏は市内の25区全てを制した。

釜山では、国民の力の朴亨埈・元大統領府政務首席秘書官が62.7%の得票率で、与党候補の金栄春氏の34.4%を上回った。

選挙委員会によると、ソウル市長選の投票率は58.2%、釜山市長選は52.7%で、地方選では初めて50%を上回った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^