大紀元時報

【ほっこり池】気遣いの一歩

2021年4月19日 06時00分

 18日の午前9時29分頃のこと。東京の大紀元オフィスで原稿に向かっていたところ、不気味な揺れを感じました。地震です。やや長く感じたので、船酔いに似た不快感を覚えました。

 気象庁によると、震源地は宮城県沖で震源の深さは50キロ。宮城、岩手で震度4。さいわい津波の心配はなかったのですが、その時、とっさに思ったのは「震源は、どこの地方だ」「もしや東北ではないか。大丈夫か。津波はないのか」。

 これが10年前の震災を体験した私たちの、それ以前とは異なる感覚です。昔なら、自分のところの安否しか考えなかったものですが、今は「他の地方は大丈夫か」まで意識が及びます。

 教訓は、大きな悲しみの中から学び取るもの。「そちらは、大丈夫ですか?」という気遣いの第一歩を、お互いに、すぐさま踏み出せる日本でありたく思います。

(慧)  

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^