大紀元時報

【ほっこり池】民主であること

2021年4月26日 06時00分

 日本の戦後は「民主主義」の時代。それは誠に結構なものですが、民主主義が最も理想的な制度かというと、そうでもないようです。

 当たり前のことですが、民主主義は、国民が不断の努力によって高い教養と理性を維持しなければ、非常にもろく、劣化しやすいのです。ナチスは、ワイマールの民主のなかから生まれた「鬼の子」でした。北朝鮮も、国名にうたうくらい、見事な「民主主義」。まっすぐ挙手して全員賛成ですから、国民を飢餓地獄においても、へっちゃらです。 

 中国の王毅外相が23日、米シンクタンク外交問題評議会のオンライン会合で「中国にも民主はある」と反論したとのこと。噴飯ものです。

 神(あるいは天や大宇宙)という視点を欠くと、民主さえ、悪魔の手中のナイフになります。王毅さん、知っているくせに、悪い冗談を言われますな。

(慧)                                                           

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^