大紀元時報

【ほっこり池】駅ポスターの会話

2021年5月4日 06時00分

 「ねえ、ミライトワ。私たち、どうなるのかしら」

 「うーん、わからない。僕たち、去年からずーっとここにいるけど。何のために、こんなに長く、ぺったり貼られていたんだろうね。ソメイティ」

 「ほんとなら、もっと早く、このバイト終わっていたんでしょ」

 「うん、去年の夏にね。それが東京2020って書いてあるまんま、2021年になっちゃった」

 「私たちのバイトは延長されたけど、人間さんたちは大変みたい。お仕事が突然なくなったりして」

 「そうだってね。この駅を通る人の顔も、なんか寂しそうだよ」

 「ところで、私たち。これが終わったら、バイト代、もらえるのかしら」

 「バイト代じゃなくて、僕たちそのものが、すごく高く買われるんじゃないかな」

 「幻の、っていうプレミアム付きでね」

(慧)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^