大紀元時報
トップ 文化・歴史

文化・歴史

漢字の紐解き 古代中国の物語 歴史人物 古人の知恵
元主席戦略間の愛読書を、トランプ大統領も参考にしているのかもしれない。紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書・孫子(ウィキペディア/Creative Commons)
2017.11.17
中国古代の兵法書
トランプ米大統領、金正恩政権に不戦勝戦略か

「戦わずして相手を屈服させる」ー中国古代の兵法書大作・孫子に記された戦の理だ。核・ミサイル開発を止めず、国営メディアでは物々しい言葉で日本や米国を威嚇する北朝鮮に...

長野県松本市安曇の涸沢カールは紅葉の名所(撮影・野上浩史)
2017.11.12
フォトジャーナル
【写真】山岳信仰、秋山のいただき 紅葉の絶景が広がる「涸沢カール」

風がひやりと冷たくなる秋。山野や木々はカラフルに紅葉して冬支度前のショーを見せてくれる。いち早く紅葉が見れるのは高山だが、特に長野県松本市安曇野の涸沢カールは名所...

(麝影/大紀元)
2017.11.10
親孝行
古希を迎えた老萊子(ろうらいし)

「百善は孝を先となす」。中国の伝統文化において親孝行は重要な要素のひとつ。それにまつわる70歳の古老の逸話があります。

もちもちのおいしい刀削面(NTDTV)
2017.11.09
【美食秘話】刀削麺の知られざる誕生秘話 実はあの王朝と密接に関係していた

日本でも人気の中華料理・刀削面(ダオシャオメン)はもともと山西省の一般家庭の主食でした。太くもちもちの面にパンチの効いたつけ汁を絡めて食べるのも最高ですが、料理人...

(明国 / 大紀元)
2017.11.05
故事
隣人の家を騙し取った男

現世で持っている富や地位は、前世で徳を積んだから。ただし、悪事を働いてそれらを得た人には、相応の報いと災難が待っています。悪事とは、盗み、利己、悪事のそそのかし、...

(AP Photo/File)
2017.10.29
偉人の名言
アインシュタインが残した「幸せの秘訣」 オークションで1億7700万円

今月24日にエルサレムで行われたオークションで、物理学者のアインシュタインがドイツ語で書いた「幸せの秘訣」のメモが、156万ドル(約1億7700万円)で落札されま...

(全景林/大紀元)
2017.10.25
教育
心に響く 古代の賢人の言葉

「イクメン」という言葉がもてはやされ、子育てに積極的な男性が増えています。女性にとっては朗報ですが、子供の忍耐力や道徳心を育てる、真の「イクメン」が増えてほしいと...

北京のカフェ「繁体字」(繁体字咖啡馆/Facebook)
2017.10.22
読書をこよなく愛する台湾女性が開いた北京のカフェ「繁体字」

北京の片隅の胡同に台湾の女性が開いた「繁体字」という名前のカフェが人気を集めている。繁体字とは旧字体の漢字のことで、台湾や香港では使用されているが、現代中国の日常...

神韻芸術団は10月、中秋節を祝うイベントとして中国古典舞踊の技術披露公演を開催した(スクリーンショット)
2017.10.13
神韻
【動画】天神合一しめす技巧の数々 神韻の舞踊

世界トップクラスの中国古典舞踊と音楽を世に披露する、神韻芸術団。10月、拠点とするニューヨークで、中秋節に合わせて中国古典舞踊の技の数々を紹介する公演を行った。そ...

神韻交響楽団9月22日の台北公演で、二胡奏者・孫璐さん、王真さん、戚暁春さんは演奏を披露(大紀元)
2017.10.03
神韻
「伝統と新しさを感じる音楽」日本人ピアニストも堪能=神韻交響楽団・台湾公演

西洋と東洋の伝統楽器を組み合わせて、豊かなハーモニーを奏でる神韻交響楽団は、9月20日から10月3日まで、台湾10都市をめぐるツアーを展開中だ。台湾の芸術界の著名...

仕事は心を込めて、最後まで手を抜かずに(iStock)
2017.10.02
ベストを尽くすこと
引退する大工 最後の仕事ぶりは…?

いつでも何事に対しても、ベストを尽くす事が肝心です。これにまつわる話をご紹介します。

2017.10.01
【日本語に生きる中国故事成語】
愛おしい、あの娘への想いは「一日千秋」

愛おしいあの娘(こ)があそこでクズを摘んでいる。一日会っていないだけなのに、まるで三か月会っていないような思いだ。

(NTD Inspired)
2017.09.20
迫害に屈しない
ユダヤ人の子供たちを救出したポーランドの女性

1940年、外交官として数千人のユダヤ人に「命のビザ」を発給し、彼らを迫害から救出した杉原千畝。ポーランドにも、命の危険を冒しながらユダヤ人の子供たちを救った女性...

9月18日、韓国の高陽Aramコンサートホールで、神韻交響楽団のコンサートが開かれた(ギム・グンファン/大紀元)
2017.09.19
東西文化のオーケストラ
神韻交響楽団2017世界ツアー初来韓公演 次は台湾10都市を巡回

「5千年文明が育んだ音楽」をテーマに、東洋と西洋の伝統楽器のコンビネーションが織りなす豊かな音色を、観客に届けてきた神韻交響楽団。2017年世界ツアーは、初めてと...

(Mizuho)
2017.09.17
日本語に生きる中国故事成語
「美人薄命」その輝きを惜しむ

2009年8月に「好感度No.1女優」として親しまれていた大原麗子さんが亡くなった。享年62歳。1999年にギラン・バレー症候群を患って以来、芸能界から遠ざかって...

(iStock)
2017.09.15
【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

中国三国時代、呉国に孟宗(もう そう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作...

(Fotolia)
2017.09.14
誰かが必ず見ている
【故事】悪事は隠せない 夢を見て悟った男

昔、子供がいたずらをすると年配の人がよく「お天道様がみているよ」と言って諭したものです。善行も悪行も、天がすべて見ているという感覚を養うことは、子供の躾において良...

麻雀の役にもある「国士無双」の由来は?(ぱくたそ)
2017.09.10
日本語に生きる中国故事成語
麻雀の役にもある「国士無双」その由来は?

マージャンをたしなむ方ならおわかりでしょうが、「国士無双」とは、字牌7種と一九牌6種を1枚ずつ揃え、そのうちのどれか1種をもう一枚加えて雀頭(ジャントウ)としたあ...

あの世には、人間の行いがすべて記録された帳簿があるという(fotolia)
2017.09.05
故事
徳を使い果たした官吏

古代中国では、徳は前世に積むものだと言われていました。徳が多ければ今世は財産や地位に恵まれ、少なければ貧困と災難に苦しみます。徳の多少に狂いはなく、使いすぎれば、...

空飛ぶタクシー。タクシー乗り場が空中にある(ウィキペディア)
2017.08.31
SFの世界?
100年前のフランス人が想像した現代人の生活(下)

いつの時代も、人類は豊かな想像力とたゆまぬ努力によって技術的な進化を遂げてきました。100年前のフランス人が考えた今の社会は、一体どのような様子なのでしょうか。S...

奇跡の回復を遂げたワン・ サンタイ医師(スクリーンショット/大紀元合成)
2017.08.30
生死の境を彷徨った
心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよ...

「扇枕温衾」(枕を仰ぎ、ふすまを温む)。父親思いの子供のお話です(shutterstock)
2017.08.28
親孝行
【二十四孝】枕を涼しくし、布団を温める

漢の時代、江夏安陸(現在の湖北省安陸市)という所に、黃香(こうこう)という孝子がおり、9歳の時に母を亡くしました。家が貧しいことを知っており、子どもながらも苦労を...

(iStock)
2017.08.26
古代の徳
命がけでお互いをかばい合う、義理の親子 

義理の親子が仲睦まじく暮らすのは、時に難しいものです。でも、この物語では、ある少女が継母の死刑の罪をかばおうとし、そして継母も少女を命がけで守ろうとします。決して...

100年前のフランス人が想像した現代。空を飛ぶ宇宙船が戦争している(ウィキペディア)
2017.08.25
当たらずとも遠からず?
100年前のフランス人が想像した現代人の生活(上)

1900年頃の人たちがイメージした100年後の世界はどんなものだったのでしょうか? 当時、フランスの著名なアーティストたちは「France In the Year...

(Flickr/Robin Zebrowski)
2017.08.23
度量の広いリーダー
部下の裏切りを許した武将

三国志に登場する天下人・曹操(そうそう)。当時の歴史をドラマチックに描いた「三国志演義」の影響から、冷酷で計算高い人物とされていますが、実は部下からの信頼が厚く、...

(大紀元資料室)
2017.08.12
夫婦の絆
嫁は顔よりも性格

古代の中国の子どもが習ったという「三字経」。その儒教の教えの中に、君臣の義(ぎ)、父子の親(しん)、夫婦の順(じゅん)という三網(さんこう)が出てきます。この三つ...

NTD Inspired
2017.08.04
便利なものばかり
130年前にすでに食洗機が 女性が発明した家電と日用品

いつの時代においても、家事は重労働。多くの女性が掃除、炊事、洗濯、育児と朝から晩まで働き、忙しい日々を送っています。特に女性が社会進出するようになってから、すべて...

福の多い人生を送るには、まず徳を積むこと(Fotolia)
2017.07.31
古人の知恵から学ぶ
人生絶頂だった人が転落するのはなぜ?

億単位の宝くじに当たったのに、あっという間に使い果たして貧乏暮らしに逆戻りした人の話を聞いたことはありませんか?あるいは、人気絶頂だったスターがいつのまにか忘れ去...

罪をとがめるより更生を励ます(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2017.07.28
1900年前の中国典故
罪をとがめるより更生を励ます

悪行を改めるよう、寛大な心で更生を励ますことは、良知ある人を育てることに繋がる、というお話。1900年も前の物語とされる、「元」泥棒と賢人の典故を紹介します。出典...

突出した才能で清朝の最盛期を築いた康熙帝(Public Domain)
2017.07.23
日本と中国の深いつながり
シンプルな数学用語 発明したのは康熙帝(こうきてい)

学生時代、「数学は苦手だった!」という人も多いでしょう。でも、「二元一次方程式の解を求めよ」という問題や、「元」「次」「根(解)」という言葉は覚えているのではない...

^