大紀元時報
トップ 自然・科学

自然・科学

研究 動物(かわいい&感動) 自然 宇宙 ハイテク スピリチュアル
(swong95765/Flickr)
2018.03.23
新紀元
植物にも感情がある (四)

偶然にリュウゼツランの実験から、植物にも感情があることを発見したバクスター氏は、その後一連の実験を引き続き行った。バクスター氏は一つの規律を見つけた。すなわち、質...

3Dプリントで24時間4000ドルで完成した住宅(NewStoryホームページより)
2018.03.19
最新技術
3Dプリント住宅 わずか24時間、42万円で完成 

起工からマイホーム入居までの数カ月間は、とても待ち遠しく感じるもの。ところが、新しい家具、家電、ホームデコまであなたに新生活準備の時間を与えてくれないほど、あっと...

英著名物理学者スティーブン・ホーキング博士が3月14日死去した。(写真はhawking.org.ukより)
2018.03.15
英ホーキング博士が中国に複数回警告「宇宙人と接触しないように」

英著名物理学者スティーブン・ホーキング博士(76)が14日死去した。生前、博士はこれまで世界最大口径の球面電波望遠鏡FAST、「中国天眼」の建造に反対してきた。中...

植物に電極を繋ぐ実験を行ったバクスター氏(右)とシニア・ヘグ氏。リュウゼツランの花の実験は、植物の感知に対する人々の認識を改めた
2018.03.12
新紀元
植物にも感情がある (三)

クリーヴ・バクスター(Cleve Backster)氏と彼の同僚はさらに、植物の種類や嘘発見器の種類を変え、全国各地にある研究機関をまわり、同様の実験を行った。実...

電気反応測定機器
2018.03.08
新紀元
植物にも感情がある (二)

1966年2月2日、バクスター氏はニューヨークにある実験室で、彼の一生の中で最も重要な発見をした。 

(swong95765/Flickr)
2018.03.04
新紀元
植物にも感情がある (一)

人類は、自分たちが「万物の霊長」であり、感情と思考があり、喜怒哀楽を表現し、クリエイティブに新しいものを発明できると認識してきた。一方、植物は感覚器官もなく知恵も...

事実上の偵察衛星である光学6号機を搭載した、日本の主力大型ロケットH2Aは、2月27日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。政府は、衛星が軌道に乗り、プロジェクトの成功を発表した(NASA)
2018.02.28
【動画】日本の情報収集衛星・光学6号機を搭載したロケット、打ち上げ成功 

核・ミサイル関連施設などを監視できる情報収集衛星・光学6号機を搭載した、日本の主力大型H-2Aロケット38号機が27日13時43分、鹿児島県の種子島宇宙センターか...

ギリシアのアテネ、スニオン岬(Cape Sounion)の「海神古廟」の後から昇る満月(写真・AFP)
2018.02.22
月は人工の物体か?=科学者の推測

宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入った。今までの研究結果から見て、一部の科学者は、月は...

万里の長城に使用されたモルタルは石灰だけ使用したモルタルよりも強度が強く、耐水性があり、歴史上最も優れた技術の一つだという(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2018.02.11
温故知新
忘れ去られていた技術 千年経っても万里の長城が崩れない理由

最新の研究によると、現在のアジア人が主食の一つとしているもち米は、中国古代において強度の非常に強い工業モルタルとして使われていたことがわかった。またこの種類のモル...

(Flickr.com | Waiting For The Word)
2018.01.29
夢で教えてくれた
神様へのインタビュー「今の人間を見てどう思いますか?」

ただの空想かもしれないし、潜在意識からのメッセージかもしれません。でも、夢の中で聞いた言葉には威厳があり、その声は慈愛に満ちていました。神様からのシンプルなアドバ...

シワッツ教授は体のすべての臓器に「細胞記憶機能」があり、この機能が移植された臓器とともにほかの人の体に移りうると指摘している(PhotoAC)
2018.01.21
からだのふしぎ
移植臓器に生前の記憶が残存か?

人の記憶と性格は、移植された臓器とともに、他人の身体に転移することがありうるのか?この現代生命科学の常識を超えた問題に対して、多くの科学者は議論さえもしたがらない...

(Epoch Times Uplift)
2018.01.10
37秒後に生還
自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。

(Pixabay)
2018.01.08
やっと会えたね!
【動画】ホームレスの男性とワンちゃんの再会 

何か手違いがあったのでしょうか。米ジョージア州アトランタにいるホームレスの男性が飼っていたワンちゃんが、ドッグ・シェルターに送られてしまいました。次の日の朝には会...

2018年1月3日、ナイアガラの滝。寒波に見舞われ滝は真っ白に(GEOFF ROBINS/AFP/Getty Images)
2018.01.07
冬の絶景
ナイアガラの滝 大寒波で完全凍結近し

2018年を迎えて、北米大陸は広範囲に記録的な大寒波に見舞われている。アメリカとカナダの国境付近にある観光名所「ナイアガラの滝」は完全凍結に近い状態になり、幻想的...

新年早々、世界各地でスーパームーンが観測された。(Matt Cardy/Getty Images)
2018.01.03
スーパームーン、新年の夜空で凛とした美しさ

地球から最も大きい満月が見える「スーパームーン」が新年早々2日未明、各地で観測された。

(Jean-Pierre Clatot/AFP/Getty Images)
2017.12.29
科学の向こう側
地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちた...

(Epoch Times Uplift)
2017.12.25
体内に2つのDNAが
生まれつきのアザ 原因は双子の姉妹

物ごころついた時から、「他の女の子みたいになりたい」という強い願望があったと話すタイラー・ムールさん(Taylor Muhl)。また、彼女の記憶では、何度も母親に...

(Pet Lovers/Screenshot)
2017.12.24
動画
筋肉系スタントマンと子犬のパフォーマンスに注目

サーカス一家に生まれ育ったクリスチャン・ストイニヴさん(Christian Stoinev)。引き締まった肉体で演じる隙のないパフォーマンスは、まさに訓練のたまも...

新石器時代遺跡群の中でも、最大の羨道墳とされるニューグレンジ(アイルランド大使館)
2017.12.21
先史文明の荘厳な仕掛け
世界遺産ニューグレンジ 冬至の不思議な光景

アイルランドは、ミース県のニューグレンジで見られる、世界最古とされる冬至現象の再発見から50周年の記念日を祝う。首都ダブリンからおよそ50キロメートルの距離にある...

(NTD Inspired)
2017.12.13
人生で一番大切なもの
最後の時を迎えた王様 4人の妻たちの言葉は?

地位と名誉に恵まれ、割と順調だった人生を終えようとする間際。王様は死の床で、何を思ったのでしょうか。何に執着していても、人間があの世に持って行けるものはただ一つ。...

(Hello Little – Milwaukee/Facebook)
2017.12.03
ぬいぐるみ?
子猫と赤ちゃん 寄り添う姿に癒やされる 

子猫が赤ちゃんに寄り添っている動画が話題を呼んでいます。赤ちゃんの名前はライニー(Lainey)、子猫はカメラマンの11番目のペット、イレブン(Eleven)。ビ...

NTD Inspired
2017.12.01
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

犬顔のコウモリ。フルーツが大好きだという(スクリーンショット)
2017.11.30
ちょっと不気味だけど可愛い
犬そっくり!フルーツバット

犬がコウモリ傘をかぶっている?そんな錯覚に陥りそうになるのが、フルーツバット。名前のごとく、フルーツが大好きなコウモリです。

アゴの骨2カ所を折るほど激しい虐待を受けていたルーシー(NTD Inspired)
2017.11.22
うそも方便
犬を虐待から守れ!嘘をついてエジプトからレスキュー

「犬を飼う人は犬好き」というわけでもなさそうだ。中には、虐待を繰り返す飼い主もいる。2015年末、エジプトにいた子犬のルーシー(犬種・ピットブル)は日常的に暴力を...

30年以上オーラの研究を続けているKorotkov氏 (Konstantin Korotkov氏提供)
2017.11.16
病気も感情も分かる? オーラで人体を診断=ロシア科学者

人を見た目で判断してはいけないが、いわゆる「気配」や「雰囲気」を感じ取ることはないだろうか。陰気な人と一緒にいると、こっちも気が滅入ってきたり、エネルギッシュで明...

2016年11月、ニューヨークの国際会議に出席したスコット・ケリー氏 (Brian Ach/Getty Images for LocationWorld 2016)
2017.11.07
NASA
宇宙滞在は人体にどんな影響がある?双子で研究

ほぼ一年間、宇宙空間で生活した宇宙飛行士スコット・ケリーさん(Scott Kelly)と、彼の双子の兄の身体機能や認知能力を比較する研究が始まっている。

(Pixabay)
2017.11.03
アラスカでの経験
狼を助けたことから学んだこと

高い知能を持ち、集団生活を好むため、飼いならすのは難しいとされる狼。しかし、時には人間との心温まる交流があるようです。新唐人テレビで伝えられた狼のお話をご紹介しま...

新素材で補強したブロック塀の耐震実験(University British Colombia)
2017.11.01
東日本大震災レベルM9でテスト 強耐震コンクリ補強素材を発明=カナダUBC

カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)が、東日本大震災もの非常に強い地震にも耐えられるというコンクリート補強繊維素材を発明した。しかも、スプレーのように外...

(AP Photo/File)
2017.10.29
偉人の名言
アインシュタインが残した「幸せの秘訣」 オークションで1億7700万円

今月24日にエルサレムで行われたオークションで、物理学者のアインシュタインがドイツ語で書いた「幸せの秘訣」のメモが、156万ドル(約1億7700万円)で落札されま...

臨死体験をしたピーター・アンソニーさん(Courtesy of Peter Anthony) (Background photo: Jesse Krauss)
2017.10.13
サイキックで事件を解決
臨死体験のあと 数字の虜に

生と死の狭間にいた時に見る、不思議な光景。光、トンネル、花畑―そのパターンは様々だが、生還した人々は死を恐れなくなり、人生をポジティブに捉えるようになる。また、一...

^