大紀元時報
トップ ライフ

ライフ

教育・道徳 健康・美容 ダイエット 漢方・薬膳 フード リラクゼーション
Scott Olson/Getty Images
2019.08.25
トマトケチャップを盗んだ報い 新品を返し手紙で謝罪

「誤りを知って、それを改めることほど素晴らしいことはない」と言います。 アメリカニュージャージー州のとあるレストランは、最近奇妙な体験をしました。ある白人が、レ...

Pixabay / Jonny Lindner
2019.08.24
人の言葉を理解できる「賢いゾウ」、落ちた帽子を持ち主に返す=台湾

近頃、ある観光客が台北動物園に行きましたが、帽子がゾウ舎の溝に吹き込まれました。子供たちはゾウ舎のゾウに助けを求めたら、意外にもゾウがさわやかに帽子を投げ返してく...

(Illustration - The Epoch Times)
2019.08.24
マッチ棒を使ったパズル 柔軟な思考力をテストしてみませんか?

論理的思考を向上させる目的からロジックパズルは考案されましたが、月日が経ってもその魅力は色褪せることがありません。マッチ棒を使ったパズルは一見単純に見えますが、実...

私たちが子供の頃に混沌とした関係で学んだ戦略を適用すると、彼らは私たちの大人の関係と個人的な成長を損なうことができます。 (Alejandro J. de Parga/Shutterstock)
2019.08.24
不幸な家庭環境で育った子どもが健全な人間関係を築くために

不幸な家庭環境で育った子どもたちが大人になると、健全な人間関係を築くことが困難になる。彼らは自分のために声をあげたり、だれかの行動を批判することをあまりにも危険だ...

(YouTube Screenshot , Nick Alberino)
2019.08.24
「愛しているよ」と眠っている赤ちゃんにパパがささやくと

世界中のお父さん、こんにちは!赤ちゃんが産まれる際に、お父さんはお母さんよりも余分の努力を払わなければいけません。なぜですかって?赤ちゃんはお母さんのお腹の中で9...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.24
傷ついた孫に祖母の教訓 にんじんと卵とコーヒー

名言は大切な教えを印象づけてくれます。読者は本から恩恵を得ることができます。今日はささやかなお話をひとつ楽しんでくれることを期待しています。

Pixabay
2019.08.24
犬が癌を嗅ぎ取る 確実性が高く専門家も注目

アメリカの研究者は、犬の嗅覚受容体は人の1万倍正確であり、人が感知できない匂いや異常も敏感に嗅ぎ取ることができると報告しました。彼らは新しい研究の中で、犬は肺癌を...

(NTD.TV)
2019.08.24
小指の占いであなたの性格が明らかに!

人の性格が小指の大きさで分類できたらすばらしいと思いませんか?昔から人を性格で分類することが行われてきました。現代では、心理学が人の性格の特徴を5つの要素で判断し...

Shutterstock
2019.08.23
不満を言う習慣を変えるたった1つの方法

あなたは会社の不平不満を口にしていませんか?ギシギシ音を立てるホイールは油をさしてもらえますよね。それと同じで、声を上げれば返事が返ってくるかもしれません。でも忘...

(Illustration - The Epoch Times)
2019.08.23
マッチ棒を使ったパズルに挑戦してみませんか?

論理的思考を向上させる目的からロジックパズルは考案されましたが、月日が経ってもその魅力は色褪せることがありません。マッチ棒を使ったパズルは一見単純に見えますが、実...

2019.08.23
夢の中で神さまが授けた3つの技術

夢の中で技術を授かるという言い伝えは近代にも多くあります。3つの例をご紹介しましょう。

NTDTV
2019.08.23
心に決めた約束を守る王子

中国春秋時代の呉国、つまり現在の江蘇省一帯はかつて神秘的な雰囲気が漂う土地でした。当時は辺境だったものの「孫子の兵法」の誕生の地として神に選ばれました。有名な呉越...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.08.22
古き良き時代のなごり 日本のお辞儀

日本ではお辞儀を見ない日はありません。お辞儀は日本を代表する習慣となっています。しかし、そもそもなぜお辞儀をするのでしょうか?

(Peter Ziegler/Pixabay)
2019.08.22
高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。

(Photographee.eu/Shutterstock)
2019.08.22
「老い」に対する認識の変化

私は現在66歳ですが「高齢者」の認識は変わってきているように感じます。そう感じているのは私だけではないはずです。

(AJP/Shutterstock)
2019.08.22
なぜ言おうとしたことを忘れてしまうのか?

やることや言うことを忘れることは、みんなに起こることなのです。 部屋に入ってから、何を探していたか思い出せなかったことがありますか? 一度に複数かのことを考えて...

(Minghui)
2019.08.22
『重度に落ち着きがない』子供たち 簡単なエクササイズで変化

子供にとって、健全な教育と道徳的な指針は必要不可欠である。環境は、子供の発育に大きな役割を果たしている。家庭内や学校などどこにいても、子供は周囲の出来事や出会う人...

(Edward Cisneros/Unsplash)
2019.08.22
アンチエイジングの知恵  長生きと若返りに関するウソ・ホント

私たちのおばあちゃんの時代には、女性は36歳で老齢期の入り口に立たされていた。女優のベティ・ホワイト(97)や俳優のディック・ヴァン・ダイク(94)がハリウッドス...

(Lotus Images/Shutterstock)
2019.08.21
有機栽培のりんご 普通のりんごとの違いは?

有機栽培で育てられたりんごは、従来通りの方法で育てられたりんごよりも細菌の種類が豊富なことが新たな研究でわかりました。どちらのりんごも栄養は同程度含まれていますが...

(Rido/Shutterstock)
2019.08.21
科学者たちが考えた 幸福になる3つの方法

国際ポジティブ心理学会の世界会議で幸せになる方法として、斬新な3つの方法が提示されました。それは、前向きな孤独、活発さを感じること、未来志向です。

臺灣熱氣球嘉年華facebook
2019.08.21
記憶喪失の母への告白、熱気球会場で数千人の観客が感動

22日の夕方、高雄市鳳山出身で38歳の朱婉怡さんは、63歳になる母親を連れて鹿野高台に熱気球の演出を見に来ました。母親は非定型パーキンソニズムにより記憶喪失に苦し...

(Pixels, Shutterstock)
2019.08.21
心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

心臓疾患による死亡者は、米国だけでも毎年61万人に達しており、南北アメリカでは男女ともに死因のトップとなっています。性別、民族、家系的な遺伝要因とは異なり、心臓疾...

(Monkey Business Images/Shutterstock)
2019.08.21
60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.20
なけなしのお米を「分け与えた」物乞いが「与えられたもの」

人生の教訓となる言葉の数々、それが格言です。「与える心に多くが集まる」「与えることによって与えられる」こんな格言がぴったりの昔話をご紹介させて頂きます。

(YouTube Screenshot | Inside Edition)
2019.08.20
巨大腫瘍を持った赤ちゃん、驚きのビフォーアフター

この少女には生まれつき巨大な腫瘍がありました。両親は彼女の将来を心配していましたが、幸いなことにニューヨーク市の優秀な外科医に出会い、劇的な変貌を遂げました。

Antonio Doumas / Pixabay
2019.08.20
世の中の出会いは お別れ後の再会 〜 借金回収のために3回生まれ変わる 〜

世の中の出会いはお別れ後の再会です。中国の民間伝説では、恩を報いるため、または借金を取り立てるために生まれ変わる物語が多くあり、世の中の出会いは偶然ではなく、前世...

(Photo courtesy of Jeniffer Hindieh)
2019.08.20
愛しのピットブルと分かち合う ウェディング・パーティー

一人の女性が自分の結婚式のために自分のペットにウェディングドレスを買った。それだけでなく一緒にバージンロードを歩くことを計画したり、犬用のケーキまで用意している。...

(Courtesy of Paul Minne Photography)
2019.08.20
内なる敵と戦う方法 ある武術家の発見

テレサ・バーン(Theresa Byrne)は子供の頃、映画“The Karate Kid”を見た時から、登場人物であるミヤギ老人(空手の使い手)にあこがれていま...

(Getty Images | LEON NEAL)
2019.08.20
いじめられっ子の歌手がBGTのステージに立ちすくむも、その歌声に審査員らは驚愕

音楽的才能を秘めた2人の高校生ジョナサン(17)とシャーロット(16)は、オーディションのためブリテンズ・ゴット・タレント(BGT)のステージに立った。審査員のサ...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.20
保健所から引き取られて笑顔が止まらないピットブル

一部のピットブルが攻撃的なのは、犬種ではなくしつけが原因であることが研究によって明らかにされている。人間の家族が適切に世話をすれば、頭でっかちで毛が短いこの犬は、...

^