大紀元時報
トップ 国際

国際

10月16日、韓国と北朝鮮は、国連軍司令部(UNC)を含めた初めての3者協議を開いた。写真は2018年4月、韓国坡州市から北朝鮮方向を撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)
朝鮮半島非武装化に向け初の3者協議、南北と国連軍
2018.10.17
 10月16日、安倍首相の訪中では、日中両国でイノベーションや知的財産について協力を進めるため新たな枠組みが作られ、議論が進展する見通しだ。2016年、中国・杭州で行われた首脳会談で撮影(2018年 ロイター/Etienne Oliveau)
焦点:安倍首相の訪中、知財新対話が目玉に 得意分野の補完目指す
2018.10.16
10月9日、国外では、ロシアの軍事スパイはヘマばかりするとして嘲笑の対象になっている。写真は、瞳に写ったロシア連邦軍参謀本部情報総局のロゴ。4日撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)
焦点:スパイ騒動で浮かび上がるロシア軍の「戦時モード」
2018.10.16
 10月16日、マティス米国防長官は、トランプ大統領から全面的に支持していると伝えられたと述べた。ブリュッセルで7月撮影(2018年 ロイター/Pablo Martinez Monsivais)
トランプ米大統領、マティス国防長官を「100%支持」
2018.10.16
 10月16日、茂木敏充経済再生担当相は、米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国の在日大使と懇談したことを明らかにした。写真は会見する同経済再生担当相。昨年8月に東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)
来年早々のTPP11発効に向け主導的役割果たす=茂木再生相
2018.10.16
10月15日、サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった問題で、サウジ当局は、同氏に取り調べを行ったところ誤って死亡させたとする報告書を準備しているという。写真は、イスタンブールのサウジ領事館に到着するトルコ警察当局。15日撮影(2018年 ロイター/Murad Sezer)
サウジ、失踪記者の死亡認める報告書を準備=CNN
2018.10.16
10月15日、マクロン仏大統領(写真)は、フランスに北朝鮮の非核化を支援する用意はあるものの、北朝鮮はまず詳細なコミットメントおよび核兵器や弾道ミサイルなどを廃棄する真の意向を示すべきだとの見解を明らかにした。パリのエリゼ宮で代表撮影(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)
北朝鮮に真の非核化意志あれば、支援可能=マクロン仏大統領
2018.10.16
 10月14日、インドネシア・バリ島で週末に開催された国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会は、中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」への風当たりが強くなっていることを印象付けた。バリ島で12日撮影(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)
焦点:色あせる中国「一帯一路」、国際金融の舞台で矢面に
2018.10.16
 10月16日、オーストラリアのモリソン首相は、エルサレムをイスラエルの首都として認定し、在イスラエル大使館をテルアビブからエルサレムに移転することを検討すると明らかにした。写真は会見する同首相。8月にキャンベラで撮影(2018年 ロイター/David Gray)
豪首相、エルサレムをイスラエルの首都と認定すること検討へ
2018.10.16
 10月16日、菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で、米国のムニューシン財務長官が先週末のG20財務相・中央銀行総裁会議後、日米通商交渉においても為替条項を協議していく意向を示したことについて、両国の財務相間で緊密に協議することだと述べた。写真は首相官邸に到着する同官房長官。昨年7月に東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
為替条項については日米財務相間で緊密に協議=菅官房長官
2018.10.16
 10月14日、トランプ米大統領は同日放送されたCBS番組の「60ミニッツ」のインタビューで、大統領就任から2年近くだったが、大統領職は「心地良い」との感想を漏らした。写真は演説する同大統領。リッチモンドで13日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
大統領職は「心地良い」=トランプ氏
2018.10.15
 10月12日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、貿易、国際問題、軍事、政治の分野で中国は行動を是正する必要があるとし、トランプ政権として対中国政策を一段と強硬にする考えを明らかにした。写真はワシントンで3日撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)
米政権、対中国政策を一段と強硬に 貿易・軍事など=大統領補佐官
2018.10.15
 10月15日、2018年度第1次補正予算案の全容が分かった。自然災害からの復旧・復興に加え、公立学校の猛暑対策を柱に歳出を9356億円追加する。写真は国会議事堂。東京で2016年7月に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
歳出追加9356億円、国債増発は6950億円=18年度1次補正で政府筋
2018.10.15
 10月15日、韓国の与党「共に民主党」の李海チャン代表は、ローマ法王フランシスコが来春に北朝鮮を訪問することを希望していると聞いたと述べた。写真は手を振るローマ法王フランシスコ。14日にヴァチカンで撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)
ローマ法王、来春に訪朝希望─韓国与党代表=聯合ニュース
2018.10.15
 10月13日、ムニューシン米財務長官は訪問先のインドネシア・バリ島で、日本を含むあらゆる国との今後の通商協議で、通貨安誘導を防ぐための為替条項を求めていく意向を示した(2017年 ロイター/Thomas White/Illustration)
日本などとの通商協定、今後は為替条項求めていく=米財務長官
2018.10.15
 10月14日、関係筋が明らかにしたところによると、安倍晋三首相(写真)は15日の臨時閣議で、2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、予定通り実施する考えを表明する。増税に伴って景気が腰折れするのを防ぐため、住宅や自動車購入にかかる税負担軽減など対策も指示する見通しだ。6月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)
安倍首相、来年10月の消費増税表明へ 負担軽減策も指示=関係筋
2018.10.15
 10月13日、ムニューシン米財務長官は、中国の当局者らと会談した際、中国側が人民元のさらなる下落は国益にかなわないとの認識を示したと明らかにした。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White/Illustration/File Photo)
中国、さらなる人民元安は国益にかなわないと認識=米財務長官
2018.10.15
10月14日、トランプ米大統領は、マティス国防長官(写真)が辞任するかどうかは分からないが、辞任するかもしれないと述べた。ワシントンで9日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
マティス国防長官、辞任するかもしれない=トランプ氏
2018.10.15
 10月15日、安倍晋三首相は政府与党政策懇談会で、豪雨・台風などの自然災害が相次ぐ現状を踏まえ、追加歳出9400億円程度の2018年度第1次補正予算案を編成する考えを示した。写真は会見する同首相。2日に東京の首相官邸で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)
被災地の復旧・復興に全力、臨時国会に速やかに提出=18年度1次補正予算で安倍首相
2018.10.15
 10月13日、トランプ米大統領は、トルコで拘束されていた米国人牧師アンドリュー・ブランソン氏の釈放は、両国関係の改善に向けた「とてつもなく大きな」前進だと述べた。ただ、トルコ政府との間で取引があったとの見方は否定した。釈放後、大統領執務室で同大統領(右)の肩に手を置き祈るブランソン氏(左)。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/MIKE THEILER)
トランプ米大統領、牧師釈放でトルコに謝意 取引は否定
2018.10.15
10月4日、ホワイトハウスの西棟にあるジョン・ボルトン氏の執務室の壁には、国家安全保障問題担当の大統領補佐官として自身が最も誇りとしている成果を記念する品が飾られている。ホワイトハウスで8月、トランプ米大統領の隣で軍事ブリーフィングを聞くボルトン氏(2018年 ロイター/Carlos Barria)
焦点:超タカ派のボルトン米補佐官、イラン強硬策の旗振り役に
2018.10.14
 10月12日、韓国統一省は、先月の南北首脳会談での合意内容の履行に向けて協議するため、韓国と北朝鮮が軍事境界線がある板門店で15日に閣僚級会談を開催すると発表した。写真は握手を交わす金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領。平壌で9月撮影(2018年 ロイター/Pyeongyang Press Corps)
韓国と北朝鮮、15日に板門店で閣僚級会談開催
2018.10.13
 10月12日、ムニューシン米財務長官は、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁に、今後の米中通商協議では為替問題が議題に含まれなければならないと述べ、最近の人民元の下落に懸念を表明したことを明らかにした(2018年 ロイター/Johannes P. Christo)
インタビュー:米中通商協議、為替が議題に含まれるべき=米財務長官
2018.10.13
 10月12日、トルコの裁判所は、テロ関連の罪で有罪判決を受け拘束されていた米国人牧師のアンドリュー・ブランソン氏を釈放する決定を下した。写真はイズミルの自宅に戻ったブランソン氏ら(2018年 ロイター/Demiroren News Agency)
トルコ拘束の米国人牧師が釈放、対立緩和に向け重要な一歩に
2018.10.13
 10月12日、韓国の文在寅大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「完全な」非核化を達成するため、すべての核兵器、原料、施設を廃棄する意向だと述べた。ニューヨークで9月撮影(ロイター/Carlo Allegri)
北朝鮮の金委員長、すべての核兵器を廃棄の意向=韓国大統領
2018.10.12
 10月12日、中国国家能源局(NEA)が発表した調査報告書で、同国北西部、寧夏回族自治区の太陽光発電プロジェクトの多くが事業の継続に苦慮しており、「破産リスク」に直面していることが分かった。写真は河北省の太陽光発電パネル。2016年3月に撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)
中国北西部の太陽光プロジェクトが破綻の危機、補助金の遅れで=報告
2018.10.12
 10月12日、菅義偉官房長官は、外国人材の受け入れ・共生に関する関係閣僚会議で「全国の中小事業者で人手不足が深刻化しており、即戦力となる外国人の受け入れが急務」と述べた。写真は首相官邸に到着する同官房長官。昨年7月に東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
人手不足で即戦力の外国人受け入れ急務、十数業種から要望=菅官房長官
2018.10.12
 10月12日、政府は、外国人材の受け入れ・共生に関する関係閣僚会議で来年4月の導入を目指す新制度の概要を示した。写真は東京入国管理局内部の様子。2015年12月に東京で撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)
外国人材、熟練認定で永住など可能に 官房長官「人手不足で急務」
2018.10.12
 10月12日、茂木敏充経済再生相(写真)は閣議後会見で、米国発の連日の株安を受け、「過去最高の企業収益や雇用所得環境の改善など日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)はしっかりしている」とコメントした。昨年11月にベトナムのダナンで撮影(2018年 ロイター/Nguyen Huy Kham)
金融市場、一日一日の動きでなく長期トレンド注視=茂木経済再生相
2018.10.12
 10月11日、韓国の兪興植(ユ・フンシク)カトリック司教は、ローマ法王フランシスコの北朝鮮訪問は「実現可能な夢」であり、朝鮮半島和平に向けた大きな一歩になるとの考えを示した。会見する同司教。ヴァチカンで撮影(2018年 ロイター/MAX ROSSI)
ローマ法王の訪朝は「実現可能な夢」=韓国司教
2018.10.12
^