トップLIFE 歴史人物

歴史人物

パブリックドメイン
古代中国の名医「扁鵲」の神業(2)
患者の魂が肉体から離れるのを見る

『史記』の記録には、扁鵲の治癒についての驚くべき物語が記されています。扁鵲は、昏睡状態にある患者の覚醒の瞬間や、将来の結果を予測することができました。 その患者...

2021/09/16
扁鵲(へんじゃく)は、2500年以上前に、孔子(こうし)と同時代を生きていました。中国の歴史上において、公式に記録され、認められた最初の古代療法士です。 壁や人体を見通すことができる能力を持ち、治癒力があることが史料でも証明されています(NISH / PIXTA)
神医扁鵲(1)
仙人は「扁鵲」を弟子とし 彼の天目を開いた

扁鵲(へんじゃく)は、2500年以上前に、孔子(こうし)と同時代を生きていました。中国の歴史上において、公式に記録され、認められた最初の古代療法士です。 壁や人体...

2021/09/15
topic_bv / PIXTA
釈迦牟尼仏が選んだ悟りを開く場所

唐代の玄奘三蔵(三蔵法師)は自らの著作である『大唐西域記』で、釈迦牟尼仏が選んだ悟りを開く場所についてこのように記しています。

2021/09/14
古代の小説『封神演義』では、千年生きた憑き物(狐狸の精霊)が、冀州侯の娘、妲己の魂を滅ぼして身体を手に入れた事が伝えられています(PhDreams / PIXTA)
歴史文書に見られる憑き物の災禍 
妲己に蠱惑され国を滅ぼした紂王

古代の小説『封神演義』では、千年生きた憑き物(狐狸の精霊)が、冀州侯の娘、妲己の魂を滅ぼして身体を手に入れた事が伝えられています。後宮に入った妲己は、その美貌で紂...

2021/09/13
( *chaco* / PIXTA)
神医華佗の物語(5)
不思議な不老養生術

華佗(かだ)は、世界的に普及している奇跡的な養生術「五禽戯(ごきんぎ)」を考案しました。 それは若さの維持、更には若返りの効果があるとも言われています。華佗自身は...

2021/09/10
イメージ写真(topic_v6 / PIXTA)
神医華佗の物語(4)
華佗が名医と呼ばれた所以 心理療法

華佗の使った「心理療法」はとても面白く、奇跡的なものでした。 ある県では、武官が重い病気にかかっており、診察を終えた華佗は病室から出て、その武官の息子に「あなたの...

2021/09/09
イメージ写真 ( *chaco* / PIXTA)
神医華佗の物語(3)
胎内に残された死産児を見極める

重い病気にかかった女性がいました。彼女は、腰が痛くて、食べることも飲むこともできず、治療のために華佗のもとへ訪れました。華佗は脈を見たところ、その女性は妊娠中に怪...

2021/09/08
HiroS_photo
神医華佗の物語(2) 
生と死を診断する

華佗(かだ)は手術の名手であるだけでなく、内科の分野でも奇跡を起こしていました。華佗は、患者の顔や姿を見るだけで、その人の運勢を正確に判断し、生死までも予見するこ...

2021/09/06
gandhi / PIXTA
佛家物語 修行の成就は師父のおかげ

釈迦牟尼佛がいた時代に、目犍連(もくけんれん)と呼ばれる釈迦牟尼佛の弟子がいました。目犍連の身に多くの神通力が現れたため、修行僧の間ではとくに有名でした。しかし、...

2021/09/05
アルンコ / PIXTA
神医華佗の物語(1)
全身麻酔での手術

東漢末期の三国時代に、世界で初めて麻酔薬を発明し、外科手術で全身麻酔を使用した元祖とも言われる有名な民間の医師、華佗(かだ)がいました。

2021/09/03
(MH / PIXTA)
佛家物語 恐怖心のない釈迦牟尼佛

ある日、釈迦牟尼佛は古代インドのマガダ国へやってきて、救うべき衆生を救うために佛法を伝えました。当時、釈迦牟尼佛は摩鳩羅山に住んでおり、侍者も阿難ではなく、伽波羅...

2021/09/02
イメージ写真(T3K / PIXTA()
不思議:胎児が母親を救う

赤ちゃんが母親のお腹にいても、言葉を発することができると言ったら、「それはファンタジーだ」と言われるでしょう。しかし、確かに古文書にはそのような記録が残っています...

2021/08/25
MakiEni / PIXTA
佛家物語:釋迦牟尼論「4種類の馬」

ある日、釈迦牟尼佛は王都の竹林に座っていた。 鉢巻を捧げに出かけた弟子たちは、一人一人が堂々として心安らかに修道院に戻ってきた。 佛陀は金剛杵を結び、優しく語...

2021/08/17
wonderboyuya / PIXTA
ラシュモア山の「四巨像」

ラシュモア山国立記念公園を訪れて、その景観の素晴らしさに圧倒されない人はいないでしょう。

2021/08/06
イメージ写真(Sergiy Tryapitsyn / PIXTA)
古典協奏曲の父――アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディは1678年にイタリアのヴェネツィアで生まれ、1741年7月28日にウィーンで亡くなりました。14歳の時から神父になるための教育を受け、...

2021/08/02
y.uemura / PIXTA
世間では合格書を、天では徳を

弘治帝である孝宗皇帝の14年目、山西省和順県に農民がいました。 穀物税を支払った後、彼は総務官に行き、検問所を通過するための書類を受け取りました。

2021/07/31
イメージ写真    (kurosuke / PIXTA)
人身は得難い! 一言の戯言で人身を失う

アメリカのハーバード大学医学部の神経外科医エバン・アレクサンダー氏は、脳の神経に関する研究を長年行ってきた。彼は脳膜炎を患い、意識不明の状態で臨死体験をし、人が死...

2021/07/23
(UDON-CO / PIXTA)
明開国の元勲 劉伯温の予言

元時代から明時代にかけて、江南の海寧に賈銘(1269年頃〜1374年頃)という富豪がいました。賈銘は字は文定と言い「華山の老人」と名乗っていました。 元の時代には...

2021/07/21
ヨーロッパ最古と言われるボローニャ大学の大学棟アルキジンナジオ(ironstuff / PIXTA)
女性天才数学者アニェージの生涯を更に輝かせた善行

18世紀、イタリアに数学の天才が誕生しました。その名はマリア・ガエターナ・アニェージ(Maria Gaetana Agnesi,1718年5月16日-1799年1...

2021/06/25
(bukejiuyao/Pixabay)
孔子が霊験を現わし、信者を守る

中国には、仏教や道教の神々を祀った寺院が数多くあり、他の神々を祀った寺院もたくさんあります。その中には、孔子を祀った「孔子廟」があります。貴州省南部に謇(ジアン)...

2021/06/13
ウィキペディア
王安石、将棋を通じて人を知る

北宋の政治家である王安石の趣味は将棋です。宰相を務めていたころ、将棋の得意な人たちを家に招き、公務を終えた後、よく将棋をしていました。王安石は自分に勝った人には賞...

2021/05/20
ウィキペディア
康熙帝の親孝行

清の第4代皇帝・康熙は8歳で皇帝に即位し、在位61年の間、「康乾盛世」を成し遂げ、中国歴史上、最も民に尽くし、仁君として名を残しました。

2021/05/19
(大紀元資料室)
夫婦の絆
嫁は顔よりも性格

古代の中国の子どもが習ったという「三字経」。その儒教の教えの中に、君臣の義(ぎ)、父子の親(しん)、夫婦の順(じゅん)という三網(さんこう)が出てきます。この三つ...

2021/05/11
(大紀元)
故事
人のことを思えばこそ 寿命を延ばした君主

春秋時代のお話です。宋という国に宋景という君主がいました。当時、この国では珍しい天象が観測され、人々は天変地異が起こるのではないかと非常に心配していました。宋景は...

2021/05/09
突出した才能で清朝の最盛期を築いた康熙帝(Public Domain)
日本と中国の深いつながり
シンプルな数学用語 発明したのは康熙帝(こうきてい)

学生時代、「数学は苦手だった!」という人も多いでしょう。でも、「二元一次方程式の解を求めよ」という問題や、「元」「次」「根(解)」という言葉は覚えているのではない...

2021/05/08
Grace in Ancient Times illustration by Epoch Times
リーダーの素質
【故事】人材を見るには私心を交えず

古代から現代まで、リーダーになる人には必ず敵がいるものです。でも、敵の良いところを認め、その人を重要なポストに推薦できる人というのは、滅多にいないかもしれません。...

2021/04/30
(Yu Ninjie/Creative Commons)
歴史人物
晏子の救済

春秋時代の斎国の話である。ある年、この国は17日間の豪雨に見舞われた。氾濫した川が農作物や家屋をなぎ倒し、民衆は途方に暮れていた。斎の宰相・晏子(あんし)は斎国の...

2021/03/23
(Blue Hsiao/Epoch Times)
古代中国の物語
偉大な武将 韓信

長い歴史において名を残した人物が、幼少の頃は貧しかったり、虐められたりして苦を嘗めたという逸話がたくさん残っています。彼らはこれらの苦労があったからこそ鍛えられ、...

2021/03/18
因果応報により人生が変わることもある。(Photo by EMMANUEL DUNAND/AFP via Getty Images)
唐王朝の名宰相・婁師徳の因果応報

唐王朝初期、婁師徳(ろう・しとく)という名宰相がいた。背が高く、大きな口と厚みのある唇はその人物の人となりを表していた。史書によれば彼は落ち着いた性格で度量が大き...

2021/03/04
古代中国の物語
信義の君主 楚荘王

中国古代の人々は「信と義」を特に重んじていた。混乱期の春秋時代においてもそれは変わりなく、春秋の五覇の一人に数えられる楚国の君主・荘王も、信義に基づいて行動してい...

2021/02/23
^