大紀元時報
トップ 漢字の紐解き
漢字の紐解き
漢字の謎解き「法」

伝説によると、昔、水辺の近くに一角獣が棲息し、悪い人間に出会うとその角で突き刺していました。このため、善人と悪人を見極める必要のあるとき、この一角獣が呼ばれるよう...

漢字の紐解き「武」

神韻でご覧になった太極扇の師や、清の王朝の戦士、少林寺の僧侶たちなどの勇ましい姿が、いまだに目に焼き付いているかと思います。

漢字の紐解き「慧」

「慧」の文字は「智慧」という言葉に使われます。「知恵」と「智慧」の違いについて、考察してみましょう。

漢字の紐解き「悟」

人生は夢幻と昔から言われてきました。佛教では修煉を通してのみ、この幻想から目覚めることができると諭しています。このような目覚めを「悟り」と言います。

漢字の紐解き「鳳」

南部の丘に美しい鳥が棲息しており、その鳥は歌も踊りもでき、頭部、翼、背中、胸部、腹部には漢字の「徳」「義」「禮」「仁」「信」のような文様に覆われているという伝説が...

漢字の紐解き「和」

物事を成功させるには、「天の時、地の利、人の和」の条件が揃っている必要があると言われています。「天」「地」 は、恵みによるものですが、「人」は私たちの問題です。...

漢字の紐解き「玉」

前回の「聖」と同じように、「玉」の中にも「王」という漢字が現れます。「玉」に見られる点は、 国王が正装する際につける魔除けを意味します。

漢字の紐解き「花」

漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つの要素から構成されていて、 草かんむりは植物を示し ...

漢字の紐解き「聖」

先日「王」の成り立ちについてご説明しました。この王に別の漢字を加えることで、「聖」という文字が生まれます。

神韻フェイスブック
漢字の紐解き「花」

漢字の「花」は実に象徴的です。最古の象形文字では、花の咲く茂みを表していました。現在用いられている漢字は、二つの要素から構成されています。草かんむりは植物を示し ...

神韻芸術団フェイスブック
漢字の紐解き「王」

ほぼ数百年前の世界では、十万以上の王国が存在していました。つまり、十万人以上の国王がいたのです。古代文明では、国王とはどのようなもの存在だったのでしょうか。

神韻フェイスブック
漢字の紐解き「樂」

「樂」には「音楽」「楽しい」という意味があります。多くの中国語の言葉のように象形文字が組み合わされたもので、「幺」「 白 」「木」から成ります。

神韻芸術団
漢字の紐解き「春」

中国の賢人や学者は春を好みました。かつて孔子は弟子たちに自分の望みを尋ねました。弟子たちは強力な国家を築くよう国王を助け、人々が良い暮らしを送れるようにしたいと答...

神韻芸術団
漢字の紐解き「徳」

いい人になる要素は?ご高齢の方は「徳の高さ」と答えられることでしょう。「徳」とは何でしょうか? 老子は『道徳経』のなかで「相手が自分に優しくても意地悪でも、自分は...

漢字の紐解き「勇」

歴史を通して、この漢字は幾度も構造が変わりました。時代によって「勇」の定義が異なったからです。

神韻芸術団フェイスブック
漢字の紐解き「濟」

古代中国に「濟」という名の大河がありました。砂や泥の混じる黄河と交流していましたが、「濟」の河水は清らかでした。数世紀にわたり「濟」は信条を曲げない実直さを象徴す...

神韻芸術団フェイスブック
漢字の紐解き「忠」

一見、単純に見える漢字にも、実は深い意味があります。「忠」もその一つです。

漢字の紐解き「信」

儒教の五常(仁、義、禮、智、信)の徳性の中で、高潔さの中核に位置するものが信です。信頼、確信などの言葉に用いられています。偏は「人」、つくりは「言」。

漢字の紐解き「智」

「矢」には誓約の意味もあり「口」と合わせることで「考えを口にする」となります。

神韻芸術団
漢字の紐解き「禮」

自然の掟に従って初めて社会は成り立ちます。孔子の『三礼』(さんらい)は挨拶から先祖を祀ることまで、あらゆる場所における礼儀を定めました。

漢字の紐解き「義」

儒教の諭す徳として「義」をご紹介しましょう。

漢字の紐解き「仁」

儒教の中核となる五常の徳の一つ、「仁」。

漢字の紐解き「縁」

中国のことわざに、「縁があれば千里離れても会うが、縁がなければその場にいても口をきくこともない」というものがあります。 「縁」とは何でしょうか?  中国の...

(神韻芸術団フェイスブック)
漢字の紐解き一箭双雕(いっせんそうちょう)

「一石二鳥」と言うように、石を投げたら二羽の鳥が落ちてきたという逸話がありますが、中国では弓矢を使っていたようです。

(神韻芸術団フェイスブックより)
漢字の紐解き天衣無縫

完璧な衣服の代名詞となるだけでなく、完璧なものを意味するようになった天女の話をご紹介しましょう。うららかな夏の夜、郭翰(かくかん)という若者が庭でうたた寝をしてい...

(神韻芸術団フェイスブック)
熟能生巧(シュ・ネン・シェン・チャオ)

「熟練が巧を生む」。日本語の「習うより慣れよ」とはちょっと違ったニュアンスがあります。この格言の由来についてお話ししましょう。

(神韻芸術団フェイスブック)
懸梁刺股「梁に縄を掛け、腿を刺す」

思わずこっくりしたときに、自分をつねって寝ないようにした経験はありませんか? 古代の学生も、眠気を払うために自分を痛めつけたようです。

(神韻芸術団フェイスブックより)
愚公移山「愚公、山を移す」

険しい二つの山に挟まれて生活していた、愚公という老人の伝説です。山の向こう側に行くには、山道がないために遠回りをしなければなりませんでした。不便な状況に苛立ってい...

(神韻芸術団フェイスブックより)
漢字の紐解き「慎」

「戦士のように果敢でありながら、氷の上を歩くように慎重であるべき」という古代中国の医師による名言があります。人生の苦難に差し掛かった時、古代の人々は、前世で何か悪...

(神韻芸術団フェイスブックより)
漢字の紐解き「仙」

唐の時代に李白という詩人がいました。 中国詩歌史上においてその名を轟かせた人物でしたが、自己の名声や富にこだわらず、一生を通して山奥で修業する仙人になりたいと思っ...

^