大紀元時報
トップ 紀元曙光
紀元曙光
【紀元曙光】2021年1月20日

「萬朶の櫻か襟の色、花は吉野に嵐吹く。大和男子と生まれなば、散兵線の花と散れ」。

【紀元曙光】2021年1月16日

「受領は倒るる所に土をつかめとこそ云へ」(今昔物語集)。

【紀元曙光】2021年1月17日

26年目の、その日を迎えた。

【紀元曙光】2021年1月14日

「木の花は、濃きも薄きも、紅梅」(枕草子)。

【紀元曙光】2021年1月15日

李登輝氏がご存命であったなら、この日、満年齢で98歳を迎えていた。

【紀元曙光】2021年1月13日

中国が、再び猖獗を極めている。

【紀元曙光】2021年1月18日

昨年2月頃からか、日本にマスク・パニックの嵐が吹き荒れた。

【紀元曙光】2021年1月19日

相手の立場で考える。それができているかと自分に問えば、反省しかない。

【紀元曙光】2021年1月12日

「てやんでえ。そんな刀で、この一心太助が斬れるかよ」。

【紀元曙光】2021年1月11日

時は戦国のころ。家紋を染めた旗を背中に立て、勇ましく戦う若武者がいた。

【紀元曙光】2021年1月8日

「感染拡大が止まらない」が各メディアの、いつもの文句になった。

【紀元曙光】2021年1月9日

「米国の民主主義の歴史に汚点を残した」と他メディアは非難する。

【紀元曙光】2021年1月10日

「刃物のやうな冬が来た」と詩人・高村光太郎(1883~1956)は詠った。

【紀元曙光】2021年1月7日

湖(みずうみ)と聞くと、摩周湖のような清冽な水を想像する。

【紀元曙光】2021年1月6日

昨日、東京都のウイルス新規感染者は1278人。

【紀元曙光】2021年1月5日

「改造」という言葉がある。

【紀元曙光】2021年1月4日

世の中が、努めて平静に動き出す。

【紀元曙光】2021年1月3日

大紀元の動画「リン・ウッド弁護士インタビュー 米国人は自由を堅持する」。

【紀元曙光】2021年1月2日

昨年の末。弊社オフィスでは、まことに嬉しくも切実な「悲鳴」があがっていた。

【紀元曙光】2021年1月1日

天の岩戸が開き、我が国を象徴する太陽神が現れるように、新年が明けた。

【紀元曙光】2020年12月31日

読者の皆様へ。

【紀元曙光】2020年12月30日

慶長5年(1600)秋。紅葉が見頃の関ヶ原で、天下分け目の大戦が行われた。

【紀元曙光】2020年12月29日

今、真っ先に必要なのはワクチンなのか。治療薬なのか。

【紀元曙光】2020年12月28日

(前稿より続く)読者諸氏に、もう一つ、お話したいことがある。

【紀元曙光】2020年12月27日

中国人について書こうと思うが、移民の是非について小欄は言及しない。

【紀元曙光】2020年12月26日

中国遼寧省の大連(だいれん)を「たいれん」と呼ぶ人は、もう少ない。

【紀元曙光】2020年12月25日

学校の教室の風景が、昔とはずいぶん変わった。

【紀元曙光】2020年12月24日

クリスマスイブ。その名の通り「クリスマス当日の夜」なのだそうだ。

【紀元曙光】2020年12月23日

全国各地から、弊紙特集号の送付希望が寄せられている。

【紀元曙光】2020年12月22日

1998年の映画『シュウシュウの季節』(中国題「天浴」)。

^