大紀元時報
トップ 古典の味わい
古典の味わい
【古典の味わい】春夜宴桃李園序(春夜、桃李園に宴するの序) 李白

李白には李白の生きる術があったことは、想像してよいと思います。

【古典の味わい】桃花源記(後編)

「桃源郷は、そのあと探しても見つからなかった」。それが陶淵明が心に決めていた結論でした。

【古典の味わい】桃花源記(前篇)

名もない漁夫が、川をさかのぼって迷い込んだのは不思議な「桃源郷」でした。

【古典の味わい】河間の男女 『捜神記』より

人間の一途な思いが神仏や天地に通じた結果、そこに奇跡を起こすという骨組みがあります。

【古典の味わい】刎頸之交(刎頸の交わり) 『十八史略』より

相手のために自分の首が切られてもよい、と言えるほど厚い友情のことです。

【古典の味わい】景公之馬(景公の馬) 『説苑』より

晏子は、愚かな身代わりを演じて、無意味な処刑をすることの非を景公に悟らせます。

【古典の味わい】蘇武持節(蘇武、節を持す)『蒙求』より

蘇武は、武帝に賜った節を持して、その忠義を貫きました。

【古典の味わい】貞観之治(貞観の治) 『十八史略』より

令和の今こそ「古典の味わい」を大切にしていただきたく、本コーナーをお届けしていきます。

^