トップ 党文化の解体
党文化の解体
【党文化の解体】第4章(2)

1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 1)今日中国人民の思想を統制する者 今日、中国人民は一体何を考えているのかを見てみたい。 「共産党がなければ、中国は...

党文化の下で「絶えず前進あるのみ!」(大紀元)
【党文化の解体】第4章(1)

目次1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 1)今日中国人民の思想を統制する者 2)洗脳される側から自ら思考して罵り、共産党を擁護 3)朝礼暮改式の党の考え...

【党文化の解体】第3章(29)

5.多種の文芸形式を利用し、党文化を注入する 2)演劇、歌舞、大衆演芸など多種な文芸形式を利用し、党文化を注入する (6)中共の文芸作品に浸透する強烈な激情と闘争...

【党文化の解体】第3章(28)

5.多種の文芸形式を利用し、党文化を注入する 2)演劇、歌舞、大衆演芸など多種な文芸形式を利用し、党文化を注入する (3)審美習慣に見られる時間のずれ 人々の審美...

【党文化の解体】第3章(27)

5.多種の文芸形式を利用し、党文化を注入する 2)演劇、歌舞、大衆演芸など多種な文芸形式を利用し、党文化を注入する 中共の文芸を利用した宣伝形式は、その多くが旧ソ...

【党文化の解体】第3章(26)

】5.多種の文芸形式を利用し、党文化を注入する1)映像を利用し、党文化を注入する (2)主調と多様化 八十年代以来、中共の経済改革の実施につれ、映画界も企業管理方...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第3章(25)

目次5.多種の文芸形式を利用し、党文化を注入する1)映像を利用し、党文化を注入する (1)党の最も重要視する芸術としての映画 (2)主調と多様化2)演劇、歌舞、大...

【党文化の解体】第3章(24)

4.教科書を利用し、党文化を注入する3)国語の授業:欲しいままの欺瞞 (1)国語教科書の選定 学生に党文化を注入するという方面において、もし政治的な授業が唱えてい...

大紀元時報社『九評共産党』(邦訳あり『共産党についての九つの論評』)
【党文化の解体】第3章(23)

4.教科書を利用し、党文化を注入する2)歴史の授業:自らを欺き、人をも欺く (1)政治的主権の寡占により、歴史は政治の一学科のようになる 史実を鏡とすれば、その興...

中共が用意した政治科目の階段を一歩一歩上る子供。「しっかり勉強すれば、お役人になり金持ちになれるぞ」(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第3章(22)

4.教科書を利用し、党文化を注入する1)政治的な授業:欺瞞に満ちた政治色 (1)課程は多く、授業時間は長く、範囲は広く、要求は厳しい 古の学童が受ける初歩的な教育...

文化大革命時の「紅衛兵証」(大紀元)
【党文化の解体】第3章(21)

4.教科書を利用し、党文化を注入する 個人が物事に対して判断を下すには、主に二つの理由によって決定するものである。一つは情報の掌握、もう一つは情報の処理方式つまり...

【党文化の解体】第3章(20)

中共党文学を透視するに、解決せねばならぬ問題がもう一つある。

【党文化の解体】第3章(19)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する3)中国共産党による文学を利用した党文化注入の特徴 党文化は中国文化に憑依した憑物文化である。中国共産党は伝統や民間文化の...

文革中には、中高生たちは何の罪悪感も感ずることなく校長や先生を折檻した。校長「私は妖怪変化の如き悪者です」(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第3章(18)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する 2)中共の世界観、歴史観、人生観を注入する (1)神に対する信仰を批判し、無神論を注入する

【党文化の解体】第3章(17)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する 1)文学作品で中共の理論と政策を解釈 中国現代史を通読すれば容易に発見できることだが、中共によって発動された政治運動は、...

「正しい世界観、人生観、価値観を樹立して、社会主義に貢献しよう」(大紀元)
【党文化の解体】第3章(16)

3.邪党の文化人を利用して悪党を賛美する 『九評』の一で指摘しているように、「あらゆる共産党でない政権の社会では、それがいかに専制かつ封建的であっても、それぞれの...

文革時代に『毛語録』を根拠に革命運動を行なう青年たち(大紀元)
【党文化の解体】第3章(15)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(下) 第3に、マルクス、エンゲルス、レーニンの著作数は膨大で、文化水準が高く...

このようにして中共の「先進性」が維持されている。(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(14)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(中) 第2に、定期的な整党と整風の運動を通じて、党員に定期的にマルクス・エン...

共産邪教の指導者たち。「マルクス・レーニン主義、毛沢東思想万歳」(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(13)

2.強制的に国民にマルクス・エンゲルス・レーニン・スターリン・毛沢東の著作を読ませる(上) 西側の民主国家では、大多数の一般人にとって、共産主義は「邪悪」と同義語...

【党文化の解体】第3章(12)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める 4)進化する宣伝手段(下) 嘘の宣伝を輸出した後、再び逆輸入する。毛沢東はかつてこう言った。「『参考消息』(中共幹部に国際...

【党文化の解体】第3章(11)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める4)進化する宣伝手段(上) 文革以後、中共は宣伝機関を総動員して、共産党が文革中に犯した罪を一部の指導者が犯した避けられない...

ソ連の粛清委員会に殺戮を指示したスターリン(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(10)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める3)国民の思想を統制する常套手段(5)正義を装う悪党、嘘を非難しながら嘘を撒き散らす 今日の中国人はすでに、「党八股」(共産...

中共は、法輪功学習者の臓器を摘出し売買していた証拠を慌てて処分しながら、対外的には必死に否定する宣伝を行なった。(左)真相調査団「生きた法輪功学習者からの臓器摘出と売買に抗議する!」、(犬)政府のスポークスマン「反中国勢力め!でまかせを言うな!」、(右)羅幹「全ての証拠を消せ!」「残業してでも移植手術を急げ!」中共の赤塀内では隠蔽工作が行われた。(挿絵・大紀元)
【党文化の解体】第3章(9)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める3)国民の思想を統制する常套手段 (4)公に虚言を吐き、世界を欺く 公に虚言を吐く。これも中共の常套手段の一つである。国家主...

【党文化の解体】第3章(8)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める3)国民の思想を統制する常套手段 (3)民意をでっち上げ、学識者に訴え、心理戦を駆使する 中共は人民の真実の声を奪い取った後...

【党文化の解体】第3章(7)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める3)国民の思想を統制する常套手段 (2)「嘘も千回繰り返すと真理になる」 かつて、ナチス・ドイツの宣伝大臣パウル・ヨーゼフ・...

家族全員が失業して命を絶った人のことを、「これは、法輪功修煉者が円満成就を求めて自殺したのだ」と虚偽の宣伝報道に悪用した。(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(6)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める3)国民の思想を統制する常套手段 (1)全面的な宣伝手段で人々を真実から断絶させる アメリカの人気映画『トゥルーマンショー』...

失業者(左)「ご飯を食べる術がほしい」、農民・直訴者(右)「農地を返してくれ」、党の番犬であるメディア「わが党は一貫して正しい」(挿絵・大紀元)
【党文化の解体】第3章(5)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める2)主要な宣伝機関 (2)放送、テレビ、インターネット 新聞や雑誌をしっかりとコントロールする以外に、中共は新式のメディアも...

「お父さん、私を食べないで!」中国で1959年~1962年にかけて起きた大飢饉は、自然災害ではなく、中共の政策がもたらした人災であった。その時期、人々は子供を交換して食べたり、自分の子供を食べてしまったりするケースもあった。中共当局の推計では、その時期に3000万人あまりの人々が餓死した。これは人類史上最大の飢饉である。(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(4)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める2)主要な宣伝機関 真実の情報を獲得することは、人類が生存を維持するための必要条件だ。古代社会では、人々は口コミによって生活...

「事件の真相→党の必要な情報→加工改造→中央テレビのニュース→愛党」。どんなに恐ろしい事件であっても、統制されたメディアに加工されたら、すべて党の賛美歌になる(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(3)

(2)平常時の国民に対する洗脳宣伝は、中央宣伝部が主導する 英語の「Propaganda」(プロパガンダ、宣伝)という言葉は、洗脳、欺瞞の意味合いがあり、マイナス...

江沢民作「610弁公室の犬を放つ図」:「3カ月以内に法輪功を消滅する!」(挿絵=大紀元)
【党文化の解体】第3章(2)

1.宣伝機関総動員で党文化を押し広める 銃口とペンは、共産党の二大生命線だ。レーニンはかつてこの種の闘争手段を「イデオロギー」に「テロリズム」を加えたものだと概括...

^