大紀元時報
トップ 心の琴線
心の琴線
Spirit-Fire/Flickr
孝は百行のもと 親孝行はすべての善行の根本

結婚して18年目、父親が他界したのをきっかけに、母親と同居することなった。月日が経つに連れて、年老いた母との摩擦が増え、家庭内はいつも不穏だった。母親は頑固さを増...

(Romainguy/Creative Commons)
息子が直してくれた、嫉妬心という名の病

息子が重度のアトピーと診断されたのは、彼が1歳のときだった。 強烈なかゆみのために、自分で何度も掻きまくった息子の顔はパンパンに腫れ上がり、足の皮膚は血だらけとな...

(sektordua/CreativeCommons)
<心の琴線> 太陽の人

それはまだ私が母親になっていない、20代後半の頃からだろうか。小さい子供を見ると、とびきり愛おしく感じるようになった。親友の子供でも、通りすがりの子供でも、とにか...

(thisisbossi/ Creative Commons)
生命にとって一番重要なのは?

にぎやかな町を歩いている時、ふと寂しさを感じたことがありますか? 家族と遠く離れ、友人もいない日々に、孤独や無力感を味わったことがありますか?生命にとって何が大切...

(ChR!s H@rR!0t/Creative Commons)
勇敢になることの美しさ

彼女は子供の時から見栄えが悪く、泣き声も大きかった。可愛がってくれる人は少なかったが、彼女はそんな醜い自分を意識せずに、楽しく日々を過ごしていた。

(ARESAUBUM/CREATIVE COMMONS)
盲目の少女の物語 人生は贈り物

ひとりの盲目の少女がいた。彼女は、盲目ということで自分自身を嫌っていた。

今年の3月19日で、日本からアメリカに移植されちょうど100年を迎えたワシントンDCの桜(Alex Wong/Getty Images)
<心の琴線> 信じられないものを信じて生きる

最近、『信じられないものを信じて生きなければダメだ』という言葉が頭に浮かぶ。 聖人でもなく有名人でもない、去年亡くなった私の母の言葉である。

(ChinaFotoPress/Getty Images)
母の咳

「あなたのお母さんがひっきりなしに咳をしているのが聞こえるわよ。何かの病気に罹ったのか、ちょっと心配だわ」と、実家と付き合いのある近所の人から電話がかかってきまし...

(The Epoch Times)
世界に一つだけの花なのに、どうして比べたがる?

ある美しい森に、一羽のクジャクがいた。クジャクは美妙な歌声を持つウグイスに嫉妬し、神の前で不満をこぼした。

sandra Simon/pixabay
人間と犬の不思議な縁

佛教では世の中の人と人のつながりは、すべて縁によるものだと説かれます。遠くにいても縁がある人なら出会えますが、縁が無い人とはいくら近くにいても触れ合うチャンスすら...

PIXABAY
<心の琴線> 小さな白いヒヤシンス

いつものように私は、娘を迎えに幼稚園に行った。 若い女性の担任の先生が、少しためらってから、私が恥ずかしくなるようなことを話し出した。娘は、お遊戯では他の子よりテ...

B@ni /Flickr
最良の選択

南アフリカのある辺鄙な町に、夫婦がいました。夫の名前はジョージ、妻の名前はヘレン。ジョージは町の北の方にある農場で働いていました。毎日朝早く出勤し、帰りは夜遅くな...

互いに支え合い助け合おう(DON EMMERT/AFP/Getty Images)
橋での出会い 悲しみの後に来たものは

アンドリュー・イワノフさん(26歳)はロシア中部ウファにある、ベラヤ川にかかる橋にやってきた。飛び降りて死のうと思ったのだ。最愛の婚約者が、決まっていた結婚式の前...

(creative common/vvonstruen)
<心の琴線> 善の念

ある日、白血病を患う囚人が病院に運ばれてきた。彼は骨髄移植が必要であると診断された。彼は性格的に大きな問題を抱えており、経済的にも貧しかったが、病院側は人道的な立...

中国の、あるひとり親家庭の父子の話(Samuel C)
<心の琴線>妻を亡くして6歳の息子を叩く私

大人から見れば、子供の言動が不可解に思えることは、よくあることです。 仕事の忙しい父親と、不慮の事故で妻を亡くし6歳の子供を育てる、中国のあるひとり親家庭のお話し...

Matthias Ripp/Flickr
「あなたが私に教えてくれた」ある教師と生徒の絆

9月の新学期が始まった最初の日、5年生に進級した子どもたちに向かってトンプソン先生が語りかけた。「私にとって、あなたたち全員がかけがえのない存在です」。だがそれは...

森の中の男の子(Philippe Put/Flickr)
【心の琴線】思春期に出会った本

寒の入り前。暖かな陽の差す午後、近所の図書館へ出かけました。もう一度読みたい絵本があったのです。大きな樹が幼い男の子を老いていくまで見守る話。涙で文字が読めなくな...

Julio Gago/Flickr
砂漠を越えた時

遠く離れた土地で長年商売をしていた人がいた。多く稼いだ彼は、そろそろ故郷に帰ろうと考えた。

B@ni /Flickr
最良の選択

 南アフリカのある辺鄙な町に、夫婦がいました。夫の名前はジョージ、妻の名前はヘレン。ジョージは町の北の方にある農場で働いていました。毎日朝早く出勤し、帰りは夜遅く...

John Anes/Flickr
深夜に町中を騒がせて命を救った人

本当に何かをしたい人は、必ず方法を探し出します。特に、心から人を助けたいと思うとき、不思議と智慧が湧いてくることがあります。何かをしたくてもできない時、言い訳ばか...

maf04/Flickr
身近な幸せを再発見

(creative common/vvonstruen)
<心の琴線> 善の念

 【大紀元日本10月26日】ある日、白血病を患う囚人が病院に運ばれてきた。彼は骨髄移植が必要であると診断された。彼は性格的に大きな問題を抱えており、経済的にも貧し...

(parthisix/Creative Commons)
幸せな生活が遠いと感じていますか?

 【大紀元日本10月13日】人生はいつも順風満帆にいくとは限らず、様々な失敗に直面することがあります。挫折した時、ひたすら愚痴をこぼして意気消沈するのか、それとも...

(ensign_beedrill/Creative Commons)
<心の琴線> 天国に行くには何日かかりますか?

 【大紀元日本10月10日】ある寒い日の朝、私は焼き餃子で有名な店を訪ね、餃子5個と酸辣スープを注文した。 この時間になると大勢の客はすでに帰り、店内は私一人だけ...

(micheal pollak/Creative Commons)
認めて欲しい心

友人にメールを出したら返事を待ち続け、 仕事がうまくいけば上司から評価されたい。 手間ひまかけた料理は家族から褒められたいし、、、

(Hamed Saber/Creative Commons)
氷のような冷たい心の批評家ですか?

 【大紀元日本10月1日】結婚して3年が過ぎ、彼女は自分の判断力を疑い始めた。優秀な男性がたくさんいたのに、どうして欠点だらけの彼を選んだのか? 記憶力が悪く、頼...

(extranoise/Creative Commons)
人生を列車に例えると

 【大紀元日本9月28日】人生は、列車に乗って旅をすることに例えられる。乗車と下車を繰り返し、事故にあったり、思いがけず驚喜したり、時には心に深い悲しみを背負った...

(MOONHOUSE/CREATIVE COMMONS)
人生にとって本当に大切なものとは

 【大紀元日本9月17日】大学で哲学を教えているある教授は、授業が始まると同時に大きなビンを教壇の上に載せた。ビンの大きさは直径が5センチぐらいで、中には大きな石...

(Anthony Quintano/Creative Commons)
私は両親と夢の中でしか会えない

もうすぐ旧暦の8月15日がくる。ニューヨークは、楽しい中秋節の雰囲気に包まれている。 

(GoodNCrazy/Creative Commons)
<心の琴線> 最愛の弟

 【大紀元日本8月29日】私の家は辺鄙な山村にあり、両親は畑を耕してどうにか生計を立てていました。私には3つ離れた弟がいました。ある日、私は女の子なら誰もが持って...

^