大紀元時報
トップLIFE文化・歴史 西晋
西晋
2021/05/02
弟子規 (20)

周處が三害を除いた故事は多くの人々が聴き知っている。彼は生来から勇気のある人間で、水中の悪竜を退治したり山中の人食い虎を駆除したりしたが、平安な郷里に舞い戻ってみ...

2021/04/24
弟子規(12)

朝は早くから起き、夜は多めに学習に時間を費やしてから就寝するようにする。人の老いるのは早いため、時間を惜しまなくてはならない。

2021/04/01
【古典の味わい】河間の男女 『捜神記』より

人間の一途な思いが神仏や天地に通じた結果、そこに奇跡を起こすという骨組みがあります。

(Fotolia)
2021/03/13
古代中国の物語
周処の更生

晋の時代、周処は現江蘇省宜興県太守・周魴の息子として生まれた。幼い頃から乱暴な性格で、人を構わず好き放題に振り舞い、周囲から敬遠されていた。

清 焦秉貞耕織図(パブリック・ドメイン)
2020/03/06
中国の昔話:疫病から身を守った男

275~280年頃、河南省でペストが流行し、大勢の人が亡くなりました。 庾衮の2人の兄が亡くなり、もう1人の兄も感染しました。庾衮の両親は感染した息子のために棺桶...

Applegurl/Flickr
2014/04/08
自分の過ちに気づき、生まれ変わる(一)

【大紀元日本4月8日】自分の過ちに気づき、絶えず向上すること―これが、古代中国から伝わった「道」の精神です。自分の欠点に正面から向き合うのは、気持ちのいいものでは...

Fusionstream/Flickr
2013/06/18
道徳を重視した陶の母

【大紀元日本6月18日】晋の時代の将軍・陶侃(とうかん)の母、湛(たん)氏は豫章(現在の江西南昌)の生まれである。陶の家は非常に貧しかったが、湛氏はいつも麻の繊維...

2010/07/24
【日本語に生きる中国故事成語】 破竹の勢い

 【大紀元日本7月24日】1982年夏、蔦(つた)監督率いる徳島の池田高校が、「やまびこ打線」を引っさげて甲子園に乗り込んできた。従来のコツコツ点を取って守りきる...

成語典故(図:柚子)
2010/02/06
【日本語に生きる中国故事成語】蛍雪の功(けいせつのこう)

 【大紀元日本2月6日】日本では間もなく卒業式シーズンです。今でこそいろいろな歌が歌われますが、かつて『仰げば尊し』と並んで定番だったのが「蛍の光 窓の雪…」で、...

童子と老隠者
2007/03/17
【中華の改新】「チャイナ・イメージ」博物誌 方円の盤上遊戯『囲碁』②

 【大紀元日本3月17日】チャイナ・イメージ・博物誌は、「チャイナ」イメージ博物誌や、チャイナ「イメージ博物誌」、あるいはチャイナイメージ「博物誌」を含んでいます...

^