大紀元時報
トップLIFE文化・歴史 北宋
北宋
パブリックドメイン
2021/05/30
伝説の仙人・張果老の仙薬で人生が劇的に変わった

中国の北宋の時代、ある少年が放牧時にある老人に出会いました。老人は彼に食べ物と薬を授け、その後、少年は物を食べる必要がなくなりました。疫病が蔓延している頃、老人か...

ウィキペディア
2021/05/20
王安石、将棋を通じて人を知る

北宋の政治家である王安石の趣味は将棋です。宰相を務めていたころ、将棋の得意な人たちを家に招き、公務を終えた後、よく将棋をしていました。王安石は自分に勝った人には賞...

范仲淹(パブリック・ドメイン)
2021/05/13
弟子規 (31)
弟子規 (31)

読書をするには、三つの事をしっかりやる必要がある。心で考え理解し、目で見て確認して、口で唱え音読するのである。この三つは非常に重要である。この一書を読み終わらない...

罪をとがめるより更生を励ます(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2021/05/10
1900年前の中国典故
罪をとがめるより更生を励ます

悪行を改めるよう、寛大な心で更生を励ますことは、良知ある人を育てることに繋がる、というお話。1900年も前の物語とされる、「元」泥棒と賢人の典故を紹介します。出典...

2021/04/26
弟子規(14)

着用する衣服は清潔を重視し、必ずしも煌びやかな華麗なものを身に付ける必要はない。まずは自らの身分を考え、後に家の経済状態と折衷をはかればよい。  日常の...

古代の人々は、親孝行を何よりも大事にしていた(ネット写真)
2021/04/26
【物語】母親に尽くした男

宋という時代の頃のお話です。黄庭堅(こう・ていけん)という非常に母親思いの男がいました。彼は位の高い役人でしたが、母親の事になると、大事小事にかかわらず全て自分が...

2021/04/23
弟子規(10)

路上で年輩者に遇ったら、すみやかにその前に進み出て一礼し、何も話がなかったら、その傍らに恭しく立つ。自らが馬上にあって年輩者に遇ったら即刻に馬を下りる。

(神韻芸術団フェイスブック)
2021/04/13
漢字の紐解きシリーズ
熟能生巧(シュ・ネン・シェン・チャオ)

「熟練が巧を生む」。日本語の「習うより慣れよ」とはちょっと違ったニュアンスがあります。この格言の由来についてお話ししましょう。

(james j8246/Flickr)
2021/04/11
古代中国の物語
嘘を書き続けた官僚

誰もが気軽に文章を発信できる現代のネット社会。便利な側面がある一方、悪口や誹謗中傷のコメントも目立ちます。

(fotolia)
2021/04/07
古代中国の物語
真に民衆のことを考えた政治家

真面目で勤勉だった司馬光は、中国北宋の儒学者であり、政治家でもあった。 仁宗皇帝は自分が亡くなる前、国有財産から忠実な大臣たちへ褒美を与えるよう命令を下した。司馬...

(Fotolia)
2021/03/14
古代中国の物語
寛容な宰相 韓琦

北宋の時代、廷臣の家に生まれた韓琦(かんき)は、三人の皇帝を補佐し、宰相まで上りつめた。寛大で高潔な人物として人々から尊敬され、「韓公」と呼ばれていた。

大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021/03/12
【漢詩の楽しみ】寄黄幾復(黄幾復に寄す)

黄庭堅(1045~1105)の作。日本では黄山谷の名で知られている。

大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021/03/12
【漢詩の楽しみ】望湖楼酔書(望湖楼にて酔書す)

蘇軾(1036~1101)の作。北宋を代表する詩人で、文章にも優れていた。

宋王朝期に作られた陶磁器(Photo credit should read ANTHONY WALLACE/AFP via Getty Images)
2021/03/03
淡泊になるには 嫉妬心を捨てること

修煉の文化には、人間にはそれぞれ定められた運命があると伝えられています。人生における全ての幸せと不幸せは定めがあり、富は前世で積んできた徳と交換してやってきたもの...

(Photo credit should read CHRISTOF STACHE/AFP/Getty Images)
2020/04/02
【子どもの教育に役立つ物語】本物の謙虚さとは

宋の粛王と沈元が使節として北方へ行き、燕山で宿をとった後、言葉使いが非常に優美な3000字ほどの唐の石碑を見つけた。沈元は記憶力が非常にたけていたので、何度も朗誦...

GettyImages
2020/03/28
人間を4つのタイプに分類した司馬光

北宋の政治家で、歴史家でもある司馬光(1019 - 1086)は、紀元前403年から紀元969年までの歴史を編年体で綴った『資治通鑑(しじつがん)』を編集した人物...

罪をとがめるより更生を励ます(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2020/03/09
1900年前の中国典故
罪をとがめるより更生を励ます

悪行を改めるよう、寛大な心で更生を励ますことは、良知ある人を育てることに繋がる、というお話。1900年も前の物語とされる、「元」泥棒と賢人の典故を紹介します。出典...

Little MiMi / Pixabay
2019/08/27
神仙の物語 仙人に出会い、そこで得た教訓

北宋時代、四川の成都府に許という画伯がおり、彼の描く絵は生き生きとして真に迫っていた。許の本名はわからないが、あだ名は「許偏頭(変形頭の許)」ということだけが伝わ...

(Photo credit should read CHRISTOF STACHE/AFP/Getty Images)
2019/02/23
【子どもの教育に役立つ物語】本物の謙虚さとは

宋の粛王と沈元が使節として北方へ行き、燕山で宿をとった後、言葉使いが非常に優美な3000字ほどの唐の石碑を見つけた。沈元は記憶力が非常にたけていたので、何度も朗誦...

GettyImages
2019/02/15
人間を4つのタイプに分類した司馬光

北宋の政治家で、歴史家でもある司馬光(1019 - 1086)は、紀元前403年から紀元969年までの歴史を編年体で綴った『資治通鑑(しじつがん)』を編集した人物...

GettyImages
2019/02/05
寛容と我慢
自分を批判した人を褒める心

中国の宋の時代に、呂蒙正氏は2人の皇帝の下で、3回も宰相を歴任した。彼の度量は海のように広大であると称えられ、厚い人望の持ち主だった。呂蒙正氏と学友の温仲舒氏は、...

2018/04/17
三寸の舌に五尺の身を亡ぼす

宋の時代、「士大夫」という階級がありました。教養を備え、詩文にも通じ、科挙を通過した官僚を多く輩出した士大夫層は、その後も王朝が「元」「明」「清」と移り変わっても...

帝でありながら北宋最高の芸術家とされる徽宗の院体画の傑作 桃鳩図(スクリーンショット)
2018/02/14
芸術を愛した皇帝 北宋・徽宗の明と暗 

中国歴代の皇帝は、その個人に初めから権威があったわけではない。つまり、権威の象徴は個人ではなく、あくまでも天から授かったとされる皇宮の玉座にある。その前提の上で、...

(神韻芸術団フェイスブックより)
2016/04/17
中国古典舞踊への誘い
楊家の将軍

勇壮な男性の兵士のことはよく耳にされてきたかと思いますが、古代中国では大胆な女性の兵士の活躍が珍しいことではなかったようです。千年以上前、北宋は侵略に遭い、壊滅寸...

2015/11/10
古代中国の物語
六世代にわたる報い

昔の人は「徳」について、よく言及していました。「徳」とは善行を積み、辛いことに耐えること。徳を積めば善果を得られ、悪行を積めば悪報が待っています。科学ばかりが重視...

Jakob Montrasio/Flickr
2014/08/14
色欲の罪

人間の心は、時に抑制が効かぬもの。情と欲に翻弄されて、罪を犯してしまう人もいます。たとえその過ちが人にみられていなかったとしても、天上から見れば一目瞭然。

Bert Kaufmann/Flickr
2014/04/22
自分の過ちに気づき、生まれ変わる(三)

【大紀元日本4月22日】北宋の頃、陝西省渭南市に寇準(こうじゅん)という男がいた。生まれてすぐに父親が亡くなったため、寇準の家族は貧しかった。 寇準の母親は時折、...

Getty Images
2014/04/02
夢で出会った母親 潜在意識からのメッセージ

なぜ人は夢を見るのでしょうか。そのシーンは時に懐かしかったり、可笑しかったり・・・。謎はいまだに解明していませんが、何度も繰り返し見る夢は、あなたの潜在意識からの...

Marufish/Flickr
2013/10/13
【漢詩の楽しみ】 山間秋夜(さんかんしゅうや)

【大紀元日本10月13日】夜色秋光共一闌飽収風露入脾肝虚檐立尽梧桐影絡緯数声山月寒 夜色(やしょく)秋光(しゅうこう)共に一闌(いちらん)。飽くまで風露(ふうろ)...

Shigeru Katase /Flickr
2013/07/17
【日本語に生きる中国故事成語】「紅一点」はザクロの花

【大紀元日本7月17日】 「紅一点の笹本玲奈、ジャンヌ・ダルクに」(朝日新聞デジタル2013年7月11日) 9月に世田谷パブリックシアターで「ジャンヌ・ダルク」が...

^