大紀元時報
大紀元社説シリーズ『共産党についての九つの論評』

【第六評】中国共産党による民族文化の破壊

2018年01月10日 06時00分

三 党文化

共産党は伝統の半神文化を破壊しながら、政治運動を通じて、自分たちの党文化を作り上げた。党文化は年取った世代を改造し、若い世代に害毒を与え、さらに幼い世代に影響を与えた。その影響力は極めて深く、極めて広いものである。多くの人が共産党の本質を暴露しようとする時でさえ、共産党の善悪標準、考え方、話し方を使う。

党文化はマルクスー・レーニン主義という外来文化に影響されていること以外に、中国人の数千年来積み重ねてきたよくないものも受け継いだ。例えば、宮廷闘争、私利のために勢力グループを結合すること、人を打倒すること、人を騙して物事の本質を別のものとすり換えることなどがある。それらにまた、共産党の暴力革命、階層闘争哲学を加えた。共産党は生き残るために、この数十年あまり「偽、悪、闘」と言う特徴を絶えず発展させた。

党文化の性質は専制と独裁である。共産党はその政治闘争、階級闘争をするために、主に四つの面から「人文」環境の専制を始めた。

(一)統治の面

1.封閉文化

共産党文化は封鎖的、独占的であり、思想、言論、結社、信仰などの自由はない。党の統治は人々への圧制と封閉で維持されている。一つの漏れがあれば、その統治システム全体が崩れてしまう。もし、「六四」天安門事件[74]の時、学生が政府との対話が許されれば、他の労働者や学識者、軍隊の人たちが皆政府と対話したい、と言って来るかもしれない。そうなると、中国は民主主義に変わるので、党の独裁統治ができなくなる。だから、彼らはたとえ人を殺しても、人々との対話を避けた。今、彼らはインターネットによる通信手段を封鎖している。それは、人々に共産党が見てほしくないものを絶対に見せないためである。

2.テロリズム文化

共産党が中国における政権を開始以来、絶えずテロリズムで中国の人々を苦しめてきた。かれらは、むちと人を殺す刀を用い、さらに人に災難を与える方法で、人々の行動を「正した」。人々は恐怖の中で、やむを得ず「おとなしくなった」のである。かれらは、一人を殺して他人に見せしめにするという方法で、民主運動家、自由思想家、共産党の体制を疑う人、また信仰を持つ各種団体を、厳しく弾圧している。

3.ネット上の監視文化

中国において、すべては党のコントロールの下におかれている。戸籍管理制度、街道住民委員会制度(即ち、各コミュニティーが当地の管党委員会によって管理される制度)、各階層の党委員会がある。また、計画生育委員会もある。中国では、「各村において党の支部がある」とか、「党、共産党青年団の生活をしよう」とか、「包保責任制度を固く貫く(官職の上の人が下の人に対して、『その人が党に対して何も怪しいことはしない』と言う保証をさせ責任を持たせる制度である。もし、下の人が本当に党に対する反対思想を持っていれば、彼だけではなく、その上の人まで処罰されるのである)責任追及制度」とか、「610オフィス[75]の監督課は、不定期に各地、各政府機関を監察する」ということをよく耳にする。

4.連座文化

「地主、金持ち、反共産党者、悪い人、右派とされる学識者」の家族に対して、共産党は「出身論」[76]の提出から今日の「リーダが責任を果たしていないので対策が不十分で法輪功学習者が北京に来る、主なリーダは責任追及を実行し、評価を知らせろ。状況は重大なので規律による処分を行う。」「一人でも(法輪功を)煉功したら一家全員失業させろ、従業員が一人でも煉功したら会社全てのボーナスは取り上げる。」などと言いさらに“子どもに良い教育ができる”、“黒五類“などの差別政策を打ち出し、党と一致するよう提唱し「大義親を滅す」、人事、組織やファイルを通じて地位を変える制度、「左遷制度」、「告発制度」、「手柄を立てて賞金を与える制度」がある。

(ニ)文化宣伝の面

1. 一言堂文化(全て口裏を合わせるやり口)

まず、中国において「最高の指示」「一つの言葉は万言に匹敵し、一言一言は真理である」という言い方がある。政府にコントロールされているマスコミは、何かあると全部同じようなでっちあげをする。必要な時は、各レベルの党、政、軍、工、共産党青年団、婦人連盟などに支持発言をさせる。

2. 暴力文化を鼓吹する文化

「八億の人は、戦わなければどうなるというのか?」「殴られて死んだ人は犬死にだ」、「超限戦(あらゆる卑劣な手段を動員する戦い)」「原子力爆弾は張子の虎である、人口の半分が死んでも、後残りの半分が廃墟の上でまた新しい家を建て直すだろう」

3. 人の憎しみを煽動する文化

「階級の苦しみを忘れず、やっつけられた憎しみをしっかり覚える」と言うのは根本的な国策である。階級の敵に対する残酷さは美徳と見なされて、共産党は「仇、憎しみを歯で細かく噛んで、それらを無理やりに呑み込もう。これで、仇への憎しみは心に入って少しずつ芽生える」という考え方を広めている。[77]

4. 虚言文化(中共の嘘の数々)

「『六四』天安門事件では、天安門広場で一人も死んでいない」「私たちはSARSを完全にコントロールできた」「今現在は、中国人権の最も良い時期だ」「三つの代表(最先端の生産力の向上発展、先進文化の方向性、中国人民の基本的利益の三つ党が代表すること)」。

5. 洗脳文化

「共産党がなければ、新しい中国は存在しない」、「私たちを指導してくれる核心的な力は中国共産党であり、私たちの思想を指導してくれるのはマルクス・レーニン主義である」[78]、「党中央政府と同じ位置を保つ」か、「理解できたものを執行する。理解できなかったものをも執行しなければならない。執行しながら理解を含めよう」。

6. 歯の浮くようなゴマすり文化

「天と地が広くても、極めて大きい党の恩とは比べられない」、「すべては党の手柄である」、「党は私にとって母である」、「命をかけて党中央を保護しよう」、「偉大で、栄光に満ち、正しい党」、「戦いにおいて負けたことのない党」など。

7. その場限りの文化

模範として、この人からあの人まで立てて、「社会主義精神文明をつくろう」「思想教育」などのキャンペーンを行うが、キャンペーンが終わると、皆は元に戻ってしまう。すべての報告会や読書会、心得交流会は皆いい加減にされてしまい、社会道徳は依然として低下していく。

(三)人間関係の面

1、嫉妬文化

「絶対平均主義」、「出る杭は打たれる」という言い方を宣伝する。能力のある人とお金持ちの人を嫉妬する。他人を嫉妬することは中国語で「赤眼病」[79]という。

2、人を踏みつけにする文化

「人と人が戦ったり、こっそり他人を密告したりする」こと、でっちあげ、偽の資料を作ることをすれば、積極的に進歩を求めている印であると見られて、党内において早く昇進できる。

(四)知らず知らずのうちに人々の内面の心理と外面の行動を規範化する

1.人々を機械化する文化

共産党は人々に対し「革命機械のさびない一本の釘になろう」、「党の言うことを聞き、党のおとなしい道具になる」、「党が指せば、そこへ戦いに行こう」、「毛主席の兵士は一番党の言う事を聞く、どこかで人を必要とすればそこへいく、たとえどんな困難があるところでもそこに住もう」と要求する。

2.是非を倒錯させる文化

「社会主義の草だけがいい、資本主義の芽なら取り除こう。」とか、銃で人を殺したのは「二十年の安定と取り替えるためであった。」とか、「己所不欲、要施於人(己の欲せざるところを人に施せ)」などがよく聞かれる。

3.自我洗脳を行い、絶対服従させる文化

「下級は上級に、全党は中央政府に服従しよう」、「利己的な考え方と戦おう」、「魂の深くまで革命を起こそう」、「党中央政府の政策に従おう」、「思想、歩調、命令、指揮を統一させよう」。

4.服従をよしとする奴隷文化

共産党はよく、「共産党がなければ、中国社会は混乱に陥るに違いない」、「このような大きな中国では、共産党以外、誰がこの国を仕切られるだろうか」、「中国という国が崩れれば、これは世界にとって災難になるだろう。だから、その指導を保つため共産党を応援しよう」と共産党はこのように人々にその政権を守ることを説得している。長期的に、共産党に圧迫されてきた人々の言行は、恐怖と自己保護のため、共産党党員や共産党自身より左だと見える。

このようなことは数え切れないほど無数にある。中国の読者であれば、自身の体験の中でこのようなことを見つけ出せるだろう。

文化大革命を経験した人々は、きっと「白毛女」、「地道戦」[80]、「地雷戦」[81]などの演劇やドラマなどを覚えているに違いない。これも、共産党が人々に対して洗脳を行う一種の方法である。このようなドラマは共産党の「偉大さ」、そして党の戦士がいかに党に忠誠で党のために何もかもを犠牲にできるか、共産党はいかに困難に克服して戦ってきたか、敵たちはいかに愚かで残酷な人たちであるか、というのを人々の頭の中に注入した。共産党は彼らの必要とする価値観を、毎日の宣伝を通して、一人一人に注入した。今、「東方紅」というミュージカルを再び見ると、その主題は「人を殺す」以外に何もない

同時に、共産党は彼ら特有の言葉を作った。この中に、批判するために人を罵る言葉、共産党の指導者を賛美するための虫ずが走るような言葉、官僚が使う意味のない言葉があげられる。そのため、人々が話すと、すぐ「階級闘争」や「党への賛美」などの思惟方法に陥り、覇権的な言葉で理性的な道理を取り変える。また、宗教専門用語に対する乱用は、それらの語彙の本質を歪めた。

真理もさらに一歩進めれば誤りとなる。党文化はかなりの程度、伝統文化を乱用している。例えば、伝統文化の中の「信」は、共産党もよく論じるが、しかし、彼らは「共産党を信じなければならない」と言っている。また、「孝」に対して、共産党は親の面倒を見ない人を捕まえて刑務所に入れるが、これは親孝行をしないからではなくて、その人たちの親が政府の「負担」になったからだという。しかも、必要な時、親と子供は敵のようにならなければならない。また「忠」に関して、伝統文化は「君軽民貴、社稷為重(君を軽んじ民を貴び、社稷を重きと為す)」を強調するが、共産党は人々に党への「愚かな忠誠心」を要求する。彼らは「迷信といわれるほど信じ、服従するなら盲従せよ」と強く訴えている。

中国共産党の作った言葉はとても人を迷わせる力がある。例えば、共産党は共産党と国民党の間の内戦を『解放戦争』と呼び、人々を圧迫の中から解放させたという言い方をする。実は、1949年に建国したと言われるが、実に、中国共産党の前に、中国はもう存在していた。共産党はただ新しい政権を作ったにすぎない。また、彼らは三年大飢餓災害を「三年自然災害」[82]と呼んでいる。これは自然災害ではなくて、全くの人災であった。しかし、私たちは毎日のように「三年自然災害」を聞いているので、知らず知らずのうちに慣れて何も疑問を持たなくなった。

伝統文化の中で、音楽を人々の欲を抑える方法として見なしていた。『史記』[83]の中の『楽書』には、人々は生まれつき静かであり、しかし、外の世界と接触すると人々の感情が影響されて変わっていき、自分の心と智慧によって善し悪しの感情を生じさせる、もし抑えないと、外部にある限りない誘惑と心に潜んでいる悪いものによって悪事を働いてしまう、だから、人々の欲を抑えるために先王は礼楽を作ったと書かれている。音楽は「楽而不淫、哀而不傷(楽しみて淫せず、哀しみて傷めず)」であるべきだ。つまり、人々の感情を歌うが、人々の感情を同時に抑制しなければならない。孔子は「詩三百、一言以蔽之、曰思無邪(詩三百、一言以って之を蔽えば、曰く、邪を思う無し)」と話したことがある。

このような美しいものは共産党が人々を洗脳するために使われている。例えば、「社会主義はよい」、「共産党がなければ、新中国はない」などの歌を幼い子供たちに教えて、大学生になっても歌わせるのである。共産党は伝統的かつ美しい民族音楽を使い、共産党を賛美する歌詞を入れ、それは伝統文化を破壊すると同時に党のために利用することができる。

共産党はその経典である『延安文芸交流会における談話』の中で、文化と軍事を「文武は二つの戦線である」と述べ、銃を持つ軍隊だけでは足りない、文化の軍隊も必要であると話した。また、「文芸は政治に服従する」、「無産階級の文学芸術は……革命機器の歯車とねじである」と定めた。これらのことによって、一つの「無神論」、「階級闘争」を核心とする党文化が作られた。この文化は伝統文化と全く相反するものである。

党文化は共産党が政権を奪い取るため、大きな力として働いたに違いない。軍隊、警察といった暴力機器と同じように、党文化は「文化暴力」というもう一種の暴力を提供した。この文化暴力は五千年の伝統文化を破壊し、人々の心を歪め、しかも、民族の結束力を壊した。

現在の中国人は、伝統文化をほとんど知らない。しかも、この五十年の「党文化」イコール中国五千年の文化であると見なしている。これは中国人の哀れである。伝統文化を反対している人々は、自分たちが反対しているのは党文化であり、中国の真正の伝統文化ではないと言うことに気付いていない。

多くの人は欧米の民主主義を用い、中国の現行制度を変えようと希望している。実は、「主の前では皆平等である」を主張し、人間性と人の選択を重視する欧米の民主主義は、キリスト教に基づく文化の上につくられたのである。共産党のような専制、且つ非人間性の党文化が民主制度の土台になるなどということがあるだろうか。

結び

伝統文化は実に宋の時代から絶え間なく破壊を受けてきた。「五四」運動[84]以降、自分の成功を急ぐ知識人たちは伝統文化への否定を試み、欧米文明の中から中国が発展する道を見つけ出そうとしてきた。しかし、その時、文化領域で起きた衝突と変化は学術上のものに限られ、国家暴力はなかった。中国共産党の出現は、文化的な衝突を共産党の生と死に関わる問題というレベルに高めた。よって、共産党は文化に対してばらばらに壊すという直接の破壊方法と、「その糟を取り、その精華を取り除く」、また、伝統文化への乱用という間接的な破壊方法を用いた。

民族文化を破壊する過程は、「党文化」を建てる過程であった。共産党は人々の心の中にある良知を破滅させ、人々を伝統文化から離れさせようようとしていた。民族文化が徹底的に消滅される日は、私たちの民族が滅亡する日でもある。これは絶対に言い過ぎではない。

同時に、民族文化の破壊は私たちに予想もつかない物質的な災害をもたらした。

伝統文化は「天と地が一つになる」を強調している。だから、人間は自然と調和して生活すべきである。共産党は「天と地と戦うのが極めて楽しい」と煽動していたため、中国における自然破壊は党文化と直接関係する。たとえば、水。中国人は「君子は財を愛するが、それを取るには作法がある」という伝統を捨てて、自然に対して狂ったように略奪と汚染を行ってきた。中国五万平方キロメートルの河のうち、四分の三は魚類が生息できないほど汚染されている。地下水の汚染度は十数年前にすでに三分の一を超え、現在依然と悪化し続けている。淮河で次のようなことが起きた。ある日、子供一人が油の浮かんでいる河の中で遊んでいた。突然火花がその水面に落ち、直ちに高さ5メートルぐらいの火の柱が出てきた。その周りの木や草は全部燃えた。[85]このことから、そこで生活をしている人々が飲んでいる水はどれほど汚いか分かるだろう。その水を飲めば、癌をはじめとするいろいろな病気になるに違いない。中国の西北地域では砂漠化、高塩化が進んでおり、工業化が進んでいる地域における汚染は、人々の心の中で自然に対する敬畏が失われたことと関係している。

伝統文化は命を敬うことを重んじる。共産党は「造反有理」や「人と戦うのが極めて楽しい」と宣伝した。革命の口実で、人を殺し、数千万の人を餓死させた。また、命を無視したため、偽物、毒のあるものの流通が広められた。例えば、安徽阜陽では、生まれてきたばかりの赤ちゃんがある種の奇病になった。それは、赤ちゃんたちがみな、頭が大きくなり、手足が短くなり、体が極めて細くて弱いという症状が出た。八人の赤ちゃんがこの病気で亡くなったのである。調査を行った結果、ミルクパウダーを販売する企業の責任者は金もうけのために、ミルクパウダーのなかに、なんと毒を入れたという。また、金儲けのために、カニ、食用のカメ、蛇を養殖している人たちは、太らせるために刺激性のある薬を飲ませていた。あるいは、工業用のアルコールを混ぜて偽のお酒をつくるとか、工業用の油でお米を精米するとか、工業用の漂白剤で小麦粉などを漂白するということが起こった。さらに、河南省のある県の企業は、ゴミになった油、白土油といった癌細胞を生じさせる油で、「食用油」を生産していた。しかも、その企業は毎月千トン以上も生産していたという。これらの有毒食品はある地域、あるいは、ある時期だけに限られたものではなく、実に全国普遍の現象である。これは、文化が破壊され、人々が道徳上の抑制を失い、物質的なものばかりを追求していると言うことに関係がある。

また、党文化は独占的で排他的なものである。しかし、伝統文化にはとてつもない大きな包容性がある。中国文化が盛んな唐代、佛家思想やキリスト教や他の西洋宗教は皆道家思想、儒家思想と平和共存ができた。真正の伝統文化は西洋文化に対して必ず開放的で包容力がある。アジアの四つの龍と呼ばれている、経済が目覚ましく発展している国は「新儒家文化サークル」を形成した。彼らの経済発展は、伝統文化は非科学的なものではなく、その発展をも阻まないと言う事実を証明した。

そして、真正の伝統文化は外在の物質ではなく、人の心から現れた喜びで人々の生活の質を量るのである。“先に誉れを受けても、後から貶められないとは限らない。肉体的には楽をしていても心に憂いがないとは限らない”。[86]陶淵明[87]は貧しかったが、でも楽観的だった。貧しい生活を送った彼は「菊を東の籬の下に採り、悠然として南山を見る」と言うゆとりの気持ちを表した。

実は、どのように生産性を高めるか、あるいは、どのような社会制度を用いるかは、みな文化が答える問題ではない。文化は道徳の面で、人を導き、人の悪い言行を抑制するという役割を果たしている。真正の伝統文化への回帰は人々が天、地、自然を敬い畏れ、命を大切にして神を敬うという状態に戻すことである。このようになれば、人々は天と地と平和に共存でき、健康かつ幸せに生活できるに違いない。


 

『九評』シリーズのタイトル:

第一評:共産党とは一体何物か 映像
第二評:中国共産党はどのようにでき上がったか 映像
第三評:中国共産党の暴政 映像
第四評:共産党が宇宙に反する 映像
第五評:法輪功への迫害における江沢民と中国共産党の相互利用 映像
第六評:中国共産党による民族文化の破壊 映像
第七評:中国共産党による殺人の歴史 映像
第八評:中国共産党の邪教的本質 映像
第九評:中国共産党の無頼の本性 映像



 

[1]盤古:人類上の初の生命と言われ、中国古代神話上の天地開闢の神。

[2]女 :中国古代神話上の人類を造った女神。

[3]神農:(文字面から“天上の農民”と解釈する)中国古代神話上の、五千年前の伝奇的な人物。人間に耕作を教え、農業の創始者とされる。百種類以上の薬草(毒あるものも含む)、植物を口にして自ら薬効と毒性を確かめ、中国の伝統医学の創始者ともされる。

[4] 倉頡:中国昔の寓話と伝説の中の人物。黄帝の時の史官(歴史を掌る官吏)だそうで、中国文字の創始者とされる。コンピュ−タの倉頡漢字入力方法は彼によって命名された。

[5] 出典:《道徳経》。《道徳経》は老子が著作した道家の重要な経典の一つ。

[6]孔子の著作《大學》の前書き。

[7]出典:中国初めての主要な歴史学者司馬光(前145年〜前85年)が著作した《史記》。《史記》は遠古から歴史学者のいる時代までの中国および隣国の歴史を記載した。司馬光は歴史に対するはっきりとした叙述は、その後の二千年以来各王朝の標準的な歴史を記録する範式になった。

[8]出典:孔子の《論語》。

[9]同上。

[10]同上。

[11]出典:孔子の著作《大学》。原文:身修而後家斎、家斎而後国治、国治而後天下平。(身が修まった後にはじめて、身内の事情(家)に対しても公正(斉)に判断をすることができるようになる。身内の事情(家)に対して公正(斉)に判断することができるようになって初めて、国が治まるのである。国が治まった後にはじめて、天下を平和にすることができる。)

[12] 漢の時代の儒家の思想家董仲舒(前179年〜前104年)、著作《天人三策》の文章に “天不変、道亦不変”(天が変わらない、道も変わらない)と書かれた。

[13]《西遊記》は中国の四大古典名著の一つ(ほかに《三国志演義》《水滸伝》《紅楼夢》がある)で、作者は呉承恩(1504年〜1582年)。孫悟空という猿王に関する物語で、中国唐朝の有名な僧侶玄奘三蔵(602年〜664年)の経歴を元にした。玄奘三蔵は仏教経典を求め、仏教の発祥地(今日のインド)まで行脚していた。小説の中で玄奘の弟子として猿王、猪八戒と沙悟浄は、玄奘を保護しながら同行して来た。西方に着くまでに81個の危険と災難に遭った。

[14]《紅楼夢》は清の時代の曹雪芹(1715年〜1763年)が著作した長編悲恋小説。一つの貴族家庭の没落を背景に、社会歴史の全体を生き生きと表現した。印象深く目が眩むほど多くの人物も描き上げた。中心人物は賈宝玉と林黛玉。《紅楼夢》は広範的な表現、細かい構造、古典的な語法の文学の価値によって、中国古典小説の精粋として評価される。

[15]《水滸伝》は最も有名な中国古典小説の一つで、14世紀施耐庵が著作した。108人の英雄豪傑たちが梁山泊根城に集まり、弱きを助け、強きをくじいて大活躍する豪快な物語。

[16]《三国演義》は羅貫中が著作し、中国の有名な古典小説の一つで、三国時代(220年〜280年)の歴史を舞台に、三つの強大な政治の勢力——劉邦、曹操、孫権は王位をめぐって演出した物語。その時代のさまざまな偉い才略と策略なども描写した。

[17]《東周列国志》は明の時代の余紹魚が著作し、明の末に馮夢龍が改編した。その後蔡元放が再び改編した。春秋時代(前770年〜前476年)及び戦国時代(前475年〜前221年)に亘る500年以上の歴史を描写した。

[18]《説岳全伝》は、清の時代の銭彩が著作した。南宋期の名将、中国歴史上の愛国英雄岳飛(1103年〜1142年)の一生を描写した。岳飛将軍は、北方に侵入してきた金国と勇敢に戦い、非常に優れていた。宰相秦桧は主戦論を唱える諸将を除くため、岳飛を罪を着せ、牢屋に入れ処刑した。その後岳飛の罪が晴れ、記念のために岳飛の故郷でお寺を建てた。岳飛のお墓の前に、四つの鉄で作った人像が立てられ、それらの人像は両手が後ろで縛って、跪いており、岳飛の死に責任を負うべき人たちを代表する。岳飛は中国文化の国に忠誠を尽くす模範にもなっている。

[19]出典:明の時代編纂された《道蔵》 摘要

[20][8]と同じ。

[21]出典:毛沢東の中国共産党代表大会第8期での講話

[22]毛沢東の中国語の原文は、掛け言葉を使った。和尚打傘——無法(法:中国語では髪の毛と同じ発音で、“髪の毛”の掛け言葉)無天(“空”の掛け言葉)

[23]桀は夏王朝(前16年〜11年)の最後の皇帝で、紂は商王朝(前16年〜11年)最後の皇帝で、どちらも暴君。

[24]文天祥(1236年〜1283年)は、南宋朝期、軍隊を率いて、侵入してきたモンゴルの軍隊と戦う名将で、モンゴル軍に捕虜され、モンゴル人に降服しないため、1283年1月9日に殺された。

[25]出典:《孟子》

[26]出典:孟子の有名な言葉:「生亦我所欲也,義亦我所欲也;二者不可得兼,捨生而取義者也。(生がほしく、義もほしい;生と義を両立できない時は、生を捨て義を取る。)」

[27]出典:共産主義国際国歌。中国語の文面の意味としては:救世主など存在しない。人類の幸福を創り出すのは、神仙や皇帝に頼るのではなく、私たち自分自身に頼るべきだ。

[28]北魏太武帝拓跋壽(424年〜452年)。

[29]唐武宗李炎(840年〜846年)。

[30]北周武帝宇文 (561年〜579年)。

[31]後周朝世宗柴栄(954年〜959年)。

[32]1960年代中期、中国文化大革命の時に使っていたスローガン。

[33]白馬寺は中国最古の仏教寺院で、68年(東漢(25年〜220年)永平11年)に建てられた。

[34]貝葉経は、葉に書かれたお経のこと。貝葉はインド語でタ−ラという植物の葉で、厚くて、虫に強い。昔紙がまだ出来ていないころは、インドの祖先は、手紙や文章を葉に刻んで使っていた。

[35] 丁抒《幾多文物付之一炬》(どのくらいの文物も焼き払ってしまう)。

[36] 毛沢東の「文化界での独裁」。つまり古代の「封建主義への反対」、西洋の「資本主義への反対」、共産主義国家の「修正主義への反対」などを指している。

[37]紅衛兵は、文化大革命の時の最前線で活躍する執行者で、15、16歳の中学生が多い。

[38] 頤和園は、北京より15キロ離れ、中国最大で、最も良く保存された皇室公園で、800年以上の歴史を持っている。

[39] 天台寺は、中国の有名な道教の寺院で、“天国の下の最初に加護された場所”と言われる。天台寺は、終南山の北の山丘(周至県より15キロ離れた東南方)に位置し、西安より70キロも離れている。

[40] 里は中国の長さの計量単位で、1里は0.5キロに相当。

[41]唐高祖李淵(618年〜626年)は、唐王朝の始めての皇帝。

[42]人民公社は1958年〜1982年、中華人民共和国農村地区の三つの行政ランクの最も上のランクである。公社は、政府、行政、経済などの機能を果たし、最も集中的な単位で、さらに生産組、生産隊に分けられ、1982年以降は、村に取って代わった。

[43] 36と同じ。

[44]大乗仏教の大般涅槃経は、大乗仏教の最後の経である。佛は、世の中にいる最後の日に皆に伝授したもので、大乗仏教経の全ての精華を凝集した。

[45] 出典:大般涅槃経第1冊第7号。(ここでは一時的な訳で、更新する可能性がある。)

[46] 出典:百志《共産党鎮圧宗教的理論與実務(共産党が宗教を弾圧する理論と実務)》。 www.dajiyuan.com/gb/3/4/15/n300731.htm(中文)。

[47] 解脱(Mukti)は仏法の指導と伝承で、“緩める、解脱、救済、自由、開放、解放、束縛から解放して自由を獲得する、輪廻転生・業力・紛れ道・苦難から離脱する” などと訳する。解脱は涅槃が座禅より自由を獲得できること(輪廻転生から離脱すること)を意味する。

[48]反革命弾圧は、元の秘密結社のメンバー、宗教組織、1951年までにまだ残っていた国民党のメンバーを残忍にも処置した。

[49] 中国共産党が自称した“米国の侵略に対抗し、朝鮮を援助する戦争”は、1950年始まった。

[50]呉耀宗(1893年〜1975年)は、他の人と共同で、所謂“新中国を建設するにあたって中国基督教の努力の方法”を発行し、三自創新宣言とも呼ばれ、その後三自教会を形成した。

[51]人民大会堂は、1959年に建てられ、天安門広場の西側に位置し、中国国家人民代表大会が会議を開催する場所である。

[52] [46]と同じ。

[53] 袈裟袍は、和尚の袍または伝道師が着る黑色の袍。

[54]宋徽宗趙佶(1100年〜1126年)。

[55] 蘇東坡(1036年〜1101年)は、中国宋の時代の有名な詩人、作家で、“唐宋八大家”の一人である。

[56]文徴明(1470年〜1559年)は、中国明の時代の画家である。

[57]唐伯虎(1470年〜1523年)は、中国有名な学者、画家、明の時代の詩人である。

[58] [35]と同じ。

[59]唐の時代の有名な詩人孟浩然(689年〜740年)の詩より。

[60]王羲之(321年〜379年)は、唐の時代の有名な書法家である。

[61]蘭亭集序原版は、王羲之が書法家としての全盛時期(51歳の時、353年)に書かれ、中国書法史上の最も重要な作品と公認される。

[62]呉承恩(1506年〜1582年)は、中国明の時代の小説家、詩人で、中国の“四大古典小説”の一つ《西遊記》の作者である。

[63]呉敬梓(689年〜740年)は、清の時代の作家で、《儒林外史》の作者である。

[64]欧陽修(1007年〜1072年)は、“唐宋八大家”の一人で、“酔翁”と自称。

[65]永樂大典は、明王朝の永樂皇帝が1403年に学者に命じて作らせた。世界一番古い、偉い百科全書で、2000人の学者が携わり、8000冊の古代から明王朝の初期までの書籍を収納した。1408年に完成し、22000冊の手で書き写した巻があり、総体積は、40立方メートルにも達した。

[66] “梁効”は、文化大革命期に成立した紅衛兵や論文執筆グループで、周一良氏も加入していた。彼は加入した後、昔の友達から “極端の恥” と書いた匿名手紙が届いた。

[67] 秦始皇(前292年〜210年) 政は、中国史上はじめての皇帝で、法典、文字、重量単位、度量衡を統一し、長城を建てることを命じた。これは、中国の歴史と文化に深く影響した。また儒家と道家などの書籍を焼き払って、460人の儒学者を生き埋めた。“焚書坑儒”と呼ばれた。彼は自分のために、巨大なお墓を作った。その兵馬俑は世界の八大奇観の一つになっている。

[68]出典: 1949年〜1976年毛沢東語録第2冊。

[69] 出典:毛沢東《修正党的工作型態(党の工作形態を修正する)》(1942年)。

[70] 出典:毛沢東《永安文芸論壇的談話(永安文芸論壇における談話)》(1942年)。

[71] 武訓(1838年〜1896年)は山東省生まれ、幼い時、父親を失い家計がとても苦しかった。彼は乞食をして母親を養い、とても親孝行の乞食だと皆に知られている。母親が死んだ後、乞食は生活の唯一の方式になり、乞食をして集めたお金で無料の学校を開設した。

[72]出典:毛沢東選集(第5冊)《物事は変化している》(1957年)。

[73] 銭伯城、東方文化、第4版(2000年)。

[74]六四学生運動は、民主改革を提唱する大学、専門学校の在校生は、1989年4月15日〜6月4日に発起した。その後、人民解放軍に弾圧され、国際で“六四大屠殺”と呼ばれる。

[75]専門的に、法輪功を弾圧する部門で、党の各レベルの行政部門と他の政治管轄システムなどを凌駕する権利を有する。

[76]“出身論”( 血脈または家系)は出身の家庭の階級は一人の本質を決めると主張する。

[77] ミュージカル“紅燈記”より摘録した。“紅燈記”は、文化大革命期(1966年〜1976年)の人気のあった政府側の典型的な演劇である。

[78]中華人民共和国第一期全国人民大会第一会期(1954年9月15日)の開幕式における講演。

[79]中国には「紅眼病」という諺がある。お金持ちや権力者に対する嫉妬や羨望が広がっていることを指す。ここでは、他人が自分より良いと見ると、不公平に思い、嫉妬することを指す。

[80] 地道戦、1965年上映した白黒映画で、中国共産党が自称した「1940年代中国中部にいる共産党の遊撃隊員は、地下の通路を利用して、日本の侵略者と戦う」物語を演じた。

[81] 地雷戦、1962年上映した白黒映画で、中国共産党が自称した「1940年代中国中部にいる共産党の遊撃隊員は、河北省で地下道を掘り、日本の侵略者と戦う」物語を演じた。

[82]1959年〜1961年の大凶作は人類史上最大な大凶作で、非正常死亡者は3千万人から4千5百万人であると言われる。

[83] [7]と同じ。

[84]五四運動は中国現代史上の初の民衆運動で、1919年5月4日より始めた。

[85]陳貴利、淮河の警告(1995年)。

[86]出典:“唐宋八大家”の一人の韓愈の《送李源帰盤古序》。

[87]陶淵明(365年〜427年)、陶潜とも言う。中国東晋時代の詩人である。

関連キーワード
^