印刷版   

オーストラリア投資銀行総裁:中国よりも日本に投資を

【大紀元4月3日】(大紀元記者雪リ編集報道)大多数の投資者が中国の経済に深く関心を示しているが、有力銀行であるオーストラリア投資銀行は、アジアのもう一人の巨人――日本の存在を忘れてはならないとしている。

「日本は投資の選択肢から外されているが、長期にわたる低迷の時期を経験した日本は、すでに回復しつつあり、証券における投資判断を見直すべきだ」と日本UBS有価証券会社のサイモン・バンス総裁は言う。

経済成長期の80年代日本は、かつて世界中で最も成功した具体例として挙げられたが、90年代の日本は低迷期に入った。希望と失望という極端な落差は、今日なお記憶に深い。

投資の流れが中国にある時、なぜわざわざ日本を選ぶのかについて、バンス総裁は「経済成長率から見れば、この二つの国はかなり異なるが、日本には、ある種の積極的に発展する勢いが感じられる。十年以上の低迷期を経て、日本のすべての企業が打撃を受け、従来の経営方式を再構築することに迫られた。例えば、トヨタのような大手企業の実態を見ると、彼らの企業管理の運営は悪くないと思う」と語った。

[中国語版又は英語版]:http://www.epochtimes.com/gb/5/4/3/n876938.htm

 (05/04/05 23:31)  





■関連文章
  • 茨木市日本語実用教室(05/03/22)
  • 【独占掲載】草庵居士が講演、中国の株式市場の内幕を暴露(05/03/19)
  • 日本が北京への北朝鮮難民に関する情報提供を拒否(05/02/28)
  • 香港ディズニーランド 9月オープン――ホテル予約開始(05/02/18)
  • 何清漣が語る≪現代化の落とし穴≫(05/01/20)