印刷版   

中共崩壊の危機、台湾は両岸関係に慎重な姿勢

 【大紀元日本5月10日】台湾行政院院長の謝長廷は5月9日、台湾工商団体が主催の朝食会に出席した際、両岸関係の悪化は中国側の揺れ動いている態度に原因があると述べた。近い将来、中共政権が崩壊する可能性があるため、台湾の対応は慎重を要すると自らの見解を示した。

 中共は先日、一方的に反国家分裂法を採択したにもかかわらず、その後野党の主席を中国に招き、平和ムードをアピールしようとしている。しかし、中国のこの常套手段は台湾の国民に対して効果がないようだ。先日行われた世論調査によって、半数の人は野党主席の訪中に反対している。

 謝氏は朝食会の席で、政府がこれからも国民の意見を汲みいれ、野党主席らの訪中に影響されず、両岸関係を良い方向に導いていくと表明した。

(記者・蔡竺欣)

 (05/05/10 14:58)  





■関連文章
  • 過半数の台湾人、連戦らの訪中に反対(05/05/09)
  • 台湾:中共の崩壊に万全の体制(05/05/08)
  • 台湾聯立法委員は最高人民検察院に連戦氏を告発(05/05/06)
  • 反日デモが変容、中共は容認から規制の方向転換(05/05/03)
  • 中国政府に操られた反日デモ(05/05/01)
  • 学者の憂慮:中共はその手をすでに台湾政治に伸ばした(05/04/20)
  • 広東省台湾系企業強奪され、損失億万(05/04/17)
  • 台湾系企業の中国投資 8割が負け組(05/04/10)
  • 陳水扁、法王の追悼ミサに出席(05/04/09)
  • 日本大紀元初の日本語『九評』シンポジウム(05/04/03)
  • 国共会談が台湾で論争を引き起こし、中共は再び統一戦線を展開(05/04/03)
  • 米田建三教授(元内閣府副大臣):世界は抗議の声を上げるべきだ(05/04/02)
  • 反国家分裂法の真意を探る(05/03/20)
  • 反分裂法を抗議して5万人以上のデモ行進(05/03/16)
  • “反国家分裂法”で米中関係に影響(05/03/05)