印刷版   

三社に一社超、中国進出計画を見直し

 【大紀元日本5月17日】中国の反日デモの影響で、中国への進出計画を持つ企業の三社に一社超が計画を見直していることが帝国データバンクの景気動向調査でこのほど分かった。

 同社は4月20日から30日にかけて、全国2万1471社を調査対象とし、1万535社から有効回答を得た。それによると、反日デモや日本製品の不買運動、ストライキなど中国のカントリーリスクの高まりが今後の日本経済に及ぼす悪影響を「懸念している」と回答したのは、「分からない、不回答」を除いた6906社中5490社と約8割を占めた。

 業界別では、「懸念している」と回答したのは「運輸・倉庫」が65.8%と最も多く、「卸売」と「製造」がそれぞれ続き、物流や生産拠点、原料や一次製品の仕入れに関係する業界が、先行きの悪影響を懸念している。

 中国進出計画については、848社が計画していたが、34.6%を占める275社は計画見直しを決めたという。また、既に7社が計画の取りやめを決定した。反日デモの影響は予想以上大きかったと帝国データバンクは分析した。また投資計画を、政府によるインフラ整備が進むベトナムに転換しようと考えている企業もあるそうだ。

 (05/05/17 18:21)  





■関連文章
  • 共産党政権以後の日中関係を考える(05/05/14)
  • 失敗率が高い香港系企業の大陸投資(05/05/13)
  • 中国株式市場暴落 世界の石油メジャーは恐怖にかられ資本を撤退(05/05/12)
  • 中国民主を求める新たな五四運動/PCが武器に変身 次は北京を指す(05/05/12)
  • フォルクスワーゲングループ、中国で大幅な損失(05/05/08)
  • 林保華: 中国の金融危機は随時勃発の可能性(05/05/08)
  • 【透視中国】何清漣:西洋人のチャイナ・ドリーム(05/05/05)
  • 中国当局が民間反日団体を粛清、流血事件に箝口令(05/05/05)
  • ドイツ建材業最大手OBI社、中国から撤退(05/05/05)
  • 大手証券会社の南方証券は倒産、中国証券システムが破綻の危機に直面(05/05/05)
  • 中国:異見者多数逮捕(05/05/04)
  • 反日デモが変容、中共は容認から規制の方向転換(05/05/03)
  • 山根隆治参院議員:「中共はどのように幕を引くのか」(05/05/01)
  • 中国政府に操られた反日デモ(05/05/01)
  • 株式市場と不動産ともに暴落(05/05/01)